【建築業】見積書の正しい書き方と、賢い作成方法を紹介!

工務店が工事の契約を結ぶ際に必要となるのが見積書です。この記事では、建築業における見積書がどのような意味を持っているのか、見積書の持つ役割から具体的な書き方まで詳しく解説します。また、見積書を効率よく作成するためのツールについても触れているため、業務効率化を図りたい方もご一読ください。

建築業の見積書の役割

建築業の見積書の役割

建築業における見積書は、ただ金額を提示するだけでなくさまざまな役割を持っています。

 条件を明確にできる

見積書を作成することで、当該工事の条件を明確にすることができます。例えば、具体的な見積書を依頼主に提示すれば「あなたが希望する工事はこの条件なら引き受けられますよ」という方向性を示すことができます。依頼主は、提示された見積書をもとに「この条件なら発注できる」「この金額は予算オーバーになるため発注できない」などの判断を行うことができるでしょう。建築業界では、値段が一定ではないため、施工の方法や使用する素材などの条件を明確にすることが重要です。見積書で明示をしておくことで、相互の認識違いを防ぐことができるでしょう。

 信頼を得られる

見積書を提出することで依頼主からの信頼を得ることができます。これは、見積書に金額の内訳を記載することで、何に何円かかり、見積書には何が含まれているのかをはっきりと示すことができるためです。また、内訳だけではなく、相場も含めて提示することで、顧客側の納得感は増し、さらなる信頼に繋がります。

見積書の書き方

見積書の書き方

建築業の見積書は、『表紙』『内訳書』『条件書』の3つ部分からなります。何を記載するのか、それぞれのポイントをしっかりと押さえておきましょう。

 表紙

見積書の表紙には、合計金額などの工事に関する概要が記載されています。具体的に含まれるのは以下の項目です。

・タイトル:「御見積書」と記載するのが一般的
・宛名:依頼主(施主様など)の名前を記載する。株式会社などは省略しない。
・日付:見積書の作成日を記載する
・担当者名:工事事業者の担当者名を記載する。分かる場合は部署名も記載する
・金額:見積書の合計金額を記載する改ざん防止のために「-」を記載するほか、内税や外税の違いも記載する
・工事概要:工事の件名、工事が行われる場所、工事の期間、代金の支払い方法、工事の種別を記載する
・工事業者名:工事の責任を持つ企業の名前を記載する。問い合わせ先も合わせて記載

 内訳書

内訳書は、「見積明細」と呼ばれる部分のことです。ここには見積り表紙に記載した合計金額の内訳が記載されます。内訳書に含まれるのは以下の項目です。

・項目:工事する場所などの工事内容や諸経費を記載する。
・仕様・摘要:項目の内容を詳しく記載する。
・数量:項目ごとの数量を記載する。
・単位:個、式、期間など。
・単価: 項目の1個(もしくは式、期間)の価格。
・金額:項目ごとの合計金額。
・備考:そのほか補足事項を記載する。

例えば、「仮設工事1式10万円」というイメージです。この場合「仮設工事」が工事の名称、「1式」が単位、「10万円」が金額となります。これらをまとめて1つに記載しています。使用するものによって価格が変わるため、ここを細かく記載することで依頼主からの信頼にも繋がります。

 条件書

条件書には、見積りにおける工事範囲について記載します。条件書に含まれるのは、以下の項目です。

・工事場所:(記入例)東京都○○区○○1-1-1
・工事概要:(記入例)キッチンリフォーム
・予定工期:(記入例)約1ヶ月
・設計図書:(記入例)別途添付
・工法:(記入例)○○○○○法
・支給品の有無:○○○○○
・その他の施工条件・範囲:(記入例)工事の際に発生する電気代および水道代は依頼主様負担

条件書で工事範囲を明確にすることで、工務店側と依頼主側との認識の違いを防ぐことができます。後々のトラブルを回避するためにも、抜け漏れなく記載するようにしてください。

見積書作成のポイント

見積書作成のポイント

わかりやすい見積書を作成するためのポイントは、内訳を階層分けすることと、ソフトで作成することです。
それぞれどのようにわかりやすくなるのか知っておきましょう。

 内訳を階層分けする

階層分けとは、内訳書の項目をカテゴリごとに分類して記載することです。建築業における内訳項目は非常に多岐に渡ります。特に大規模な施行の場合は、内訳項目を全て列挙すると非常に見づらいものとなってしまいます。そのような場合は、階差分けを行うことで、どの部分に何を使用し、いくらかかるのかが整理され分かりやすくなるでしょう。ただ項目を埋めるだけではなく、内訳書を見る側の立場になって「見やすい内訳書」を作成することを心がけましょう。

 ソフトで作成する

見積書の作成に自信がない、または時間がかかるという場合にはソフトを使用することもおすすめです。見積書をエクセルで作成しているが、データ量が増えて立ち上げが重かったり、別エクセルと組み合わせた集計に時間がかかったりと、エクセルでの管理に限界を感じてソフトの導入に至る工務店も増えています。
特に建築業界向けのソフトの場合、階層を分けた見積りが容易に作成できたり、見積りから発注まで一元で管理することも可能できるため、さらなる業務の効率化を図ることが可能です。

工務店向け業務基幹システムシェアNO.1のAnyONEは、見積り作成はもちろん、顧客管理、工程表作成、図面写真の管理まで工務店向けの業務効率化ソフトとして、幅広い業務に対応しています。

AnyONEの見積り作成機能は、エクセルを使用するような直感的な操作で使用できるのが特徴です。エクセルで作成した見積書をコピーすることもできるため、これまでエクセルを使用していた工務店でもスムーズな導入が可能です。
また、AnyONEはインターネット環境があれば、いつでもどこでもシステムにアクセスすることができるため、例えば依頼主との商談中や現場からの移動中でも見積書の確認や変更などが行えます。専用のスマートフォンアプリとの連携も業務効率化に繋がるポイントです。

まとめ

今回は、建築業における見積書の役割と記載する具体的な項目、そして作成時のポイントについて解説しました。見積書はただ金額を提示するだけでなく、依頼主が発注するかどうかを決める判断材料の一つです。双方にとって重要な役割を果たす見積書だからこそ、抜け漏れなく作成することが重要なため、業務効率化を図れる専用ソフトの導入をおすすめします。

業務効率化のためにソフトを導入したいけど、どれがいいのか、何が違うのか知りたい方はぜひ以下の「他社システムとの機能比較」をご覧ください。
4社の業務効率化ソフトの機能を比較しているため、自社に最適なソフトを見つけることができるでしょう。

比較資料

AnyONEってどんなことができるの?

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン