【建設業】原価管理システムの仕組みや選び方、注意点を解説

【建設業】原価管理システムの仕組みや選び方、注意点を解説

原価管理とは、現場ごとに利益を出すために、建設現場で発生する原価を管理すること。この業務を効率化できるシステムが「原価管理システム」です。原価管理システムを導入することで、財務の計算ミスを減らし、より効率的に黒字化を目指せるでしょう。

今回は、原価管理の概要やシステムの機能、選び方、注意点について解説します。

原価管理とは

原価管理とは、黒字経営を目指すために建設現場で発生する原価を管理することです。単に原価を把握するだけでなく、コスト改善や利益向上も目的に含まれます。

建設現場でかかる原価は、人件費や資機材費、管理費など多岐にわたります。施工内容に対し、これらが適切に配分されているかを確認することで、無駄なコストを削減可能です。効率的にコストカットできれば、利益最大化を目指すこともできるでしょう。

一方、建設現場には「天候不良・災害による工事延期」や「施主からの追加発注」といったリスクが伴います。リスクヘッジとしても、原価管理は欠かせません。頻繁に原価管理しなければ、思わぬ損失を被るかもしれません。

原価管理システムの仕組みとは

原価管理システムは、工事ごとの原価計算、予算・実績の差異分析、損益分析を可能とするシステムです。発注管理システムや会計システムと連携することで、より業務効率化につなげられます。

導入の目的

導入の目的は、主に業務効率化です。建設業の原価計算は複雑になるため、手動ではミスも起こりやすくなります。システムの力を借りて、自動化すれば、ミスなく従業員の負担を軽減できるでしょう。

また、差異分析・損益分析をおこなう際にも、自社内で進行中の工事をまとめてデータ入力でき、スムーズに進められます。経営管理の観点でも、導入するメリットは大きいです。

主な機能

主な機能は、以下の4点です。

・原価計算
原価計算では、工事に必要な項目の入力、原価の自動計算を使えます。「何に、いくら必要か」という内訳を把握しやすく、ミス削減につながるでしょう。

・差異分析
差異分析とは、目標(標準)原価と実際原価の差異を出し、一つ一つの項目を分析できる機能です。「予定と比べて、どこに原価の違いが生じたか」を把握するだけでなく、今後の収益改善に役立ちます。

・損益計算
損益計算とは、会社全体で損益を算出するものです。工事ごとの損益だけでなく、システム上でデータを統合することで、会社全体の損益を把握できます。集約したデータから、部門別・工程別に分析することでも、経営課題が見えてくるでしょう。

・原価シミュレーション
原価の分析ではなく、予測する機能です。過去の工事データから、これから実施する工事の原価を予測し、経営戦略に役立てることができます。トラブル時の損失をも予測し、リスクに備えたシミュレーションとしても活用できるでしょう。

原価管理システムの注意点

原価管理システムの注意点とは、「業界の事情に合わないシステムが存在する」ことです。中には、全業界に対応できる原価管理システムもありますが、建設業界の原価管理は特殊です。「一般会計」ではなく「建設業会計」の適用が義務づけられているため、特別な処理が必要となります。

こういった背景により、原価管理システムは建設業へ特化したシステムを選ぶべきでしょう。

原価管理システムの選び方

建設業における原価管理システムの選び方について、解説します。

機能性

機能を検討する場合は、「自社の課題を解決できるか」で判断しましょう。「現場の予実管理ができていない」、「無駄なコストを削減したい」といった課題を導入前に明らかにしてください。サービス提供事業者によっては、営業担当者が事前に課題をヒアリングして、適切な機能やオプションを提案してくれる場合もあります。

また、機能性では使いやすさも重視してください。操作も簡単なシステムであれば、従業員に定着しやすく、システムの効果を発揮できます。従業員が普段から使い慣れている、エクセルに近い操作性であれば、定着率を高められるでしょう。

連携性

発注管理システムや会計システムなどとの連携性も確認してください。よりスムーズな原価管理を実現できます。あるいは、これらのシステムを一括にしたオールインワンシステムを選ぶと、連携の手間も省略できるでしょう。

加えて、エクセルとの親和性も重視したい点です。これまで建設業ではエクセルで原価管理することが一般的でした。原価管理システム導入時には、過去のデータを移行する必要も出てくるため、エクセルとの親和性があるシステムを選ぶべきでしょう。

費用性

原価管理システムの料金プランは、主に「買い切り型」と「月額課金型」に分けられます。買い切り型は、初期費用がまとまって発生しますが、それ以降は、基本的に費用がかかりません。月額課金型は、初期費用を抑えられ、毎月少額での継続が可能です。

ポイントは、費用対効果を重視すること。安価な原価管理システムも存在しますが、十分な機能を有していると限らず、またサポート面でも不安が残ります。一方で、高価な原価管理システムであっても、機能・サポートが充実しており、黒字経営を達成できるものであれば、費用対効果は期待できるでしょう。長期的なスパンで、費用対効果を見込める原価管理システムを選んでください。

サポート面

導入時やトラブル時に、頼れるサポート体制があるか確認しましょう。電話やメールで迅速に対応してもらえると安心です。また、必要に応じてオフィスまで出向いてもらえると、指示だけでは対応できないトラブルも解決できます。

中には、無料の原価管理システムも存在しますが、サポート体制が用意されていない場合もあるため、注意が必要です。

おすすめの原価管理システムはAnyONE!

AnyONE公式サイト
建設業に特化しているおすすめの原価管理システムは、AnyONEです。AnyONEは現場の声をもとに10年以上にわたって改善をくり返し、開発されました。担当者のかゆいところに手が届く、便利なシステムです。

企業が黒字化を目指すために、必要となる会計機能が集約されています。以下の機能をオールインワンで有していることが特徴です。

【AnyONEの機能】
顧客管理
帳票管理
工事管理
物件管理
実行予算管理
支払い管理
請求・入金管理
図面・写真管理
アフター・メンテナンス管理

帳票管理」や「アフター・メンテナンス管理」など、営業担当者や事務担当者にも便利な機能が備わっているため、企業全体の業務効率化にもつなげられるでしょう。

契約を決めてから実際の運用開始までに、導入研修を受けることも可能です。ITツールに苦手意識のある方にも、安心してご利用いただけます。導入後には、メール・電話でサポートを受けられます。
エクセルとの親和性も抜群で、コピー&ペーストで内容をそのまま移行できます。操作性もエクセルに近く、大きく作業内容が変更する心配もありません。

なお、現在、エクセル帳票の無料テンプレートを公開中です。見積書・工事請負契約書・工程表・工事台帳のフォーマットが必要な場合には、ご利用ください。

まとめ

建設業が企業活動を進めるためには、現場ごとの黒字化が欠かせません。業務負担により、計算ミスや赤字が発生している場合は、原価管理システムの導入を検討してはいかがでしょうか。ミスを低減し、黒字化を進め、企業全体の業務効率化に貢献します。

下記では、AnyONEをはじめとする、原価管理システムを機能比較しています。比較検討時の参考としてください。今回解説した、機能性や連携性、費用性、サポート面などのポイントを踏まえ、自社に最適なシステムを選びましょう。
【2021年最新版】工務店向けITツール比較

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン