帳票(管理帳票・支払系帳票)の活用事例

請求書が届くたびに安全協力費の集計、管理が大変…

課題

・業者さんへ支払の時、控除金の管理がいつも面倒で…
・協力業者さんによって安全協力費の条件が違うんだけど…
・控除金の今期の合計金額っていくらなんだろう…

業者ごとに控除額を自動計算!期間集計もカンタンに!

安全協力費などの控除金を業者ごとに設定

協力業者様から徴収している安全協力費などの控除金。業者ごとに請求額から決められた料率で計算して、その控除額を差し引いて支払処理をすることになりますが、それが毎月の処理となるとやはり手間がかかります。しかも、業者様ごとに料率が異なったりと、計算だけでなく条件も間違わないように処理しなければなりません。

そんな煩わしい控除金の処理も、AnyONEなら自動計算。それも自社で決めた控除名目とその料率を設定するだけで自動化するのです。

控除金は請求額から自動計算

マスターで控除名目とその料率を設定すれば、あとは業者様からの請求書を受け付けるだけで、設定に応じた控除金を計算し、支払額と控除額を仕分けてくれます。

支払予定の金額も、控除金の合計額もカンタンに確認できます。もし急に変更したい場合は、この支払予定の画面上で金額を修正可能。

あとは、その実支払額をAnyONEで確認して、支払予定日に支払処理をするだけです。

控除した金額の集計はエクセル帳票で確認

控除した金額は、AnyONEの画面上でも全体の金額を確認でき、また帳票として「控除金一覧表」が出力できます。

その控除金一覧表では、指定した期間内でどの業者様へどれだけの支払額があり、そのうちいくら控除されているかが一目瞭然。

AnyONEなら、手間と労力の大きかった毎月の控除計算と支払処理の効率化を実現し、経理担当者様の負担軽減を図ることができるのです。