営業日報管理の活用事例

お客様への営業状況を把握したい

課題

・営業マンの動きが把握できていない…
・どのお客様へ何のアプローチをしているのか、いまいちよく分からない…
・スタッフそれぞれの営業活動を把握する時間が無い…

見込顧客への営業履歴をしっかり記録!

営業活動を日報形式で分かりやすく記録

営業活動の履歴を、お客様の基本情報に紐付けて入力・管理することができます。AnyONEは、単に営業スタッフのスケジュールを管理するのではなく、どのお客様に対する営業活動なのかを把握できるようになっています。

その営業活動に対しては、提案や打合せなどの活動区分を自由に色分けして設定できるため、カレンダー上でも分かりやすく全体的な把握もカンタンです。

なお、日報には予定と実績があり、予定はアラーム機能と連動させることもできます。

営業活動は顧客情報に紐付けて管理

AnyONEでは、顧客の基本情報と同じ画面でこれまでの営業実績を確認することが可能です。

それも営業活動だけでなく、DMなどの案内物を送付した履歴も同じように紐付いており、多方面からアプローチした情報を顧客情報に一元集約して管理できるシステムになっています。

またお客様がOB顧客様になると、メンテナンスや定期点検の活動履歴が同様に紐付いて管理されています。

全体の活動状況は日報照会で一目瞭然

経営者様や管理職者様が、普段の多忙な業務の中で全体の細かな活動状況を把握するのはなかなか難しいところがあります。

そんな忙しい中でもAnyONEの日報照会なら営業活動の状況が一覧で確認できます。もちろん全体把握だけでなく、会議資料としても活用できる資料となります。

実際の導入実績をみる

顧客データをマーケティングに活用し集客・営業コストを削減。

株式会社 中商 様 詳しく見る