【建築】施工管理とは?種類や業務内容、必要なスキルを解説

工事現場で作業を進めるために欠かせないのが「施工管理」という仕事です。
その領域は幅広く、分野によっては高い専門性を求められます。
今回は、施工管理の業務や種類、必要なスキルなどについて解説します。

施工管理とは?

施工管理とは、工事現場での作業が計画通りに進むよう全体の管理を行う仕事です。
具体的には、原価管理や安全管理、品質管理、工程管理、取引先との折衝、職人・作業員の手配といった多岐にわたる業務を担当します。
なおかつ、現場のリーダーとして責任を持ち、現場の職人・作業員の陣頭指揮を取ることも仕事です。これらは現場監督の仕事にも当てはまるため、施工管理者が現場監督を兼任する場合が多いです。
工事にはさまざまな人が関わり、工程も複雑なため、施工管理者の能力次第で現場のスケジュールや予算が計画通りに進むかどうか決まります。

現場監督とは?業務内容や施工管理者の違いについて解説

現場監督とは?業務内容や施工管理者の違いについて解説

施工管理の種類

より具体的に施工管理の仕事について解説します。
なお、施工管理者の業務範囲は専門的な内容が多いため、施工管理技士という国家資格が必要です。
担当する業務に応じて必要な資格の詳細については、施工管理者についての記事で解説しています。

施工管理者とは?業務内容や施工管理技士の種類・資格について解説

施工管理者とは?業務内容や施工管理技士の種類・資格について解説

 建築施工管理

建築現場で、職人・作業員などの全体指揮を取る仕事です。
モノよりヒトを管理する裁量が大きいため、必然的にコミュニケーション能力やリーダーシップを求められます。
国家資格は「建築施工管理技士」に当たります。

 土木施工管理

主に河川や道路、橋などの土木工事の現場管理を行う仕事です。
工程管理や品質管理を行う点では通常の建築現場と同じですが、土木工事ならではのリスク管理(河川の氾濫、交通事故など)を行う必要があります。
国家資格は、「土木施工管理技士」に当たります。

 設備施工管理

空調や給排水、ガス管、ダクト、浄化槽、衛生などの設備工事の現場管理を行います。
同様に設備工事の工程管理や品質管理などを仕事とします。
国家資格は、「管工事施工管理技士」に当たります。

 電気施工管理

照明や変電、発電、送電、信号、鉄道、非常用電源といった電気設備の工事現場を管理します。電気が正しく灯るように、配線などを行います。
国家資格は、「電気工事施工管理技士」に当たります。

施工管理の業務内容

次に、施工管理の具体的な業務内容やコツを紹介します。ぜひ参考にしてください。

 工程管理

計画通りに工事を進めるため、全体のスケジュールを把握し、必要に応じて調整を行う管理業務です。
工程管理を上手に行うと、工期に余裕を持てます。工程管理をうまく行うには、見やすい工程表を活用することがポイントです。
機械の故障や作業員の不足などのトラブルに対処し、予定通りに工期を終わらせられるようにしましょう。

【建設】工程管理とは?目的や手段、おすすめのソフトを紹介

【建設】工程管理とは?目的や手段、おすすめのソフトを紹介

見やすい工程表を作成するコツやポイントは?工期を守るにはわかりやすい工程表を作ろう

見やすい工程表を作成するコツやポイントは?工期を守るにはわかりやすい工程表を作ろう

 品質管理

現場の建物の強度、デザイン、寸法、材質、機能などの品質を管理する業務です。
項目ごとに決められている品質試験を行い、チェックしながら工程を進めます。
品質を証明するために、現場の写真などの施工記録を残します。

 原価管理

工事現場を黒字化するために原価(費用)を管理する業務です。
工事現場に必要な人件費、材料費などの原価計算を行い、工事の進捗とともに予算オーバーしないよう管理します。
「勝手に現場で材料を発注していた」「人材不足で職人を追加していた」といったトラブルが起きやすいため、きちんと現場の状況を把握する必要があります。

 安全管理

工事現場で起こりうる事故を未然に防ぐための管理業務です。
現場の職人・作業員が安全に作業できるよう、手すりや消火設備などの設置・点検、ヒヤリ・ハット運動、注意喚起などを行います。
工事現場では死亡事故も起こりうるため、慎重に管理しなければなりません。

施工管理業務を遂行する上での必要なスキル

これまでご紹介した通り、施工管理の業務は多岐にわたります。
現場監督なら現場の進捗チェック・報告、行政への届出業務など、施工管理なら、工程計画書の作成、業者への振り分け・指導、予算管理、適正な資材選別などです。
ここからは、これらの業務を遂行するために必要なスキルについて、具体的に解説します。

 コミュニケーション能力(説明能力)

工事の計画から完工まで、建築士、設計士、現場職人など、さまざまな人たちと打合せを行うこととなります。
年齢や経験、専門の異なる人たちと仕事を進めるため、コミュニケーション能力(説明能力)は欠かせません。
それぞれの立場に応じて、「専門用語を使わない」「ビジュアル資料で伝える」といった工夫も必要です。

 リーダーシップ

施工管理や現場監督は、現場のリーダーとして計画通りに工事を完了させなければなりません。
現場の職人・作業員の統制を行い、安全管理に努める必要があります。そのために必要なのがリーダーシップです。
視野を広く持ち、現場の職人・作業員に的確に指示を出して業務を管理するだけでなく、モチベーションを向上させなければなりません。また、時には人間関係に配慮することも必要です。
相手が自分より年齢や経験が上であっても、リーダーとして現場を引っ張っていきましょう。

 マルチタスク能力

管理業務は、工程管理、品質管理、原価管理、安全管理と多岐にわたります。
それぞれの管理に携わっている人も多くいます。
彼らとの調整事を同時に進められるマルチタスク能力も欠かせません。
「一つの業務に集中していて、別の業務を忘れていた」ということが無いように、スケジュールを把握することはもちろん、手持ちの業務に優先順位をつけて管理するようにしましょう。
また、工程管理や原価管理などの業務を一貫して行える業務効率化システムを利用することもおすすめです。

【建設】工程管理とは?目的や手段、おすすめのソフトを紹介

【建設】工程管理とは?目的や手段、おすすめのソフトを紹介

業務支援システムの種類を解説!工務店におすすめの種類と注意点

業務支援システムの種類を解説!工務店におすすめの種類と注意点

 計画力

工事現場を「工期までに」「黒字を出して」「図面通りに」完了させるためには、計画が必要です。
適切な計画を立てる「計画力」も求められる能力です。試算しながら、無理のない計画を立てるようにしましょう。
特に、工程表をうまく活用することが重要です。「作ったは良いが、更新していない」という状況では、工程表が本来の役割を為しません。工程表を定期的に更新して、業務状況を把握するようにしましょう。
トラブルの発生をあらかじめ予測し、ゆとりある計画を立てることも大切です。

まとめ

施工管理業務は、特にマルチタスク能力を必要とします。
多忙な中でさまざまな業務を行うと、ミスも起こりかねません。
できる限り正確に業務を遂行するため、効率化を図ることが重要です。

施工管理の業務内容は、「手作業の必要な部分」と「不要な部分」に分けることができます。
具体的には、クライアントや職人との調整事や品質管理、安全管理などは必ず人が行わなければなりません。
しかし、工程表の作成、資材の納期管理、見積書の作成・提案などは、業務効率化ソフトを利用することで簡単に行えます。さらに、人的ミスを軽減して業務を進めることができます。

下記のコンテンツでは、おすすめの業務効率化ソフトであるAnyONEを中心に、各社の機能を比較したページを用意しています。施工管理の業務を効率化できるITツールを見つけてみてはいかがでしょうか。

比較資料

AnyONEってどんなことができるの?

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン