【建築】住宅の現場管理とは?仕事ができない現場監督の対策

【建築】住宅の現場管理とは?仕事ができない現場監督の対策

住宅の現場管理とは、一戸建てなどを建築する際に、完成までの工程や品質を管理する業務です。主には現場監督が担当することとなります。しかし、現場監督により仕事ができる・できないが分かれます。

今回は、現場管理の業務内容や、仕事ができない現場監督の原因・対策について解説します。

住宅の現場管理とは

住宅の現場管理とは、施主から依頼を受けて、住宅を建築(引き渡し)するまでの業務を管理することです。
現場管理の目的は、住宅を施主の希望するスケジュールや仕様通りに建築し、企業の利益を出すこと。また、現場の作業員が事故・ケガなく安全に進めることも同様です。

主な業務内容

主な業務内容は、工程管理や品質管理、安全管理、原価管理などです。
たとえば、工程表を作成し、作業スケジュールを組み立てます。最終的な工期から月間・週間・日間における工程の目標を立てましょう。

同時に、現場で必要となる人材や資機材の調整をおこないます。ポイントは、効率的な人事配置です。人材を確保しすぎて、人手が余らないようコスト削減の観点からも効率的に配置しましょう。

コスト面では、最終的に黒字となるよう調整しなければなりません。工事を進める中で、「追加の資機材が必要となった」などの理由から、原価率が増えて赤字となる可能性もあります。正確な原価管理により、コストを適切に抑えることも大切です。

安全面では、人的な不注意による事故・ケガを防ぐよう注意喚起を徹底します。ルールを定めるだけでなく、遵守させることが大切です。また、自然災害の発生も想定し、最悪の事態に備えましょう。

こういった業務の下支えとして、デスクワークも欠かせません。現場に関係する膨大な書類を、作成・管理します。事務処理も現場管理の一つです。

施工管理との違い

施工管理との違いは、呼び方です。携わる業務は基本的に同様ですが、企業によってははっきりと区別します。たとえば、「施工管理はデスクワーク業務」、「現場管理(現場監督)は現場の管理」と分けることもあるでしょう。

「できない」現場監督とは? 職場・指導に原因がある可能性

現場管理を担う現場監督は、仕事ができる人・できない人に分けられます。基本的には、本人の実力に左右されるでしょう。
しかし、本人を取り巻く職場環境・上司の指導方法によっては「本来の実力があるにもかかわらず、うまく発揮できない状態」になっている可能性も否定できません。

具体的な理由について解説します。

効率的な業務フローを確立できていない

効率的な業務フローが確立されておらず、「とにかく現場で学べ」と現場監督を指導するケースです。やみくもに業務を進めるため、作業が二度手間・三度手間となってしまったり、「自分なり」に誤ったやり方を覚えてしまうかもしれません。

たとえば、書類をパソコンのデータではなく印刷して持ち運んでいると、紛失・汚損した場合にオフィスまで取りに戻らなければなりません。あるいは、日報のフォーマットが担当者ごとにバラバラで上司の承認をもらいにくいケースも当てはまります。

業務フローが確立されていないと、我流に近い業務の進め方となるため、成長に個人差が出てしまうでしょう。

長時間労働で生産性が低下している

現場監督の労働時間は、長期化しています。全業界の平均に比べて、建築業界は残業時間が長い傾向にあります。長時間働くほど、生産性は低下します。たとえば、始業時に発揮できるパフォーマンスと、8時間勤務した後のパフォーマンスでは、当然、前者のほうが作業スピードは早いでしょう。

慢性的に長時間働いていると、集中力が低下し、普段しないようなミスも起こしがちです。結果的に、「できない」現場監督になっているかもしれません。

叱責ばかりで指導しない上司がいる

「できない」現場監督に対し、怒鳴りつけてばかりで適切な指導ができない上司がいることも原因に挙げられます。叱責だけでなく、「何をどう変えたらいいのか」を示すことが大切でしょう。

一方で、上司側にも指導する余裕がないことも原因と考えられます。つまり、上司自身も膨大な業務を抱えており、部下の育成に手を回す余裕がありません。本当は丁寧に指導したいものの、目の前にある業務を終わらすため、叱責ばかりに終始しているケースもあるでしょう。

「できる」現場監督を育てる方法

具体的な方法を解説します。

業務マニュアルを確立する

社内で統一した業務マニュアルを確立しましょう。個人のやり方に任せるのではなく、明確な業務フローを定めることで、現場監督の生産性を底上げできます。

代表的な業務マニュアルといえば、帳票のテンプレート化です。
個人でバラバラに作成するのではなく、社内のテンプレを用意しましょう。テンプレには、エクセルを用いられることが多いですが、関数の設定など、特定のスキルを有す必要もあります。

システム導入による業務簡略化

長時間労働を防ぐためには、現場管理システムの導入が効果的です。現場管理システムとは、ITの力によって、業務を簡略化するもの。
たとえば、「現場における報連相に時間がかかっている」という課題に対し、「システム上で情報を一元管理」することができます。また、スマートフォン・タブレットから利用できるシステムが多く、現場先から情報の確認も可能です。

これまでアナログを中心に業務を進めていた現場管理をシステム化することで、より効率的に業務を進められるでしょう。

システム導入によるリモート指導

システムを利用すれば、上司からの「リモート指導」を受けることも可能です。スマートフォン・タブレットでビデオ通話する際に、システム上に現場の情報を集約しているため、直接会わなくても指導できます。

また、システム導入により業務効率化すれば、上司の負担も減って、部下の指導に時間を割くこともできるでしょう。部下が実力アップすれば、さらに上司の負担は軽くなるという、好サイクルを生み出すことも可能です。

建築業界の現場管理システムにはAnyONE!

AnyONE公式サイト
おすすめの現場管理システムは、「AnyONE」です。
現場管理で使用する、帳票管理や工事管理、実行予算管理、図面・写真管理などの機能を有します。150種類以上の帳票テンプレートを利用でき、書類作成を効率化可能です。作成後の書類はシステム上で管理し、更新時にはリアルタイムで情報が反映されます。

さらに、営業・事務担当者も使える機能も有します。顧客管理では、顧客の基本情報や営業履歴、図面などの情報を一元管理。支払い管理、請求・入金管理では、アラーム機能で期限をお知らせできます。

【AnyONEの機能】
顧客管理
帳票管理
工事管理
物件管理
実行予算管理
支払い管理
請求・入金管理
図面・写真管理
アフター・メンテナンス管理

操作面では、エクセルとの親和性が高く、エクセルの内容をコピー&ペーストして貼りつけできます。ITツールに苦手意識のある方が使いやすい点も魅力でしょう。
ちなみに、現在、無料でエクセルテンプレートメールテンプレートを配布しています。

まとめ

建築業界における住宅の現場管理は、要となる業務です。現場監督の負担を減らすためにも、システムの導入を検討してはいかがでしょうか。

以下では、各社が提供するサービスを機能比較してまとめています。自社に最適なシステムを選ぶ際には、参考としてください。
【2021年最新版】工務店向けITツール比較

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン