工程表とは? 工程表の種類や工程管理の目的を解説

工程表とは? 工程表の種類や工程管理の目的を解説

工務店に勤めている方の中には、現場においてスケジュール通りに作業が進まない、いつも納期に追われている、といった点に悩まされている方も多いのではないでしょうか。そのような方には、工程表の活用をおすすめします。工程表で工事のスケジュールや作業の進捗状況を確認するだけで、作業効率はかなり改善されるはずです。この記事では、工程表の役割や種類を知りたい人に向けて工程表の概要から工程表の種類などについて解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

工程表とは

工程表

各現場では、施工管理の方が工事の工程管理を行うために工程表を使用することがよくあります。工程表とは、簡単に言うと、工事の工程と納期までの期間をまとめた表のことで、総合(全体)工程表や細部工程表、月間工程表、週間工程表などがあります。

工程表を作ることにより、工事の各工程を具体的に把握することができるため、施工管理の方は、人員の配置や作業時間、進捗状況の把握などが行いやすくなります。また、それにより作業効率も向上するでしょう。

このように、各種建築現場において工程表は欠かせないものといっても過言ではありません。しかし、中には工程表を作成していない場合や現場では作成しているものの、施主様と共有していない場合などもあります。

 行程表との違い

工程表と似た言葉に行程表があります。発音は同じですが、意味は若干異なるため、注意してください。

工程表は、先述の通り、現場作業における日程や工程などをまとめたものです。具体的な手順や順序などを把握することができます。
一方の行程表は「○日までに△をやる」といったように目標やその方法をまとめたものです。工程表よりもより大きい範囲をカバーしていると考えてください。

 工程表がないことによる悪影響

先ほども触れているように、工務店やハウスメーカーによっては工程表を用意していない、もしくは施主様と共有していない場合もあります。工程表がないことは、様々な方面で悪影響を及ぼしかねません。

例えば、工程表がないためにスケジュール管理や人員管理がうまく行えず、作業効率が下がり、納期直前まで作業に追われる羽目になる恐れがあります。また、施主様と工程表が共有されていなければ、施主様は工務店に対して不信感を抱くようになります。工務店へのクレームはハウスメーカーに伝えられることもあるため、そのハウスメーカーからの仕事が減ってしまう可能性もゼロではありません。

以上の点から、工程表は絶対になければいけないものではありませんが、あって損をすることはないと言えるでしょう。

工程表の役割は?工程管理の目的

工程表の役割は?工程管理の目的

ここでは、工程表がどのような役割を持っているのか、さらにどのような目的のもとで使用されるのか解説します。

 納期を守る

工程表の主な役割は、工程を適切に管理して、納期までに確実に作業を終わらせることです。工程表を用意することで、作業の進捗状況やスケジュールなどを管理し、問題なくお客様に納品できるようにします。

 工期の短縮

工程表を活用して工程管理をすることで、人員の配置やスケジュール管理を効率よく行うことができます。それによって結果的に工期の短縮を図ることもできるでしょう。

 イレギュラーに対応する

最も理想的なのは、トラブルなくスムーズに作業が進むことですが、現場でトラブルが発生することはよくあります。そのような場合でも、工程表によって人員や作業の進捗状況、スケジュールなど全体像を把握しておけば、イレギュラーにも対応することができるでしょう。

 コスト削減

工程を把握することで、作業全体の中でどこに無駄があるのか、作業の効率化を図れる部分があるのか理解することができます。無駄を省き効率化を図ることで、コスト削減につなげることもできるでしょう。

工程表の種類

工程表と一言で言っても、その種類は多岐に亘ります。また、種類によって特徴が異なるため、用途に応じて使い分ける必要もあるでしょう。ここでは、工程表の具体的な種類について解説します。

 ガントチャート工程表

ガントチャート工程表
ガンチャート工程表とは、縦軸に作業名を、横軸に進捗率を記載する工程表です。各現場事務所などで見かけることの多い工程表なので、もしかしたら見たことがある方もいるかもしれません。

ガントチャート工程表とは?

ガンチャート工程表の特徴は、作り方が簡単なことです。エクセルのマクロ機能や関数を使って作れば、進捗に合わせて工程表を修正することも簡単です。
工程表は作業が進行するにつれて進捗率を書き加えていく仕組みになっていますが、ガントチャート工程表は細かい部分まで見なくても、直感的に進捗がわかる点が大きなメリットだといえるでしょう。
一方で、タスク間の関連性がわかりにくいため、その点には注意が必要です。

 バーチャート工程表

バーチャート工程表
(出典:農林水産省)

バーチャート工程表は、縦軸に作業項目を、横軸に各作業項目を行う日付を記載する工程表です。バーチャート工程表は、多くの現場で見かけるポピュラーな工程表の1つと言えます。

バーチャート工程表は、ガンチャート工程表同様作成のしやすさが特徴です。また、作業を行う日付が記載されているので、スケジュールを把握しやすくなっています。一方で、バーチャート工程表も作業間の関連性は分かりにくくなっているので注意してください。

 グラフ式工程表

グラフ式工程表

グラフ式工程表は、バーチャート工程表とガンチャート工程表を組み合わせた工程表です。表の縦軸には進捗率を、横軸に日数を記載しています。

グラフ式工程表は、各作業の進捗状況がはっきりとわかるのが特徴です。また、作業間の関連性もわかるので、どの作業が遅れていて、それに伴いどの作業に影響が出るのか、といった点も理解しやすいでしょう。一方で、ガンチャート工程表やバーチャート工程表に比べて表が複雑なので、慣れるまでは作成に時間がかかる恐れがあります。

 出来高累計曲線(工程管理曲線)

出来高累計曲線(工程管理曲線)
(出典:農林水産省)

出来高累計曲線は縦軸に進捗率を、横軸に日数を記載する工程表です。現場で見かけることの多い工程表の1つで、工程管理曲線やバナナ曲線、Sカーブなど様々な別名があります。

出来高累計曲線は、作業全体の進捗状況の把握に適しています。作業開始直後は進捗率が上がりませんが、日数が進むにつれて進捗率が高くなり、完成近くになると進捗率は緩やかになるため、表全体がS字曲線を描きます。表の曲線を見れば、スケジュールがどのくらい遅れているのか、一目で把握できるでしょう。一方で、各作業単位での進捗状況の把握はできないため注意が必要です。

 ネットワーク式工程表

ネットワーク式工程表
(出典:農林水産省)

ネットワーク式工程表は、丸「〇」と矢印「→」を使って工程期間を表す工程表です。矢印の上には作業名を下には作業日数を記載します。ネットワーク式工程表は、作業に必要となる工数や作業間の関連性、工程の流れなどを把握するのに適しているのが特徴です。特に大きな現場や工数が多い現場で工程管理をする際に向いています。
ただし、作成にあたっては、専門的な知識が欠かせないため、作成は簡単ではありません。また、作業間の関連性はわかるものの、各作業の進捗状況の把握には適していない点にも注意が必要です。

 各工程表の比較まとめ

ここまで、5種類の工程表について解説しました。それぞれの特徴を以下の表にまとめたので、参考にしてみてください。

各工程表の比較まとめ

まとめ

今回は、現場作業に欠かせない工程表について、その概要から具体的な種類、その役割などについて解説しました。工程表は自分で作成することもできますが、作る手間がかかるものもあります。そのような場合は、工程管理アプリやソフトの利用を検討してみてください。特に、工務店向け業務効率化ソフトAnyONEは、作業進捗を簡単に把握できるため、スムーズに工程管理が行えるでしょう。

以下の「他社システムの機能比較」では、AnyONE他社システムの機能を比較して解説しています。工程表を作成する手間や時間を削減したい方は、ぜひ参考にしてください。

工務店向けツール比較資料

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン