施工管理ソフトとは?省人化に役立つおすすめソフトを紹介!

施工管理ソフトとは?省人化に役立つおすすめソフトを紹介!

施工管理ソフトとは、建築物の着工から引き渡しまでに発生する業務をデジタル化するもの。施工管理では、膨大な業務が発生しがちで担当者への負担も大きくなっていました。ソフトの導入により、事務処理を簡略化できたり、テレワークにも対応できます。

今回は、施工管理の概要や課題、ソフト導入によるメリット・注意点について解説します。

施工管理とは

施工管理とは、工事現場を管理することです。着工から引き渡しまでの全工程を管理し、スケジュール通りに建築物を完成させます。

管理する範囲は、スケジュールに限りません。人材や資機材、予算、原価、安全など、多岐にわたる業務を管理します。
さらに、複数の作業を同時並行で進める「マルチタスク能力」や、社内の他部署や協力会社と連携する「コミュニケーション能力」を求められる立場です。

人手が足りない施工管理者

建築市場は、2020年以前、東京オリンピックによる都市部の施設・再開発需要が高まりました。2021年はやや落ち込んだものの、2022年には回復基調にあり、今後も需要を見込めるでしょう。

建築現場に欠かせない存在である施工管理者ですが、慢性的な人手不足に陥っています。なぜ仕事はあるにもかかわらず、人手が足りないのでしょうか?

主な理由は2点考えられます。

まず、「3Kイメージによる若者離れ」です。
昨今の若年層は、仕事とプライベートのバランスを重視する傾向にあります。以前より3K(きつい・汚い・危険)のイメージを抱かれがちな建築業界は、彼らから避けられているといえるでしょう。
実際に若年層の建築業界入職者数(大卒・高卒)は、平成7年の約78,000人から平成27年には約40,000人まで減少。少子化により若年層の人口は減っているため、人材の獲得競争は激化しています。
(参照:建設就業者の現状|国土交通省

次に「リーマン・ショックによる大量離職」です。
2008年に起こったリーマン・ショックにより、世界規模で金融危機が訪れました。日本経済が落ちこみ、それに伴い建築需要も大幅に減少。仕事が無ければ収入が途絶えてしまうため、当時、熟練だった作業員・職人が業界から離れてしまったのです。

その後、市場が回復したものの、彼らが完全に現場へ戻ることはありませんでした。現場で主力となるベテラン層が抜けてしまい、建築業界は慢性的な人手不足に陥ります。

省人化できる施工管理ソフトとは

人手不足に対し、有効な一手となるのが「施工管理ソフト」です。
施工管理ソフトとは、施工管理業務をデジタル化することで、少ない人員で効率的に仕事を進められるソフトです。

主に以下の機能を備えています。

・受注管理
受注した工事の契約内容・金額・契約日・工期などの情報を管理・登録する機能です。工事ごとの情報をソフトに集約させられます。

・実行予算管理
現場ごとに必要となる人材・資機材などを計算して、実行予算を作成します。ソフトによっては、見積書をベースに自動で実行予算を算出することも可能です。

・発注管理
実行予算をもとに発注業務を進めますが、ここもソフトでおこなえます。発注金額は、企業の利益を含んで設定することも可能です。

・請求・支払い・入金管理
特に中小零細企業では、資金繰りに注意しなければなりません。工事が長引けば、予定通りに資金を回収できず、「黒字倒産」につながる恐れもあります。
施工管理ソフトを導入すれば、資金に関わる請求・支払い・入金をまとめて管理可能です。ソフトによっては、入出金日にアラームをかけることも可能です。

施工管理ソフトのメリット

施工管理ソフトは主に3つのメリットがあります。

テレワーク対応

施工管理ソフトは、基本的にパソコン・スマートフォン・タブレットで使用可能です。現場や自宅、出張先からソフトを利用できます。

これまで紙面での情報管理では、オフィス・事務所まで移動しなければ、情報を確認できませんでした。しかし、インターネット環境さえ整えれば、テレワークを実現できます。より円滑に業務を進められるでしょう。

事務処理の簡略化

ソフトでは、膨大な数の書類をデータとして作成・管理できます。エクセルによる管理では、「担当者によってフォーマットがバラバラ」「関数の設定ができない」などの課題がありました。

しかし、施工管理ソフトでは、エクセルの課題を解決できます。たとえば、施工管理ソフトの「AnyONE」では、150種類以上もの帳票テンプレを利用でき、効率的な事務処理が可能です。

リアルタイムの情報共有

エクセルでの管理は、更新したファイルを自社サーバーにアップロードするまで最新の情報共有ができませんでした。つまり、現場とのタイムラグの生じやすさが課題に。
しかし、ソフトでは直接入力することができ、リアルタイムで情報共有できます。社内外への情報共有もスムーズになるため、より効率的に業務を進められるでしょう。

無料(フリー)の施工管理ソフトの注意点

施工管理ソフトには、有料版と無料(フリー)版が存在します。予算削減のために無料版を選ぶかもしれませんが、注意点が2つあります。

他システムとの連携が困難

社内ですでに導入している他のシステムと、無料版では連携できない可能性があります。せっかくソフトに情報を入力しても、連携していなければ、システムごとに再入力しなければなりません。

また、「過去の情報を引き継ぐ」という面でも問題が生じます。エクセルを主軸に管理してきた企業では、エクセルとソフト間での連携が取れないと、これもまた再入力することとなります。

トラブル時のサポートが不十分

無料版は、無料であるがゆえに十分なサポートを受けられません。導入時に操作方法について解説してもらえず、またトラブル時には即座にサポートしてもらえません。
現場ではスケジュール通りに工事を進めるため、1分1秒を争って作業しています。ソフトのトラブルが発生してから、解決までに数日かかるようでは、施工管理業務に支障をきたすでしょう。

あるいは、サポートを希望する場合に、別途、コストを支払う可能性もあります。費用がかかるなら、わざわざ無料版を使わず、最初から有料版を選んだほうが効率的でしょう。

おすすめの施工管理ソフトはAnyONE!

AnyONE公式サイト
さまざまな種類のある施工管理ソフトの中で、おすすめは「AnyONE」です。
AnyONEは、工程表作成や見積書作成、実行予算作成、受発注管理、顧客情報管理、日報作成など、施工管理に必要な機能が集約されています。さらに、顧客管理や請求・支払い管理、アフター・メンテナンス管理など、営業・事務担当者が嬉しい機能も利用可能です。

エクセルとの相性も抜群で、内容をソフト上にコピー&ペーストできます。また、操作性もエクセルに近いため、ITツールに苦手意識のある方でも安心できるでしょう。
契約から導入するまでに事前講習を受けられるほか、導入後には、電話・メールによる「ヘルプデスク」でのサポートを受けられます。

また、現在、無料でエクセルテンプレートメールテンプレートを配布しています。社内でのフォーマット統一に悩んでいる場合は、利用してはいかがでしょうか。

まとめ

施工管理ソフトの導入により、事務処理の簡略化やリアルタイムの情報共有が可能となります。しかし、無料版ソフトを選ぶと、かえって不便になるかもしれません。AnyONEのようなシステムを導入にして、自社業務を根本的に改善してはいかがでしょうか。

以下では、各社の施工管理ソフトを機能比較しています。サービス検討時の参考としてください。
【2021年最新版】工務店向けITツール比較

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン