施工管理アプリで業務効率化!選び方やおすすめを紹介

これまで、住宅業界では主に紙面やパソコンを使った施工管理を行ってきました。
しかし、近年、IT化の一環として施工管理をスマートフォン・タブレットの『アプリ』で行うケースが目立つようになりました。
住宅業界に限らず、国も政策として業務のIT化を図ることを推奨しています。

しかし、「アプリって本当に便利なの?」「使いにくそう」と疑問を感じられる方もいるかもしれません。
今回は、施工管理アプリの概要や機能、選ぶ際のポイント、おすすめのアプリについてご紹介します。

施工管理アプリで業務効率化

施工管理アプリで業務効率化

施工管理アプリとは、施工管理に関わる業務を効率化するためのソフトです。
時間やコスト、労力の面で得られるメリットは大きいです。
アプリの種類によって使える機能は異なりますが、基本的な機能について解説します。

【建築】施工管理とは?種類や業務内容、必要なスキルを解説

【建築】施工管理とは?種類や業務内容、必要なスキルを解説

現場が助かる現場監督者とは?業務に求められるスキルやコツを解説

現場が助かる現場監督者とは?業務に求められるスキルやコツを解説

 情報確認・共有

予定の工期や現場の進捗、予算などの必要な情報を確認・共有できます。
インターネットに接続できるアプリなら、複数のメンバーと情報を共有し合えるため、変更点やトラブルの伝達・対応をスピーディに行えます。
また、パソコンやスマートフォン、タブレットで使えるため、時間や場所の制約を受けません。
複数の現場を抱えている施工管理者は、それぞれの現場を行き来するだけでも大きな時間のロスが生まれます。
しかし、施工管理アプリなら移動する必要はなく、時間・コストを削減できます。

施工管理者とは?業務内容や施工管理技士の種類・資格について解説

施工管理者とは?業務内容や施工管理技士の種類・資格について解説

 写真・資料の管理

現場で撮影した写真や見積書、工程表などの必要な写真・資料を管理できます。
通常では、デジカメで撮った写真データをパソコンに取り入れてから、共有する必要がありますが、スマートフォン・タブレットで撮影した写真をそのままアプリから共有することも可能です。

また、写真・資料を印刷しなくとも、現場で画面を見せるだけ共有が可能です。
印刷にかかっていたコストを削減でき、資料の破損・紛失リスクもありません。

 日報管理

現場の進捗などをまとめて報告する日報管理もできます。
現場を終えてから事務所に戻り、日報を作成することが通常ですが、その場で日報の作成を行うことができます。
写真の撮り間違いがあった場合にも、現場であればすぐに撮り直すことができます。

施工管理アプリ選びのポイント

施工管理アプリ選びのポイント

業務効率化に施工管理アプリは欠かせないツールだということをご理解いただけたでしょうか。
ですが、施工管理アプリは無料/有料含め、種類が多く、自社に合うアプリを探すことも一苦労です。
各社の提供している施工管理アプリから、自社に合うアプリを選ぶポイントについて解説します。

 導入目的の明確化

「なぜ施工管理アプリを導入するのか」を考え、目的を明確化します。
「管理者の業務効率化」、「全体のコストカット」など、導入する目的を決めましょう。
施工管理アプリの機能やサービスの範囲はアプリごとに異なるため、目的に沿ったアプリを選んだ方が費用対効果を得られるからです。

有料のアプリはベーシックな機能が備わっているものが多いですが、無料のアプリは機能が限られている場合が多く、原価管理を行えないこともあるため注意が必要です。

 クラウド管理

施工管理アプリは基本的にインターネットに接続して、情報のやり取りを行います。
しかし、中にはインターネットに接続できないアプリもあるため、注意が必要です。
クラウド管理機能のあるアプリでは、情報をパソコンやスマートフォンの端末内ではなく、オンライン上のサーバー(データ用の倉庫に当たるもの)に保存します。
リアルタイムで情報を共有できるクラウド管理の方が、業務がよりスムーズになり、業務効率化につながるでしょう。

工務店が業務効率化するには?

工務店が業務効率化するには?効率化のポイントと活用すべきツールを解説

 操作性

従業員の中には、ITツールの苦手な方がいるかもしれません。
いくら機能が優れていても、実用できなければ宝の持ち腐れです。
そういった方でも使える操作の簡単な施工管理アプリを選ぶことが望ましいでしょう。

また、アプリを提供する企業から操作のサポートを受けられると、導入する際の従業員の負担が軽減できます。充実したお客様サポートのあるアプリを選ぶことをおすすめします。

 ソフトとの併用

無料のアプリなど簡易な機能しか持たない施工管理アプリは、いくつもアプリをインストールしなければならず、アプリごとに別れた情報を一元化できない可能性もあります。
アプリの情報を再度、パソコンなどに入力する手間もかかるでしょう。

そこで、アプリだけでなくソフトと併用できるかも確認しておきましょう。
ソフトとアプリは、例えるなら親子関係にあり、アプリ(子)で取得した情報をソフト(親)でまとめることで、情報の一元化を実現します。

おすすめのアプリはAnyONE

anyone_WEBTOP

施工管理アプリのおすすめは、住宅業界・工務店に特化している『AnyONEforモバイル』です。
AnyONEforモバイルは、導入実績2,700社超、継続率94.6%、更新実績3,500件以上を誇る業務支援サービスのアプリ版です。
使える機能を一部ご紹介します。

 顧客・営業の情報確認

顧客の情報から営業のやり取りまで、スマートフォン・タブレットから確認できます。
移動中や外出先でわざわざパソコンを開く必要はありません。
「紙の資料の中から該当の書類を探す」「重い紙の資料を持ち歩く」手間も省けます。

また、急な顧客対応で担当者が不在の場合「どういった対応をすべきか分からない」という場面もあるかもしれません。
AnyONEは、営業とのやり取りをすぐに確認できるため、たとえ営業が不在でも、適切なアプローチをかけられるでしょう。

他にも、顧客の物件住所を地図で表示することができます。
急な訪問依頼や、土地勘のない場所での営業でも、スムーズに目的地へ向かえるでしょう。

 図面・見積書・契約書を確認

現場に関する図面や見積書、契約書などの情報をアプリから確認することができます。
営業や現場のトラブル時に、図面や見積書などの情報の確認に役立ちます。
スピーディな対応ができれば、トラブルの悪化を防ぐことができるでしょう。

また、取引先にログイン権限を与えて、図面を直接見てもらうことも可能です。
資料の説明を行う場合に、スマートにご案内できでしょう。

 日報の確認・予定の変更・追加

出先から日報の確認を行うことができ、スケジュールの変更・追加もスマートフォン・タブレットから簡単に行えます。
顧客との打ち合わせ日程をその場で決めることができます。

また、「事務所でスケジュールの確認を忘れた」「現場へ直行でパソコンを開く時間がない」といった場面にも役立ちます。
日報の内容を確認できれば、わざわざ事務所まで戻らなくとも、従業員間でコミュニケーションを取りやすくなるでしょう。

まとめ

施工管理アプリは、従業員の負担を減らし、業務を効率的に進めることができるツールです。
特にAnyONEは、アプリに必要な情報を用意しておくことで、顧客・従業員とのコミュニケーションをよりスムーズにし、業務全体の効率を改善してくれます。

施工管理アプリの導入を検討する場合、無料より有料のアプリの方が機能も充実していますが、「予算を割く余裕がない」こともあるかもしれません。
そこで、活用したいは補助金制度です。政府は、IT化を促進するための補助金制度も提供しています。
(※時期ごとに募集をかけており、対象事業者に限りがあるため、都度確認しましょう。)

【工務店】IT導入補助金の申請方法!

【工務店】IT導入補助金の申請方法!

補助金などをうまく活用しつつ、有料で機能・サポートの充実した業務支援ツールを選ぶことをおすすめします。
先ほど紹介した「AnyONE」は、IT補助金を活用すれば通常の25%の負担額で導入できるためおすすめです。
また、下記のコンテンツでは各社の業務支援ツールの機能を一覧でまとめています。どのツールが自社に最適か、比較検討してみてはいかがでしょうか。

比較資料

AnyONEってどんなことができるの?

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン