工事・施工管理に

現場のメリット

工程表や各種書類をカンタン作成

工程表や契約書、各種手続き書ほもちろん、工事会議用の資料も、AnyONEで簡単に作成することができます。書式を変更することで、さまざまな書類を作成でき、作成した工程表や書類はスマホからでも確認することができます。

工事の進捗状況の管理も
社内で共有できる

事務所のPCからでも、出先のスマホからでも、工事に関するデータを一元管理できるので、現場へ出向く機会を減らせ、業務効率化に繋がります。情報共有のためだけの会議自体をなくすことにもつながります。

進行中の案件も過去の履歴も、
物件ごとにファイリング

AnyONEでは、現場写真や工事・施工に関するファイルが物件(または項目)ごとに分けて整理できます。過去に行った案件の資料や、どの協力会社に依頼したかを探す際もスムーズにわかり、手間が省けます。

協力業者様との連携もスムーズに

協力会社様とも工程表などの共有が可能です。工事現場では、現場写真をスマホから共有してもらったり、チャット機能でやりとりすることで確認もスムーズにすることができ、協力会社側の省時間化や効率的になるだけではなく、工期のズレによる業者かぶりを未然に防ぐこともできます。

経営者のメリット

工事の進捗状況の管理も
社内で共有できる

進行中の案件、これから始まる案件など、全体の工程を確認したり、協力会社様のスケジュールが重なることがないか確認できます。

進行中の案件も過去の履歴も、
物件ごとにファイリング

AnyONEでは、現場写真や工事・施工に関するファイルが物件(または項目)ごとに分けて整理できます。着工予定や引き渡し予定など、見たい情報をスタッフに聞かなくても、すぐに見つけることができます。

収支のズレも事前に管理

受注進捗や工期のズレを管理することは、収支を把握する上で重要です。AnyONEで、工期のズレがないかをリアルタイムで確認できるので収支の予測が立ち、不測の事態を避けることができます。

見えないコストを削減

普段から施工進捗を共有化できることにより、不必要な会議を減らせたり、出先でもスマホで現場状況が確認できるので、時間的コストを圧縮することができ、従業員の負担を減らせることは、「働き方改革」にもつながります。

機能紹介

  • 管理したい項目の予定日と実績日が、カレンダー型のボタンで簡単に入力できます。
  • 協力業者様の情報を管理しているため、どの工事にどの業者様が携わったのかもすぐに確認できます。
  • 複数の工事を一覧にして表示できるので、現状どれだけの工事がどのように動いているのかを把握できます。
  • 基準となる工程に対して日程を指定することで、新しいスケジュールを反映したカレンダーが作成できます。
  • 日程変更が生じた際、該当の工程を選択してクリック。あとは、「一括移動」を選んで、移動させたい日数を入力するだけ。
  • 計画工程を管理している画面で実績も表示できるため、予実管理が一目瞭然です。
  • 工程表の日程は、工事台帳の「進捗管理機能」と連動しているので、施工進捗管理表もエクセル形式で作成可能。
  • 貴社の休日を設定しておけば、新規作成時や工程修正時に、休日分を踏まえて工期を延長するなど、スケジュールを自動で調整します。

他の機能を見る

資料請求・おわせ

システム導入は会社にとって大きな決断。
だからこそ、まずはご相談ください!

資料請求・お問い合わせ
随時受付中!

導入を
ご検討の方へ