【建築業】実行予算とは?作り方やポイント、注意点を解説!

【建築業】実行予算とは?作り方やポイント、注意点を解説!

実行予算とは、現場で発生する費用に限りなく近い金額が設定された予算のこと。
実行予算を適切に作成できないと、十分な利益を上げられないため、建築業においては重要です。
この記事では実行予算の概要について解説します。また、具体的な作り方や実際に作成する際のポイントなども取り上げています。
実行予算の作成方法について学びたい方は参考にしてください。

実行予算とは

実行予算とは、実際に工事現場で発生する費用に限りなく近い予算です。建築業の場合、工事別の予算のことを実行予算といいます。

実行予算は、工事現場における家計簿のようなものだと考えてください。給料をもらうと、その給料をどのように使うか用途を分類するように、工事現場でも原価目標が設定されたらそれを達成できるように用途を分類します。
この分類が不十分だと赤字となってしまう恐れがあるため、利益を得るためには欠かせないものといえます。

実行予算の役割

実行予算の役割は大きく分けて「原価計画の立案」と「予算実績管理」の2つです。実行予算を作成すれば、具体的な原価目標も設定でき、コストや収益率もある程度予測することができます。

また、工事が始まってからも、実際に発生した原価と実行予算を比較することでリアルタイムのコスト管理が行えるため、「工事が終わってみたら実行予算との乖離が激しくて赤字になった」といったことも起こりにくいはずです。

施主からの急な変更依頼や天候の影響による工期の延期など、建築業の収支は外部からの影響を受けやすいです。しかし高精度な実行予算を作成することで、収支を適切に管理することが可能です。

実行予算の作り方

実行予算を作成する場合、その内訳を把握し、具体的な目標を設定することが重要です。ここでは、実行予算の作り方を解説します。

実行予算の内訳

建築業における実行予算は、一般的に「現場経費」と「純工事原価」で構成されています。

現場経費は、社員に支払う給料や火災保険・損害保険といった保険料、事務所で使用する事務用品費、電話やインターネットなどの通信費、交通費などの雑費です。

純工事原価はさらに「共通仮設費」と「直接工事費」に分けられます。
共通仮設費は、仮設事務所や仮設道路、仮設水道、電力、借地、安全確保、清掃など工事に伴い発生する費用です。直接工事費は、建築工事費や設備工事費といった工事に直接かかる費用です。

これらの項目を設定したうえで、工事でどのくらいの費用がかかるか検討し、実行予算を決めていきます。

ただし、実行予算は法律などによって明確なルールが定められているものではなく、会社によってルールが異なるため、実際に実行予算を作成する際は自社のルールを把握することが大切です。

実行予算の目標設定

会社が掲げる利益目標額を達成するためには、実行予算の目標を設定することが重要です。
工事現場によって契約内容や条件が異なるため、一律で同じ目標を設定してはなりません。現場の条件や見積り原価額を考慮する必要があります。また、標準単価の整備や実行予算検討会の実施など会社全体での取り組みも欠かせません。

実行予算の達成かギリギリのラインとなると、不測の事態が発生したときに予算外の出費が発生し、赤字になる可能性があります。特に建築業は「工事の途中で内容が変更になる」、「天候の影響で工事が止まる」ことが起こりうるため、リスクを考慮することも大切です。

実行予算作成時のポイント・注意点

実行予算を作成する場合、いくつかのポイントを押さえておくことが大切です。ここでは、作成時のポイントと注意点について解説します。

設計数量と所要数量

実行予算を作成するに当たっては、「設計数量」と「所要数量」の違いを理解したうえで数量を設定することが重要です。

設計数量は、設計図の情報をもとに算出された工事で必要な資材などの数です。主に設計図に記載されている資材の個数や設計寸法などを参考にして算出します。
所要数量は、実際に現場で調達・使用する資材などの数です。工事では、調達した資材を加工することで端材が発生するほか、損傷で使えなくなる可能性もあるため、設計数量と所要数量に違いが出ることがあります。

そのため、実行予算を組む際は現場でどのくらい資材のロスや誤差が発生しそうか考慮し、具体的な数量を設定することがポイントです。これらの数量をどんぶり勘定で設定してしまうと、赤字になりかねません。

材料ロス率の設定

企業によっては、実行予算を作成する際に材料ロス率を設定している場合もあります。材料ロス率は、材料を必要な量よりも少し多めに見積もるときの割合です。

ロス率が少なければ少ないほどコストダウンにつながります。一方で、施工条件によってロス率は異なるため、ロス率の実績をデータとして蓄積し、実行予算を検討する際に活用できるようにすることも大切です。

予算実績の管理

設定した実行予算に対する達成度合いを確認するためにも、予算実績を管理することも大切です。予算実績の管理とは、設定した実行予算に対して実績がどのように推移しているか確認・管理することです。

予算実績を的確に把握していれば、問題を迅速に発見できます。
また、実行予算と実績の乖離が著しい場合は、そもそもの実行予算の設定が間違っている可能性があるため、次回以降の改善につなげられます。

予算実績の管理を効果的に活用するためには、実行予算と実績の差異をできるだけリアルタイムで把握することが大切です。
例えば、その月の実行予算と実績の乖離を小さくするためには、現場における予算実績の管理状況を把握できていなければなりません。逆に実行予算と実績の比較や分析に時間がかかり、数ヶ月経ってから振り返るようでは意味がないといえます。
2週間に1回や1週間に1回、最低でも月に1回など一定のタイミングで予算実績の管理をおこない、現状を把握したうえで必要な対策を立てていくことが大切です。

まとめ

今回は、実行予算について概要や役割、具体的な作り方、作成時のポイントなどについて解説しました。実行予算は、工事現場で発生する費用に限りなく近い金額が設定された予算です。主な役割は、「原価計画の立案」と「予算実績管理」であり、作成に当たっては、実行予算の内訳を把握し、目標設定をおこなうことが大切です。また、実行予算を効果的に活用するためにも、予算実績を管理することも忘れないでください。

実行予算を作成する際は、AnyONEのような業務管理システムの導入もおすすめです。以下のコンテンツでは各社から展開されている業務管理システムの機能比較をおこなっています。業務管理システムに興味がある、業務効率化に取り組みたい、機能の違いを把握して自社にあったシステムを導入したい、といった方はこちらも参考にしてください。
【2021年最新版】工務店向けITツール比較

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン