【テンプレート付き】工程表とは? 工程表の種類や工程管理の目的を解説

【テンプレート付き】工程表とは? 工程表の種類や工程管理の目的を解説

・工程表通りに現場が進まない
・いつも納期に追われている

上記のような悩みを抱えている工務店担当者には、工程表の作成方法や活用方法の見直しをおすすめします。精度の高い工程表があれば、工程や進捗状況の確認作業の効率を大幅に改善が可能です。この記事では、工程表の概要から工程表の種類などについて解説しています。「工程管理をしっかりできるようになりたい」と悩んでいる方は、参考にしてください。

資料請求_工事・工程管理

工程表とは各工事を時系列順にまとめた表

工程表

工程表とは、着工日から竣工日までの期間におこなわれる各工事を時系列順にまとめた表のことです。各現場では、施工管理者が工事の工程管理をおこなうために工程表を使用します。工程表には、下記のようにいくつか種類があり現場の規模や目的によって使い分けます。

総合(全体)工程表
・細部工程表
月間工程表
週間工程表

工程表の作成により、各工程の予定や進捗状況を具体的に把握が可能です。施工管理者は人員の配置や作業時間、進捗状況の把握がおこないやすくなり、作業効率も向上します。

 行程表との違い

「工程表」と似た言葉に「行程表」があります。発音は同じですが、意味は若干異なるため注意が必要です。

工程表は先述の通り、現場作業における日程や工程などをまとめたもので、具体的な手順や順序などの把握が可能です。
一方、行程表は「○日までに△をやる」といったように、目標や方法をまとめたものをいいます。工程表よりもより大きい範囲をカバーしていると考えてください。

 工程表がないことによる悪影響

工務店やハウスメーカーによっては工程表を用意していない、もしくは施主様と共有していない場合もあります。工程表を作成・共有していないとさまざまな方面で悪影響を及ぼしかねません。

・工程管理や人員管理が適切におこなえず、作業効率が下がり納期直前まで作業に追われる
・施主様と工程表を共有できず、施主様から不信感を抱かれる
・ハウスメーカーの仕事の場合、苦情がハウスメーカーに伝えられ仕事が減ってしまう

上記の悪影響を避けるために、工程表を作成しましょう。

工程表の役割は?工程管理の目的

工程表の役割は?工程管理の目的

ここでは、工程表の役割や作成する目的を解説します。

 納期を守る

工程表の主な役割は、工程を適切に管理して、契約した納期までに確実に工事を終わらせることです。精度の高い工程表を作成すれば、工程管理・進捗状況の把握が簡単となり、トラブルが発生しても適切な対処をおこなえます。結果、契約通りの納期で施主様に建物の引き渡しが可能です。

 工期の短縮

工程表の活用で、人員配置や機材・材料手配を効率良くおこなえます。人や材料を効率的に手配できるため工期の短縮につながります。

 イレギュラーに対応する

イレギュラーな事態にならずスムーズに工事が進むことが理想ですが、トラブルが発生しない現場はほとんどありません。対応策として、事前にトラブル発生を見越して、工程表に空白期間を設けることが一般的です。トラブルの発生で工事が遅れても、空白期間で対処できれば、イレギュラーな事態が発生しても対応ができます。

 コスト削減

工程を一覧することで、作業全体の中でどこに無駄があるのか、作業の効率化を図れる部分があるのか把握できます。無駄を省き効率化を図ることで、コスト削減につなげることもできるでしょう。

工程表の種類と種類別の特徴を解説

工程表の種類は多岐にわたります。種類によって特徴が異なるため、用途・目的に応じて使い分けなければなりません。ここでは、工程表の具体的な5種類について解説します。

 ガントチャート工程表:作成が簡単で理解しやすい

ガントチャート工程表
ガンチャート工程表とは「縦軸に作業名」「横軸に進捗率」を記載する工程表です。各現場事務所で見かけることの多い工程表のため、見たことある方も多いでしょう。

ガンチャート工程表の特徴は、作成が簡単なことです。エクセルのマクロ機能や関数を使って作れば、進捗に合わせて工程表を修正することもできます。
工程表は作業が進行するにつれて進捗率を書き加えていく仕組みになっていますが、ガントチャート工程表は細かい部分まで見なくても、直感的に進捗がわかる点が大きなメリットです。
一方で、作業間の関連性がわかりにくいことには、注意しましょう。

●ガントチャート工程表は直感的に理解できる工程表
工程表は作業が進行するにつれて進捗率を書き加えていく仕組みになっていますが、ガントチャート工程表は細かい部分まで見なくても、直感的に進捗がわかる点が大きなメリットです。

●ガントチャート工程表は作業同士の関連性が分かりにくい
一方で、作業間の関連性がわかりにくいことには、注意しましょう。

作業進捗により工程の修正を行う場合に、どの作業が影響を受けるかに注意しながら修正作業を実施してください

 バーチャート工程表:工程が把握しやすい

バーチャート工程表
(出典:農林水産省)

バーチャート工程表は「縦軸に作業項目」「横軸に各作業項目作業日」を記載する工程表です。バーチャート工程表は、多くの現場で見かけるポピュラーな工程表の1つといえます。

バーチャート工程表は、ガントチャート工程表同様作成のしやすさが特徴です。また、作業をおこなう日付が記載されているため、工程を把握しやすくなっています。一方で、バーチャート工程表も作業間の関連性は分かりにくくなっているので注意してください。

●バーチャート工程表は作成が簡単
バーチャート工程表は、ガントチャート工程表同様作成のしやすさが特徴です。また、作業をおこなう日付が記載されているため、工程を把握しやすくなっています。

●バーチャート工程表は日程以外は把握しにくい
一方で、バーチャート工程表もガントチャート同様に作業間の関連性は分かりにくくなっているので注意してください。

 グラフ式工程表:作業進捗の把握に便利

グラフ式工程表

グラフ式工程表は、バーチャート工程表とガンチャート工程表を組み合わせた工程表です。表の「縦軸には進捗率」「横軸に日数」を記載しています。

グラフ式工程表は、各作業の進捗状況を把握しやすいのが特徴です。また、作業間の関連性もわかるので、どの作業が遅れていて、作業の遅れがどの作業に影響が出るのか、といった点も理解しやすいでしょう。一方で、ガンチャート工程表やバーチャート工程表に比べて表が複雑なので、慣れるまでは作成に時間がかかる恐れがあります。

●グラフ式工程表は作業進捗の把握ができる
グラフ式工程表は、各作業の進捗状況を把握しやすいのが特徴です。また、作業間の関連性もわかるので、どの作業が遅れていて、作業の遅れがどの作業に影響が出るのか、といった点も理解しやすいでしょう。

●グラフ式工程表は作成がやや難しい
ガンチャート工程表やバーチャート工程表に比べて表が複雑なので、慣れるまでは作成に時間がかかる恐れがあります。

 出来高累計曲線(工程管理曲線):進捗の把握や修正に便利

出来高累計曲線(工程管理曲線)
(出典:農林水産省)

出来高累計曲線は「縦軸に進捗率」「横軸に日数」を記載する工程表です。現場で見かけることの多い工程表の1つで、下記の名称が用いられることもあります。

・工程管理曲線
・バナナ曲線
・Sカーブ

●出来高累計曲線は進捗が把握しやすい
出来高累計曲線は、作業全体の進捗状況の把握に適しています。作業開始直後は進捗率が上がりませんが、日数が進むにつれて進捗率が高くなり、完成近くになると進捗率は緩やかになるため、表全体がS字曲線を描きます。表の曲線を見れば、スケジュールがどのくらい遅れているのか、一目で把握できるでしょう。

●出来高累計曲線は各作業の進捗把握には向いていない
出来高累計曲線は、各作業単位での進捗状況の把握には向いていません。全体の進捗は把握できますが、作業単位の進捗を知りたい場合は、別の工程表を併用して使用しましょう。

 ネットワーク式工程表

ネットワーク式工程表
(出典:農林水産省)

ネットワーク式工程表は、丸「〇」と矢印「→」を使って工程期間を表す工程表です。「矢印の上には作業名」「下には作業日数」を記載します。ネットワーク式工程表は、作業に必要となる工数や作業間の関連性、工程の流れなどを把握するのに適しているのが特徴です。特に大きな現場や工数が多い現場で工程管理をする際に向いています。

●ネットワーク式工程表は作業の関連性が把握しやすい
ネットワーク工程表は記号を用いて、タスクを流れに沿って記載した工程表です。そのため、工事全体の流れと進捗状況、工程同士の関連性を把握するのに適しています。
ネットワーク式工程表の作成はやや難易度が高いただし、作成にあたっては専門的な知識が欠かせないため、作成は簡単ではありません。また、作業間の関連性はわかるものの、各作業の進捗状況の把握には適していない点にも注意が必要です。

 各工程表の比較まとめ

ここまで、5種類の工程表について解説しました。それぞれの特徴を以下の表にまとめたので、参考にしてみてください。

各工程表の比較まとめ

5つの工程表のなかで最も工事現場で使う頻度が高い工程表が、ガントチャートやバーチャート工程表です。この2つの工程表はエクセルでも簡単に作成できるため、工程管理システムを導入していない工務店担当の方でも比較的容易に作成できます。

エクセル_ガントチャート工程表

工程表の作り方

建築業における工程表の作り方は2つあります。それぞれの方法のメリットとデメリットを解説します。

 工程表作成システムの利用

工程表作成システムとは、システム上で工程表を作成できるツールを意味します。システム上にあらかじめ設定されたテンプレートへ項目を入力するだけで、誰でも簡単に工程表の作成が可能です。

さらに、工程表の修正もワンクリックでできるシステムが多く、修正作業に時間がかからない点がメリットといえます。

一方で工程表作成システムは導入費用がかかり、また月額費用などのランニングコストも必要です。予算を抑えて工程表作成システムを導入したい場合は、IT導入補助金の利用も検討してください。

AnyONEではIT導入補助金のガイドブックを無料でプレゼントしています。各種申請のサポートを提供が可能です。ぜひお問合せください。

資料請求_資料セット&補助金ガイドブック

 エクセルテンプレートの利用

システム導入をせずに既存のOfficeソフトを活用して工程管理がしたい場合は、エクセルテンプレートを利用しましょう。工程表のエクセルテンプレートを利用すれば、自社で罫線を設定したり、数式を入れる必要はありません。

エクセルの知識がなくても工程表作成ができるテンプレートを使えば、今日からでも自社の工事や業務フローに適した工程表を作成できます。

見やすい工程表を作るならエクセルテンプレートの利用がおすすめ

工程表をエクセルで作成するなら、テンプレートの利用がおすすめです。1から項目を設定して工程表を作ることはできますが、罫線の設定や必要事項も入力漏れがあると、作成に時間がかかります。

また、エクセルが得意な方に工程表の作成が属人化する恐れもあるため、エクセルテンプレートを導入して、誰でも簡単に工程表を作成できる体制を整えておきましょう。

AnyONEは無料で工程表のエクセルテンプレートを公開しています。ダウンロードして項目を入力するだけで、すぐに使い始められる工程表です。ダウンロードは完全無料で可能です。ぜひご活用ください。

エクセル_4種類

まとめ

今回は、現場作業に欠かせない工程表について、概要から具体的な5種類、役割などについて解説しました。工程表は自分で作成することもできますが、作成の手間がかかるものもあります。そのような場合は、工程管理アプリやソフトの利用を検討してみてください。特に、工務店向け業務効率化ソフトAnyONEは、作業進捗を簡単に把握できるため、スムーズに工程管理がおこなえます。

以下の「他社システムの機能比較」では、AnyONE他社システムの機能を比較して解説しています。工程表を作成する手間や時間を削減したい方は、ぜひ参考にしてください。
比較資料_工程表

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン