施工管理で効率化・生産性向上する方法は?便利ツールを紹介

施工管理で効率化・生産性向上する方法は?便利ツールを紹介

施工管理業務とは、建築物の着工から完成までを管理する仕事です。人手不足・アナログ作業・高齢化などの課題があるため、効率化・生産性向上するツールが求められています。
実際に、現場でスマホ・タブレットやドローンなどのツールが現場で活躍していることをご存じでしょうか。役立つツールを導入することで、工事のコストを抑え、スピード・質を高めることも可能です。

今回は、施工管理業務の課題や現場で役立つツールについて紹介します。「より効率的に施工管理したい」と思う方は、最後まで読んでみてください。

施工管理業務とは

施工管理業務とは、建築物の着工から完成までを管理する仕事です。現場において、技能者(職人・大工)に指示を出したり、必要となる資材・機材を手配したり、行政関連の手続きをおこなったりと、多岐にわたる業務を担当します。

単に管理するだけでなく、施主や作業員、近隣住民とのやり取りも発生するため、コミュニケーション能力・交渉能力が欠かせません。また、ベースとなる専門知識や、ケガ・事故を防ぐための危機管理能力も必要です。

現場での裁量は大きく、責任ある仕事となりますが、「建築物が完成したときの達成感」「社会インフラへの貢献性」など、やりがいを感じられる場面もあります。人々の住居や公共施設などの建築ニーズは常にあり、施工管理業務として活躍できる機会は多いでしょう。

施工管理業務の課題

しかしながら、施工管理業務には課題があります。
主に3点紹介します。

人手不足

施工管理者の数は、年々減っています。新卒の3年以内離職率は、全産業と比べても高い約30%。高い離職率から慢性的に人手が足りなくなっています。

仕事のニーズはあるにもかかわらず、施工管理者が離職してしまう主な理由は、以下を挙げられるでしょう。

・長時間労働
・休日出勤
・割に合わない給与
・年功序列制

施工管理は業務量が多くなりがちで、長時間労働・休日出勤は当たり前ともなっています。また、激務に対して見合った給与が支払われにくく、基本的には「年功序列制」で給与が決まります。実力があっても、キャリアアップできない点もマイナスに作用するでしょう。

アナログ作業

先ほど触れた長時間労働の原因となっているのが、「アナログ作業」です。
例えば、建築業界ではいまだに「書類を紙で作成・管理する」慣習が残っています。紙はプリントアウトして持ち運ばなければならなかったり、雨風で汚れてしまったりと、管理に手間がかかりがちです。電子データにしてファイル管理すると、社内外への共有もスピーディにおこなえるでしょう。

政府はこういった状況を鑑みて、「建設DX」を代表とする政策方針を打ち出しています。建設DXとは、簡単にいえば、デジタル技術を用いて業務を効率的にするもの。できる部分は、アナログからデジタルに切り替える必要があるでしょう。

高齢化

国土交通省の調査によると、建築業界では高齢化が進んでいます。これまでに55歳以上の高齢人材は、就業者数の約3割まで増えました。今、55歳の人材は10年後に65歳で、ほとんどの方が引退を迎えるでしょう。

一方、ベテラン層が抜けた穴を埋める若年層は、新卒3年以内の離職率が高く、十分に育っているとはいえません。膨大な業務のなかで、指導者が育成まで手を広げられていないことも原因に挙げられます。

ベテラン層が育成に携われるうちに、次世代を担う人材を育てる必要があるでしょう。

施工管理業務を効率化するツール

これらの課題を解消するためには、業務効率化ツールの導入が重要です。
ツールで作業をデジタル化し、業務負担を抑え、人手不足・指導不足をカバーしていく狙いです。

具体的なツールを5つ紹介します。

スマホ・タブレット

スマホ・タブレットを現場に導入しましょう。メールやメッセージのやり取りを外出先からおこなえます。画面上で書類を見られるため、持ち運びにも便利です。現場写真のカメラとしても機能するでしょう。

さらに、スマホ・タブレット対応のITツールも多く、アプリなどをダウンロードできる点も魅力です。

ドローン

最近のドローンは、建築現場に活躍の幅を広げています。例えば、「測量できる」、「遠隔操作で現場をチェックできる」、「高所など危険な場所へ立ち入れる」といった利用が可能です。安全管理の面でもメリットがある、便利なツールといえるでしょう。

操作方法もラジコンに近く、仕事ながらも楽しめる点も魅力かもしれません。

AR・VR

AR(Augmented Reality)とは、現実世界にバーチャルなモノを見える化させるものです。例えば、流行した「ポケモンGO」はあたかもポケモンが実在するかのように、(スマホ画面上の)風景にポケモンを表示させました。
一方の、VR(Virtual Reality)は、現実世界をベースにするのではなく、完全なバーチャル空間を体験するもの。例えば、VRゴーグルをつけて、ゲームのバーチャルな世界を楽しめます。

娯楽のみならず、AR・VRは建築現場でも使われています。例えば、「危険予知などの研修を映像で流す」、「完成した建築物を、風景のなかに表示させる」など。現場作業だけでなく、営業や設計にも利用できるでしょう。

BIM・CIM

設計ソフトのBIM・CIMを使うことも一つです。3Dでリアリティのある設計を手掛けられるでしょう。施主や設計者、現場作業員とのイメージ共有も簡単になり、現場管理にも役立ちます。

管理システム

施工管理にまつわる、工程管理や原価管理、帳票管理などの機能を備えているのが「管理システム」です。スマートフォン・タブレット対応のシステムが登場しており、いつでも・どこでも利用できます。

システム上に情報を集約することで、社内外のコミュニケーションを円滑化し、根本から業務効率化を図れるでしょう。

おすすめの効率化ツールはAnyONE!

AnyONE公式サイト
おすすめの施工管理システムは「AnyONE」です。建材販売会社のナカザワ健販が開発し、10年以上の月日をかけて改善をくり返してきました。現場の声をもとに開発されているため、かゆいところまで手の届く便利なシステムとなっています。
すでに「導入企業2,700社以上」、「ユーザー数10,000超」、「お客様継続率99.4%」を誇るシステムとして人気を博しています。

【AnyONEの機能】
顧客管理
帳票管理
工事管理
物件管理
実行予算管理
支払い管理
請求・入金管理
図面・写真管理
アフター・メンテナンス管理

施工管理に欠かせない帳票管理や工事管理、物件管理、図面・写真管理が搭載されています。システム上では、150種類以上の帳票を利用できます。施工管理では膨大な数の書類を扱いますが、簡単に作成・変更できるでしょう。
さらに、支払い管理や請求・入金管理などのバックオフィス業務も、AnyONEだけでカバーできるオールインワンのシステムです。

また、無料でエクセルテンプレートメールテンプレートを公開中です。社内でのフォーマット統一に悩んでいる場合は、利用してはいかがでしょうか。

まとめ

施工管理における人手不足・アナログ作業・高齢化などの課題を解決するために、便利ツールが導入されています。ドローンやAR・VR、BIM・CIM、管理システムを活用して、効率化・生産性向上につなげましょう。

AnyONEのような管理システムを選ぶ際には、自社の課題を解決できるサービスを選びましょう。以下では、各社の施工管理ソフトを機能比較しています。サービス検討時の参考としてください。
【2021年最新版】工務店向けITツール比較

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン