【2022年】建築現場管理ソフトとは? 選び方を解説

【2022年】建築現場管理ソフトとは? 選び方を解説

建築現場管理ソフトとは、工事現場の一連の実務をITやクラウド化によって効率化できるソフトです。2024年には、建築業界にも時間外労働の上限規制が適用されるため、短い労働時間で成果を出すことを求められています。

短い労働時間で成果を出すためには、働き方を見直して業務の効率化を行わなければなりません。
今回は、建築現場の一連の実務を効率化できる建築現場管理ソフトを解説します。

建築現場管理ソフトとは

建築現場管理ソフトとは、工事現場一連の実務をITやクラウド化によって効率化できるソフトです。現場では管理者実務は、材料・協力業者への発注や工程作成、原価管理や写真・書類管理など多岐に渡ります。

これらの業務をITやクラウドの力を活用せず効率化するのは、至難の業です。
建築現場管理ソフトは、従来エクセルや紙でおこなっていた業務をデジタル化し、現場管理業務の生産性を上げるソフトです。

建築現場管理ソフトの機能

建築現場管理ソフトには、下記の機能があります。

・案件管理
案件情報を建築管理ソフトに集約できます。
顧客情報や現場住所、工程など従来バラバラに管理されていたデータを一元管理可能です。データが一ヶ所に集まっていると、情報確認や共有に手間がかかりません。

・工程表の作成
マウスだけで簡単に工程表を作成できます。あらかじめテンプレートを用意すれば、担当者ごとに工程表の書式や見栄えが変わることを防止可能です。

・写真、図面、書類管理
工事に関わる写真や図面、書類をまとめて管理できます。
特に、写真整理は長時間残業の原因となってしまう業務の一つです。
現場で工程写真を撮影したら、自動でクラウド上にアップし、案件・現場・工程ごとに整理されます。
全てソフトが自動でおこなってくれるため、写真整理に時間を割く必要はありません。

・実行予算の作成
見積りを作成していれば、見積りのデータを流用して実行予算を作成できるため、同じ内容を何度も転記する必要はありません。
忙しい工事担当者でも、余裕を持って実行予算を作成できるため、必要な粗利率を守った予算を組めるでしょう。

・アフター管理
導入した設備機器のメーカー名や品番、リフォームが必要となる時期をソフトに登録可能です。
例えば、設備機器のトラブルが発生してもソフトを確認するだけで、該当する製品をすぐに把握できます。

建築現場管理ソフト導入の効果

建築現場管理ソフト導入の効果は、主に下記の3つです。

情報の一括管理

案件や工事に関連する情報を集約できるため、情報の一括管理が可能です。案件数が増えてくると、エクセルや紙での管理は煩雑となります。

案件ごとに、見積り書・工程表・実行予算のエクセルのデータや書類が作られ、必要な情報を探すために膨大な時間を掛けている工務店も多いでしょう。
建築現場管理に情報をまとめれば、情報を探す手間が省け業務の効率化につながります。

正確なデータ管理

正確なデータ管理をおこなえるため、営業担当者・工事担当者・経理担当者が常に正しい情報で業務を進められます。エクセルでデータを管理している場合「最新情報に更新されていない」などの理由で、担当者間の情報共有がスムーズでないことが多いです。

建築現場管理ソフトはクラウド上に情報を管理しており、いつでも正しい最新情報へ更新できます。

働き方改革の対応

情報はすべてクラウド上で管理されるため、時間と場所を選ばずに必要な情報へアクセス可能です。従来は、会社でしかおこなえなかった業務もテレワークが可能となります。
テレワークによる働き方改革の対応で、人員を増やさずとも業務をこなせるようになるでしょう。

最適な建築現場管理ソフトの選び方

自社にとって最適な建築現場管理ソフトを選ぶためには、下記4つのポイントを押さえましょう。

標準機能の範囲

提供されているソフトにより、標準範囲として備えられている機能は異なります。効率化したい業務や使いたい機能がある場合は、確実に標準機能となっているかを確認しましょう。
ソフトによっては、使用したい機能がオプション扱いだったり、そもそも対応していない場合があります。

ソフトの導入で後悔しないためにも、標準機能の範囲は事前に確認しましょう。

費用

建築現場管理ソフトの料金プランは「月額課金型」が多く、初期費用と月額使用料で料金が構成されています。資金繰りを考える上で月額使用料も重要ですが、ポイントは初期費用のサービス内容の範囲です。
初期費用の中に下記のようなサービスが含まれていると、ソフト導入後にすぐに使用できます。

●エクセルデータの移行
●他社ソフトからの乗り換え作業
●テンプレートやマスターの作成

重要なことは、対費用効果を考えることです。一見高額に思える初期費用でも、導入時のサポートが充実しており導入後すぐにソフトを使用できる場合、費用対効果が高いといえるでしょう。

一方で、安価な初期費用でも導入時の作業を自社でおこなう場合は手間と時間がかかり、作業自体をミスしてしまうことも考えられます。長期的な視点で、費用対効果の高いソフトを選ぶのがおすすめです。

操作性

業務に導入ソフトを定着させるために、操作性は重要です。特にITツールに苦手意識を持つ方が多い会社は、操作性には気を配りましょう。エクセルと近い操作感のソフトを選べば、導入のハードルが下がります。

便利なソフトも従業員が使用しなければ、意味がありません。建築現場管理ソフトを導入する際は、ITツールに苦手意識を持つ方でも操作可能なソフトを選びましょう。

サポート体制

トラブルが発生した場合も業務に支障を来さないように、サポート体制が充実しているソフトを選びましょう。「操作が分からない」「ソフトが機能しない」などトラブルが起きても、すぐにサポートを受けられれば、安心できます。

電話やメールで問い合わせた場合、すぐに対処してくれるサービス提供会社を選びましょう。

無料版建築現場管理ソフトの注意点

無料で利用できる建築現場管理ソフトの導入を検討している会社は、多いでしょう。費用がかからないことは魅力的ですが、無料故の注意点はご存じでしょうか。
無料ソフトの注意点を4つ紹介します。

料金改定

1つ目の注意点は、料金改定の可能性があることです。導入したソフトが、いつまでも無料で使用できるとは限りません。

広告や利用者を増やすといった目的で、無料としている場合は「ソフトが広く認知される」「目的の利用者数に達した」などの理由から、無料での提供を止めてしまう恐れがあります。

有料になってから、また新しいソフトを探すことは非常に手間な上、データ移行なども大変です。後々の手間を減らすならば、始めから有料のソフトの導入をおすすめします。

機能制限

2つ目の注意点は、機能制限されていることです。無料で使用できるソフトは、必要最低限の機能しか使えない場合があります。使用できる機能を増やす場合は、有料の料金プランへの変更やオプション費用がかかることは珍しくありません。

無料ソフトを導入する場合は「備わっている機能で自社の業務を効率化可能か」を検討しましょう。

データの保存容量

3つ目の注意点は、写真や書類などのデータ保存容量です。無料ソフトは、保存できる写真の枚数や書類を減らしていることがあります。複数現場の写真や書類を1つのソフトで管理するならば、データ容量を増やすために追加費用が必要となることも珍しくありません。

抱えている現場数や保存するデータの容量を考慮した上で、導入するソフトを選びましょう。

使用人数

3つ目の注意点は、ソフトを使用する予定人数です。無料ソフトは、同時に使用できる人数を制限している場合があります。現場数や従業員が少ない場合は、問題を感じることは少ないでしょう。
しかし会社の規模が大きくなり、同時に使用できる人数が制限されていると業務に支障を来してしまいます。使用人数を増やすためには、追加費用や有料プランへの変更を求められることが多いため、注意が必要です。

おすすめ建築現場管理ソフトはAnyONE!

AnyONE公式サイト
おすすめの建築現場管理ソフトは、「AnyONE」です。AnyONEは、導入企業数が2,700社を超えており、継続率も99.4%と一度導入すると手放せないソフトといえます。

建築現場管理を効率化するための機能以外にも、工務店業務全般を効率化する機能が揃っています。

【AnyONEの機能】
顧客管理
帳票管理
工事管理
物件管理
実行予算管理
支払い管理
請求・入金管理
図面・写真管理
アフター・メンテナンス管理

現場担当者だけでなく、営業担当者や経理担当者の業務まで幅広くカバーしています。

操作感はエクセルと近く、エクセルを使用している会社であれば導入のハードルは低いといえるでしょう。エクセルとの親和性が高く、コピー&ペーストでエクセルの内容をソフトに移行でき、手間がかかりません。

セキュリティ面も万全で、クラウドサーバーに米国Amazon社が提供する「AWS」を採用しています。「AWS」は世界の名だたる企業が使用しており、セキュリティレベルは国際基準です。

まとめ

建築現場管理現場ソフトは、工事現場実務のデジタル化を推進します。デジタル化を積極的におこない業務の効率化をおこなえば、労働時間が減っても今までよりも高い成果を上げられるでしょう。

各社が展開している建築現場管理現場ソフトから、自社に最適なものを選ぶためには、しっかりと比較検討をおこなう必要があります。
下記の機能比較を参考の上、自社に最適なソフトを選んでください。
【2021年最新版】工務店向けITツール比較

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン