顧客管理に

現場のメリット

お客様の情報・進捗を会社全体で
管理でき、属人化を防げる

「担当者だけしか、お客様のことがわからない。」といった属人化しがちな工務店業務ですが、AnyONEで情報を管理することで、会社全体でお客様情報を共有できます。また、お客様の対応履歴などを細かく記録することで、急な対応や引き継ぎもスムーズに行なえます。

お客様情報を
一箇所にファイリング

お客様に関する情報は、すべてAnyONEで管理することができます。例えば、来場記録やアンケート結果も、すべてお客様情報に紐付いて、残しておくことができます。ショートカットや検索機能があるので必要なファイルを探す手間も短縮されます。

外出先や現場からでも
顧客情報の確認ができる

AnyONEなら、スマホからでもさまざまな情報の共有が可能です。わざわざ事務所に戻ったりしなくても、外出先からスマホでお客様の情報を確認でき、業務の効率化につながります。

日々の情報共有が
働き方改革にもつながる

日々の日報もAnyONEで管理することができます。入力・確認はスマホからでも可能なので、日々の進捗の把握だけでなく、伝達漏れなどを防ぐことができます。また日々、進捗を共有することで、会議や資料作りの時間を短縮できるなど、長時間労働の改善にもお役立ていただけます。

経営者のメリット

お客様への営業状況・
業務進捗を常に把握できる

上長は、部下の入力した内容を見ることで、常に営業進捗を把握できます。また、社員全員がAnyONEという共通のルールで入力・編集することで、各個人で形式の違う報告をするということがなくなり、自然と業務の標準化ができます。

各個人が編集できる情報の
権限管理ができる

管理者は、各担当者ごとに編集できるデータの権限管理をすることができます。役職や状況に応じて、不要な機能は使えないようにしたり、閲覧権限を与えなかったり、社内の情報をコントロールすることができます。

会議時間の短縮。
働き方改革にもお役立ち

部下の入力した内容を、上長が確認することは、営業進捗の共有につながります。つまり、ヒアリングのための時間を短縮することができ、情報共有のためだけの、無駄な会議自体をなくすことにつなげることもできます。

中・長期の経営計画の基となる
データとして

お客様情報をしっかりと管理していることで、そのデータと照らし合わせれば、契約予定件数や収支の予測、経営指針を立てることもできます。また、お客様がどのような経緯で来場されたかの統計をとることで、「どのような広告戦略を打つべきなのか」、といったこともデータから推測することができます。

機能紹介

  • 顧客情報を一括して管理。社内全体で情報を共有することで、伝達ミスや機会ロスを防ぎます。
  • 営業日報・商談管理で、アプローチした情報を共有することで、社内全体でお客様に対応できる体制が整います。
  • DMや年賀状、ニュースレターといった販促物に応じて、お客様ごとに送付OKかNGかをチェック。
  • DMなどの販促物の送付に、宛名印刷ソフトは必要ありません。宛名印刷も素早く簡単に。発送作業を大幅に効率化!
  • イベントの参加状況を管理して効果分析に活用! 完成見学会や相談会などの情報もAnyONEで管理できます。
  • 入力項目はデフォルトの項目だけでなく、自由に変更できます。検索フォーマットも複数から選択可能です。
  • 特定の条件に該当するお客様をひとつの地図に表示。巡回ルートの選定、広告効果の計測などにご活用いただけます。
  • 追客できていないお客様も簡単にピックアップ! 途切れてしまいがちなリレーションを強化できます。

他の機能を見る

資料請求・おわせ

システム導入は会社にとって大きな決断。
だからこそ、まずはご相談ください!

資料請求・お問い合わせ
随時受付中!

導入を
ご検討の方へ

チャットでお問い合わせください。