【建設】工程管理とは?目的や手段、おすすめソフトを紹介

【工務店・建築業向け】工程管理とは?目的や手段、おすすめのソフトを紹介

設計・施工業において重要なことは、費用を抑えながら効率よく作業することです。そのためには工程管理を行い、作業をスムーズに進められるような段取りをしなければなりません。
そもそも工程管理とは何なのか。本記事では、工程管理について目的や手段、おすすめのソフトまですべて解説します。

建設業における工程管理とは

建設業における工程管理とは

そもそも工程管理とはどのような意味なのでしょうか。
「工程管理」とは設計・施工において、納期に間に合うように機械・資材・労働力などの施工にかかわる各要素を効率的に運用するための一連の管理活動のことをいいます。効率的に生産するために作業の手順や日程を決定し、進捗状況を管理することで施工過程を常に最適な状態に維持するために、工程管理によって統制します。

 工程管理の目的

・納期や品質を守るため
設計・施工するうえで欠かせないのが、納期までにより良い住宅を作り上げ施主様にお届けすることです。工程管理をすることによって、事前に作業の日程や準備をするため、労働者や機械を効率的に作業させることができます。それによって時間の無駄をなくし、納期を確実に守るだけでなく、工程期間を短縮することもできます。また、工程管理によって設計・施工プロセスを常に管理できるため、品質を維持するだけでなく顧客満足度の向上にもつなげることができます。

・生産性を向上させるため
工程管理をすることによって、資材の所在や数量などの正確な情報を常に把握することができます。これにより、各施工プロセスにおける原料の無駄を削減することができます。また、各作業に必要な労働力についても正確に管理できるため、適切な人員を配置することができます。作業員の残業が減ることによって労働者のモチベーション維持にも繋がり、職場環境を改善することができるでしょう。
このようにすべての工程を管理するため、改善するべきことが明確にわかります。これは生産過程における収益や生産性向上に繋がり会社全体にさまざまなメリットをもたらしてくれます。

 「生産管理」と「品質管理」との違いは何か

工程管理は工事工程の中でも工程が計画通りに進んでいるのか管理する部分を担い、主に資材の納期管理を行います。
一方、施工管理は計画から仕入れ、製造、出荷、売り上げ管理までのすべての工程を管理します。つまり、工程管理は施工管理の一部の仕事と考えることができます。
また、品質管理とは工程管理、品質検査、品質改善の3つのプロセスによってつくられます。品質管理の中でも品質の作りこみを確実にするための管理を行っているのが工程管理です。

工程管理の主な手段とは

工程管理の主な手段とは

工程管理はどのようにして作り上げるのでしょうか。
工程管理では、実際に作業する人が使いやすく、進捗状況が見やすい工程表を作り上げることが大切です。目的や施工規模に応じてさまざまな方法を利用し工程表を作り上げます。
これから、3つの媒体による工程管理方法を紹介します。

工程表とは?建築現場で必要な工程表の種類や工程管理の目的を解説

工程表とは?建築現場で必要な工程表の種類や工程管理の目的を解説

 紙面による管理

紙面を利用して小人数で工程を管理する方法があります。ホワイトボードを利用して工程表を管理する方法もこの中に含まれます。
主に従業員が数人程度の企業で行う業務管理や、短期の製造での工程管理には有効で手軽に加筆修正できることが特徴です。しかし、大規模プロジェクトになると工程が複雑になることや計算が難しくなること、社員や協力会社の方との間での共有が困難になるという問題点があります。

 エクセルによる管理

手軽に工程管理をする機能の一つとしてエクセルやスプレッドシートを利用した方法があります。工程表をエクセルで作成すると数式や関数が使用でき、自動的に入力される機能がついているため効率的に作業を進めることができます。
しかし、エクセルでは自動入力される機能がついていますが、人の手で作成するため入力ミスや数式に間違いが起こってしまう可能性があります。また、エクセルはファイルに共有すると誰でも簡単に見ることができるため情報漏れの危険性や人的ミスがある可能性があります。

工程表をエクセルで作成するメリット・デメリットは?

工程表をエクセルで作成するメリット・デメリットは?

 エクセルによる管理

工程管理システムでは工程表を人の手ではなく、システム上で管理することができるいわゆるIoTシステムです。
現在では工程表を作成するためのソフトが多数販売されており、気軽に利用することができます。工程管理ソフトによって、プロジェクト全体の工程内容や進捗状況、全体の収支まで一つのツールの中で的確に管理することが可能になります。

AnyONEの工程管理システムがおすすめ

anyone_WEBTOP

AnyONE」では、工務店向けに業務効率化を図るための工程表を作成するソフトを作り上げています。10年以上進化し続け2700社が導入しているなど、お客様継続率94.6%という業界No.1の実績があります。また国交省から「第一回長期優良住宅先導的モデル事業」に採用された実績を誇っています。

 AnyONEの工程管理システムの特徴

・各種工務店業務で利用可能
工務店だけでなくハウスビルダー、リフォーム会社の業務に特化した管理システムとなっており、製造規模などに関係なく利用することができます。また電気工事や設備工事などさまざまな業種で活用することもできます。
AnyONEは建材流通商社のナカザワ建販という多くの工務店様と取引する会社が開発したシステムで、同業界ならではの細部にこだわった使い勝手やサポートを搭載しています。
さらにITが苦手という方も使えるのがこのAnyONEの特徴です。工程表の作成方法がエクセルの操作と似ているだけでなく、工程表をエクセルで作成し一括して貼り付けることができます。レイアウトも簡単に変更することができるため、今までのアプリケーションと似たような感覚で操作することができます。

・外出先でもアプリで情報を共有することができる。
顧客情報や工程内容、進捗状況などすべての情報をAnyONE上で管理・編集することができます。データによって閲覧権限を設定することができるため、安心して情報を共有できます。チャット機能も付いているため現場の状況を写真などで共有することができるなど、作業員との連携や協力業者の方との情報共有もスムーズに行えます。
また、ネット環境さえ整っていればパソコンやスマートフォン、タブレット端末などでいつどこからでも利用することができます。
上記機能で、無駄な業務時間を大幅に削減し効率化を促進します。

・全工事の管理一元化
同時に進行している工事をすべて一覧表示することができるため、全体の状況を把握しながら効率的なスケジュールをたてることができるようになります。また、テンプレートから新しい工程表を簡単に作成することができます。これにより、一から工程表を作成する時間を省くことができるだけでなく、急な日程変更や工程内容の変更にも対応できます。

エニワンでは実用的に使えるエクセル工程表を無料でダウンロードできるサービスを実施しています。まずは、サービスページからダウンロードしてみてください。

ExcelテンプレートDL

まとめ

本記事では工程管理を行える業務効率化システムの中でもAnyONEを紹介しました。
IT導入補助金を活用すれば、AnyONEを実質負担金が通常の1/4で導入できます。この機会に、ぜひAnyONEを導入して業務を効率化してみてはいかがでしょうか。

また、工程管理を行えるシステムには他にも様々なものがあります。目的や重視したい点を考えてシステムを比較検討しましょう。

比較資料

AnyONEってどんなことができるの?

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン