建設業の工程管理システムとは?導入の効果を解説

建設業の工程管理システムとは?導入の効果を解説

建設業の工程管理は、工期を守るだけでなく建物の品質を高め、顧客から信頼を得るためにも重要な業務です。質の高い工程管理をおこなう方法として、工程管理システムの導入をおすすめします。
今回は、工程管理の重要性と工程管理システムの機能と選び方を解説します。

【建設業】工程管理の重要性

建設業における工程管理の重要性は、以下の3つに集約されます。

工期の遵守

工程管理の最も重要な目的は、工期を遵守し建物を完成させることです。工程管理は工程表を基に、日々の効率的な人員配置や材料・機材手配を考えます。人や物を効率的に動かすことで、時間のロスを可能な限り減らし、工期通りに建物を完成させます。

予定外への対応

予定外の対応も工程管理の目的です。施工管理者は、以下のような予定外の出来事が発生した場合でも、工期の遅れが認められることは少ないでしょう。

●台風や大雪で工事ができない
●運送のトラブルがあり、材料が届かない
●予定していた職人が来ていない

上記のような大小さまざまなトラブルが発生するため「後工程の日程変更」「材料・職人の再手配」など、都度対応を求められます。予定外のことが起きても、工期を遵守することが工程管理の目的です。

品質の向上

適切な工程管理をおこなうと、建物の品質向上にもつながります。工程表通りに工事が進んでいれば、以下のように、無理やり工事を進める必要はありません。

●職人が残業して工事を進める
●突貫で職人の数を増やす
●予定よりも短い日数で作業をおこなう

上記のような、イレギュラーな手段を取ってしまうと、手順通りに作業をおこなえない可能性があります。手順外の作業によって仕上げが雑になってしまうなど、建物の品質を落としてしまう可能性が高いです。

適切な施工管理で工期に余裕を確保すると、手順通りに作業をおこなうことで建物の品質を確保することにつながります。

建設業の工程管理システムとは

適切な工程管理をおこなうために、おすすめする工程管理システム。ここでは、エクセルとの違いという観点から、工程管理システムについて解説します。

エクセルとの違い

工程管理、特に工程表作成をエクセルでおこなっている会社は、多いでしょう。工程管理システムとエクセルの違いは、以下の4つです。

・情報共有
1つ目の違いは、情報共有のおこないやすさです。エクセルは社内のパソコンからしか開けないため、社内の工事関係者だけでなく、協力業者との情報共有に手間がかかります。
一方、工程管理システムはクラウドの活用で、ネット環境が整っていれば場所・時間を選ばずに情報の共有が可能です。

・業務の属人化
2つ目の違いは、業務の属人化のしやすさです。業務の属人化とは「特定の担当者しか、ある業務は任せられない」状況です。エクセルを利用している多くの会社は、関数やマクロを活用し業務の生産性を高めているでしょう。

しかし、関数やマクロは扱うためには知識が必要となり「特定の担当者しかデータ作成やメンテナンスをおこなえない」状況に陥りがちです。工程管理システムは、業務の生産性を高める機能は既にシステムに組み込まれています。自社でメンテナンスの必要がなく、機能追加・修正は自動でおこなわれるため、業務が属人化しづらいです。

・人的ミス
3つ目の違いは、人的ミスを防ぎやすいことです。例えばエクセルで工程表を修正する場合、下記のようなことで悩んだことのある方は多いでしょう。

●関数がずれてしまった
●休日の色分けがずれてしまった

間違いに気が付かないまま、工程表を共有してしまい慌てて作り直した経験を持つ方もいるでしょう。
工程管理システムであれば、便利な機能はシステムに組み込まれているため、エクセル特有の人的ミスを防止できます。

・データの管理
4つ目の違いは、データ管理の手間の有無です。エクセルは1つの工事に紐づけて、データ管理をおこなえません。フォルダを作成し関連するデータを入れる方法もありますが、誰かが誤って移動・削除してしまうリスクがあります。

工程管理システムであれば、1つの工事に紐づけてデータを管理できるため、データを移動させてしまう心配もありません。また、バックアップはサービス提供会社がおこなっているため、トラブルがあってもすぐに、復元可能です。

建設業の工程管理システム機能

建設業に特化した工程管理システムに備わっている主な機能は、以下の4つです。

・工程表作成
マウス1つで簡単に工程表を作成可能です。自社の休日をあらかじめ設定すると、工程表作成時・修正時に、自動で休日を考慮して日程延長などの調整ができます。

・工程表と進捗状況の連動
工程表と工事の進捗状況を簡単に連動できます。システムに工事の実績を入力すれば、予定に対しての工事の進捗度が一目で把握可能です。

・案件ごとの整理
工事写真や工程表や図面など工事に関わるデータは、案件ごとに整理できます。工事の進捗状況や着工日・竣工日などの基本的な情報は、システムを確認するだけで完了するため、コミュニケーションコストを省くことが可能です。

・協力業者とのチャットによる情報共有
工程管理システムのチャット機能を協力業者との連絡手段にすると、情報共有・進捗管理が簡単となります。チャット機能の使用で、メールやFAXを使い分ける必要はありません。また、作業報告時に施工箇所の写真を送付してもらえば、社内にいながら進捗管理をおこなえます。

建設業の工程管理システムを選ぶポイント

工程管理システムを選ぶポイントは、以下の4つです。

導入目的の明確化

工程管理システムを導入する目標を明確にしましょう。工程管理システムといっても、以下のように機能はさまざまです。

●工程表作成に特化している
●工事全体を管理できる
●工務店業務全般に対応できる

効率化したい業務や課題を感じている業務によって、最適なシステムは異なります。システムを探す前に、工程管理システムに求めることを整理しましょう。

費用の確認

導入前の費用の確認は重要です。工程管理システムの料金プランは、主に「買い切り型」「月額課金型」の2つに分かれます。

「買い切り型」は、商品購入時に費用の全額を支払い、後に費用がかからない料金プランです。初期費用が高くなりますが、資金繰りは楽となります。注意点としては、システムのバージョンアップなどがあった場合は、再度購入しなければならない可能性が高いことです。バージョンアップの理由が法改正の対応のためなど、重要な修正がある場合はシステムの買い直しは必須でしょう。

「月額課金型」の料金体系は主に、初期導入費用・月額費用・オプション費用となっています。継続的に料金が発生しますが、一回あたりの支払額を抑えられることがメリットです。定期的なバージョンアップの費用は、月額費用に含まれていることが多く、想定外の出費はほとんどありません。

操作性の確認

導入したシステムを定着させるために、簡単に操作できるシステムを選びましょう。具体的には、エクセルに近い操作性があれば、定着のハードルは下がるでしょう。

実際の使用者のことを考えず、機能や費用面だけで選んでしまうと、使用者から「難しくて使えない」「エクセルの方が使いやすい」といったクレームが発生する可能性があります。使用者からクレームの発生するシステムは、業務に定着させることは難しいです。

ITを苦手としている方でも、簡単に使用できる操作性の良い工程管理システムを選びましょう。

サポート体制の確認

工程管理システムのようなITシステムは、導入時や運用開始時は、以下のようなトラブルの発生が多いです。

●ログインできない
●操作方法が分からない
●データの引き継ぎができていない

上記のようなトラブルが起きた場合、どのようなサポートを受けられるのか確認してください。電話やメールでのサポートが一般的です。スムーズにサポートを受けられないと業務に支障が出るため、すぐにサポートを受けられるのかも、確認しましょう。

おすすめ工程管理システムはAnyONE!

AnyONE公式サイト
おすすめの工程管理システムは、「AnyONE」です。工務店向けITシステムとしてNo.1に選ばれており、導入企業数は2,700社を超えています。

工程管理以外にも、さまざまな業務を効率化できます。

【AnyONEの機能】
顧客管理
帳票管理
工事管理
物件管理
実行予算管理
支払い管理
請求・入金管理
図面・写真管理
アフター・メンテナンス管理

工程表の作成・修正はマウス操作で簡単におこなえます。工程の移動や日付変更などもドラックだけでおこなえ、エクセルのような手間はかかりません。また一画面で予定と工事の進捗を管理可能です。

システムのバージョンアップとサポートは、月額料金で利用可能なため追加で費用は発生しません。また、他社システムを使用していた場合、データ移行にも対応しているため乗り換えも簡単におこなえます。

まとめ

工期を守るだけでなく、建物の品質を確保するためにも工程管理は重要です。工程管理を適切におこなうことで、トラブルを防止や顧客からの信頼獲得につながります。今すぐに工程管理の方法を改善したい方は、工程管理システムの導入を検討してください。

自社に最適な工程管理システムを選ぶためには、機能の比較検討が欠かせません。下記は各システムの機能比較をまとめています。今回の内容を参考として、自社に最適な工程管理システムを選んでください。
【2021年最新版】工務店向けITツール比較

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン