工務店が赤字から脱出する方法は?年商10億円で赤字の理由

工務店が赤字から脱出する方法は?年商10億円で赤字の理由

赤字経営の工務店は、2〜3社に1社です。半数の工務店は赤字に悩んでいます。たとえ、年商10億円でも赤字に陥る企業は多く、効果的な対策を講じなければ、いずれ廃業・倒産してしまうでしょう。

今回は、赤字に陥る理由や解決策について解説します。

赤字工務店の実態とは

工務店はどの程度の割合が赤字経営となっているのでしょうか。「TKC経営指標(建設業)」の調査を参考にすると、黒字企業は以下の割合となっています(令和3年11月決算~令和4年1月決算)。

・建築工事業(木造建築工事業を除く):53.4%
・木造建築工事業:49.2%
・建築リフォーム工事業:41.1%

事業内容にもよりますが、工務店の5〜6割が赤字経営となっていることが明らかとなりました。つまり、2〜3社に1社は赤字経営です。赤字経営に悩んでいる工務店は多く、事業を存続させるためにも黒字化を目指すことは必須でしょう。

年商10億円でも赤字に陥る理由

赤字経営になっている工務店は、零細企業に限りません。たとえ、年商10億円を達成しても、赤字に陥る可能性があります。年商10億円は、工務店経営者にとって一つの成功基準といえるものですが、なぜ、それでも赤字に陥るのでしょうか。

売上だけ上げようとする

売上はビジネスの規模を図る指標となります。ただ、この指標だけを追い求めてしまうと、赤字になるかもしれません。そもそも、企業の利益は、売上から原価や経費を差し引いたものです。売上を伸ばしたとしても、原価・経費が膨らんでしまえば、黒字経営とは程遠くなってしまうでしょう。

とにかく人材を増やそうとする

売上が伸びていると、必然的に仕事量は増えます。それをカバーするために、人材をすぐに雇う行為は危険でしょう。
新しい人材は、戦力になるまで育成することがほとんどです。もちろん即戦力人材が望ましいですが、その分、人件費も高くなりがち。そこで、未経験人材を登用しようとすると、コストは抑えられる一方で、従業員一人当たりの業務負担は大きくなってしまいます。

また、売上が上がっているときは人材を増やしても問題ありませんが、逆に、売上が伸びなやみだすと、今度は人件費が利益を圧迫するようになってしまいます。場合によっては、せっかく雇用・育成した人材を解雇しなければならず、採用コストの損失、企業のイメージダウンを招きかねません。

経費削減を勘違いしている

経費・原価が経営を圧迫すると、経費削減に取り組もうとする経営者は少なくありません。しかし、アプローチを見誤ると危険です。
たとえば、コピー用紙を減らそうとすると、かえって営業活動に支障をきたしたり、水道光熱費を減らそうとすると、大幅な経費削減とはなり得ません。

また、原価を下げる場合にも注意が必要です。方法を誤れば、工事品質の低下につながりかねません。少ない人員や資機材で施工すると、欠陥工事になる可能性が高く、施主からクレームを受け、企業の評判を落とすことにもなるでしょう。

経費削減は、慎重に実施しなければなりません。

借り入れで返済をつなぐ

工務店の資金繰りは、他の業界に比べて悪化しやすいでしょう。着工〜引き渡しの期間が長く、売上を回収するまでに時間を要すためです。一般的に、全額を回収できるタイミングは工事を終えてからで、2〜3回に分けて回収します。

結果として、手元にはキャッシュが残りにくく、「黒字倒産(売上は立っているのに、資金繰りに失敗して倒産する)」に至る可能性が高くなります。運転資金を確保するため、金融機関から借り入れることが常態化すると、自転車操業となってしまうでしょう。

赤字経営の解決策

赤字経営から脱出するための解決策を4つ解説します。
全体の方針では、まず「無駄や損失をなくして、損益分岐点(損益±0)まで戻すこと」を目標に掲げましょう。

原価を見直す

建築現場で発生する人材費や資機材費、管理費などを見直しましょう。ただし、先ほど触れた通り、工事品質を落とすことは避けるべきです。品質をキープしつつも、コストを落としていきましょう。

経費を見直す

経費を見直す際には、従業員の努力に頼らないことが大切です。「コピー用紙を減らそう!」「水道光熱費は節約!」と事細かに伝えると、かえって従業員のモチベーションを下げるかもしれません。「一生懸命に働いているんだから、コピー用紙くらいでケチらないでほしい」という従業員の本音が漏れることもあるでしょう。

ポイントは、仕組みを変えて、経費を削減すること。たとえば、「コピー用紙の取引先を変える」、「電気の契約会社を変える」といった料金体系を見直す方法です。あるいは、「収益につながらない取引先との接待交際費を減らす」ことも効果的でしょう。

従業員に数字を公開する

従業員に、経営者と同じ当事者意識を持たせるために、効果的な方法です。そもそも、経営の数字を不透明にしていると、「人件費を削っているのでは?」と従業員から疑いをかけられることすらあります。経営の数字を公開することで、お互いに納得できる待遇を提示でき、また経営に危機意識を抱かせることも可能です。

いきなりすべての数字を公開しなくとも、「実行予算時の利益」や「発注先支払い後の利益」など、部分的に公開してもいいでしょう。利益が下がっている実情を従業員に伝え、どのような対策を取るべきか、部署・部門ごとに考えてもらうきっかけともなります。

業務効率化システムを導入する

「業務効率化システム」とは、顧客管理や原価管理、帳票管理、入金管理など、工務店に関わるさまざまな業務をデジタル化するものです。従来、アナログで時間を要していた経理業務を、効率的におこなえるでしょう。

実は、原価・経費を削減するため、従業員に数字を公開するために役立つツールが「業務効率化システム」です。業務自体を効率化できるため、少ない人員で業務を回すことができたり、帳票のペーパーレス化でコピー用紙を削減できたりと、いくらでも応用が利きます。

具体的な機能については、次項で解説します。

財務改善にはAnyONE!

AnyONE公式サイト
工務店が赤字経営を脱出するために、おすすめの業務効率化システムは、AnyONEです。AnyONEは、建材販売会社のナカザワグループが、現場の声をもとに開発したシステム。これまでに2,700社以上に導入し、お客様継続率は99.4%を誇ります。

業務に関するデータをシステム上に集約でき、受注率を高める「顧客管理」や、未回収金を防ぐ「請求・入金管理」を利用できます。多岐にわたる業務をデジタル化できるため、企業全体の黒字化に役立つでしょう。

【AnyONEの機能】
顧客管理
帳票管理
工事管理
物件管理
実行予算管理
支払い管理
請求・入金管理
図面・写真管理
アフター・メンテナンス管理

操作性はエクセルに近く、これまでのデータ移行や運用を簡単におこなえます。また、契約〜運用開始までに、導入研修を実施できるため、社内での定着率を高められるでしょう。

また、AnyONEは、無料のエクセルテンプレートを現在公開中です。見積書・工事請負契約書・工程表・工事台帳の4点を利用できます。業務効率化に役立ててはいかがでしょうか。

まとめ

工務店が赤字経営から脱出するためには、売上のみの追求や、安易な人材雇用・経費削減に注意しなければなりません。一方で、原価や経費を見直し、経営の数字を従業員に公開しましょう。そして、AnyONEのような「業務効率化システム」の導入をおすすめします。

以下では、各社の業務効率化システムを機能比較しています。自社の黒字化につながるシステムを選んではいかがでしょうか。
【2021年最新版】工務店向けITツール比較

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン