工程管理アプリのメリットや選ぶポイント、おすすめシステム

工程管理アプリのメリットや選ぶポイント、おすすめシステム

工程管理アプリとは、スマホ・タブレットなどで工程管理するアプリです。テレワーク対応や生産性向上などに役立ちます。アプリの選び方をおさえることで、自社の業務改善につなげられるでしょう。

今回は、工程管理アプリの概要やメリット、選び方、注意点などを解説します。

工程管理アプリとは

工程管理とは、建築現場の着工から引き渡しまでの工程を管理することです。
単なるスケジュール管理に限らず、工事品質や生産性を高める目的で実施します。
工期が早まったとしても仕上がりが雑になっていたり、ミスが原因で現場スタッフに業務負担が生じることは避けなければなりません。
工程管理の実施により、品質を高く維持しつつ、現場でのミスを減らすことが可能です。

工程管理アプリとは、スマホ・タブレットなどで工程管理するアプリのこと。基本的には端末にアプリをダウンロードして利用します。

主な機能

工程管理アプリの主な機能には、工程表の作成・管理、図面・写真管理、日報管理などがあります。

現場ごとの工程表を作成して、そのデータを共有できます。また図面・写真管理では、現場にまつわる図面・写真データを利用可能です。日報管理では、日々の日報データを作成・管理できます。

上記以外にも工程管理に必要な機能が搭載されています。

工程管理アプリ導入のメリット

主なメリットは、3点です。

テレワーク対応

2020年以降広まったテレワークに対応できます。非対面でもスマホ・タブレットを通して、工程管理ができるように。
アプリの機能が充実していれば、1台の端末で業務を一元管理できるでしょう。わざわざ事務所に戻ったり、電話確認する手間も省けます。

工務店もテレワーク!メリット・デメリットと賢い導入方法を紹介

工務店もテレワーク!メリット・デメリットと賢い導入方法を紹介

現場情報の統一

工事現場における課題の一つに「情報管理の難しさ」が挙げられます。
現場ごとに必要となる情報は膨大で、これらを整理するためには大きな手間がかかるでしょう。

従来のようにエクセルで管理する場合、「最新のファイルがどれかわからない」、「同時編集ができない」などの不便が生じていました。
しかし、工程管理アプリではリアルタイムで情報が反映されるため、これらの問題を解消できます。

生産性の向上

これまでアナログを中心に業務を進めていた工事現場では、情報管理に代表するような非効率がさまざまあります。
これらの業務を効率化すれば、生産性の向上につなげられるでしょう。

生産性の向上により、従業員にかかっていた業務負担を減らし、残業時間を短縮できます。
長時間働くほどミスを起こしやすくなるため、トラブル防止の面でも生産性向上に貢献できるでしょう。

工程管理アプリ選びのポイント

工程管理アプリを選ぶ5つのポイントを解説します。

機能

自社で掲げる目標・ビジョンを達成するために、必要な機能を備えたアプリを選びましょう。
そのためには、まず自社で抱えている問題点をあぶり出すことが大切です。
現場や事務、営業の担当者から話を聞き、「どんな問題を感じているか?」を聞いてみてください。

次に、浮かびあがった問題点の優先順位を決めましょう。
例えば「帳票の処理に時間がかかっている」と「見積もり作成でミスが起こりやすい」などの問題があった場合。
「どの問題が業務により大きく、深く悪影響をもたらしているか」を軸に判断します。

最後に、優先度の高い問題を解消するために必要な機能を考え、アプリを選んでください。

費用

工程管理アプリには、無料版と有料版があります。
無料版はコストゼロで導入できるため、ほとんどのケースではこちらを選ぶかもしれません。
しかし、無料版には「使える機能が限定される」、「顧客サポートを受けつけていない」などの不便も生じやすいです。

無料版をお試しとして機能を確認しつつ、全社的に導入する際には有料版を選んではどうでしょうか。
有料版では多機能を有し、充実したサポートを受けられるアプリも存在します。

PC・スマホ対応

工程管理アプリがスマホ・タブレットだけでなく、PCにも対応しているかチェックしてください。
スマホだけ、パソコンだけのアプリでは使い勝手が悪くなるかもしれません。社内で配布されている端末も踏まえて選択しましょう。

システム連携

工程管理アプリでは、他のシステムと連携できないケースもあります。
例えば、帳票の作成・管理でアプリを利用したとしても、アプリ内でエクセルが扱えないことも。
あるいは、他の顧客管理や支払い管理に利用しているシステムとの連携が取れないこともあるでしょう。
連携できなければ、アプリの導入でかえって業務が不便になるかもしれません。できるだけ連携可能なアプリを選びましょう。

言語

対応言語についても調べることが大切です。
海外で開発されたアプリでは、英語や中国語などの外国語にしか対応していないケースもあります。
現場で利用するスタッフのほとんどは、日本語を第一言語とするため、日本語対応のアプリを選びましょう。

工程管理アプリの注意点

工程管理アプリ選びでは、以下の点に注意しなければなりません。

まず機能やサポートが限定される点です。
単一の機能しか使えなかったり、「登録できる工程表の数は10まで」などと機能を制限されたりするケースです。
あるいは、利用時に疑問点・不明点があったとしても、十分なサポートを受けられないことも。
「操作方法がわからない」「データを移行する方法がわからない」などのトラブルに見舞われることもあるでしょう。

次に、動作環境についてです。パソコンに対応していないアプリでは、利用シーンが限定されるかもしれません。
テレワークなどの多様な働き方に対応するためには、幅広く動作環境をカバーしているほうが望ましいでしょう。

おすすめの工程管理システム

AnyONE公式サイト
スマホ・タブレットでの利用が中心となるアプリでは、機能・サポート、動作環境などで不便を感じるかもしれません。
これらを解消するためには「工程管理システム」の導入がおすすめです。
工程管理に留まらず、さまざまな機能を有しており、サポート体制も充実しています。

おすすめの工程管理システムは、「AnyONE」です。すでに2,700社以上に導入され、お客様継続率は99.4%を誇る業界屈指の人気システムです。

多機能で工務店のあらゆる業務に対応します。

【AnyONEの機能】
顧客管理
帳票管理
工事管理
物件管理
実行予算管理
支払い管理
請求・入金管理
図面・写真管理
アフター・メンテナンス管理

社内の情報をシステム上で一括管理でき、リアルタイムの情報共有を実現します。帳票・書類などもシステム経由でスムーズに作成できるでしょう。

AnyONEでは導入サポートが充実しています。導入を決めてから運用を始める前に、操作方法について講習の実施も可能です。導入後にもメール・電話でのヘルプデスクも受けられます。

このように社内のテレワーク対応、現場情報の統一、生産性向上に役立つ工程管理システムがAnyONEです。

まとめ

工程管理アプリは、スマホ・タブレットで手軽に使えるアプリです。生産性の向上や情報の一元化に役立つでしょう。しかしながら、機能面や動作環境で難点が生じやすく、AnyONEを代表とするシステム導入が望ましいといえます。

AnyONEの導入効果をストーリー(漫画)でわかりやすくまとめた資料をご用意しました。こちらを導入の検討材料としてはいかがでしょうか。
マンガ_730-382

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン