工事現場管理ソフトとは?導入の注意点やおすすめサービス

工事現場管理ソフトとは?導入の注意点やおすすめサービス

工事現場管理ソフトとは、工事を進める際に発生するさまざまな業務をデジタル化するソフトです。ソフトの導入で作業効率化や収益改善などにつなげられるでしょう。ただし、導入時には機能や運用のサポートについて注意しなければなりません。

今回は、工事原価管理ソフトの機能や目的、メリット、注意点について解説します。

工事現場管理とは

工事現場管理では、主に以下の業務内容を担います。

・スケジュール管理
工期までに建設物を完成させるため、スケジュールを管理します。天候の影響や資機材の調達などを考慮に入れながら、不測の事態にも備えたスケジューリングが大切です。工程表を用いて、効率的な計画を立てることが一般的です。

・作業員や資機材の管理
現場で求められる人材の確保や資機材の調達をおこない、工事を進捗させます。適切な人材・資機材を投入することが、コスト削減の面でも重要です。トラブルや安全にも配慮しつつ、采配することは知識・経験も必要となります。

・経費や予算の管理
工事現場では、「見積もり時点の計算では黒字だったのに、引き渡し時には赤字だった」という収支面のトラブルが起こりがちです。工期に間に合わせるためなら、人材・資機材をとにかく投入すればいいわけではありません。最終的な利益を想定しつつ、経費と予算のバランスを考えることも、重要なポイントです。

・安全管理
人命に関わる事故には、特に注意しなければなりません。工事現場ではさまざまなリスクが潜んでいるため、徹底した安全管理が求められます。安全に業務を遂行するルール作りだけでなく、それを遵守させる意識管理も重要です。

・書類の管理
工事現場に関連する書類を作成、管理することも業務の一つです。見積書や報告書、指示書などさまざまな書類を処理することとなります。

こういった業務を一手に担う役割が、工事現場管理の業務内容です。業務範囲は多岐にわたるため、マルチに業務を進める能力を求められるでしょう。そもそもの業務ボリュームも多く、担当者に負担が集中しがちです。

工事現場管理ソフトとは

工事現場管理ソフトとは、これらの業務をデジタル化するITツールです。専用ソフトをパソコンやスマホ、タブレットなどで使用することで、効率的に業務を進められます。インターネットを介して、テレワークにも対応できる優れものです。

主な機能

工事現場管理に留まらず、工務店全体の業務にも対応できる点が魅力です。

・工程管理
現場ごとの工程表を作成、編集、管理できます。工程表のテンプレートを用意しているソフトもあります。自社内で作成する手間も省けるでしょう。

・実行予算管理
同じく実行予算を作成、編集、管理できます。実行予算からおおよその利益を見込めるでしょう。また、赤字となりそうな場合には、早期に対策を打つこともできます。

・発注管理
発注先や費用などの発注データを管理します。経理担当者との連携もスムーズになるでしょう。

・支払い・請求管理
現場で発生する支払い、請求情報について管理します。請求情報からリアルタイムで原価管理することも可能です。

・日報管理
日報を作成、編集、管理できます。上司への確認も円滑におこなえるでしょう。

こういった機能以外にも、工事現場管理ソフトごとに異なる機能を備えています。

工事現場管理ソフト導入の目的

よくあるソフト導入の目的を紹介します。

作業効率化

工事現場管理担当者の負担は、大きくなりがちです。建設業全体でも、高離職率・少子高齢化による人手不足や、長時間労働などの問題を危惧しています。
これを解消するために、国は建設DXを政策として打ち出しました。
デジタル技術の一つとして、工事現場管理ソフトを導入により、これまでのアナログ作業をデジタル化し、作業効率化につなげられるでしょう。

納期遵守

納期遅れは、建設業で最も多いトラブルの一つと言っても過言ではありません。
最近では、コロナ禍での住宅特需により、木材価格が高騰する「ウッドショック」も要因に挙げられます。
木材の供給不足により、通常の納入より遅れることもしばしばです。
こういった不測の事態にも、工事現場管理ソフトで人員配置などを調整することで納期のズレをできるだけ抑えられるでしょう。

収益改善

適切な人員配置や資機材の調達により、コスト削減につなげることが可能です。
最新の情報をソフトに入力すれば、社内でもリアルタイムの収支状況を共有できます。赤字が発生する恐れがあれば、早期に対策を打てるでしょう。

工事現場管理ソフト導入の注意点

導入によるメリットは大きい一方で、以下の点には注意しなければなりません。

過度な機能

基本的には、納期遵守や収益改善といった目的を達成するための機能を備えるソフトを選びます。
ただ、求めている機能以外があまりに多いと、宝の持ち腐れとなるかもしれません。一方で、「実際に導入してみたら機能が不足していた」という事態も起こり得ます。

サービス提供会社と入念に打ち合わせをして、最適な機能を有すソフトを選びましょう。

運用体制

単にソフトを導入しても、現場で定着しなければ意味がありません。
特に導入時には、「操作のやり方がわからない」「誰がどのデータを入力するか決まっていない」などの運用トラブルが発生しがちです。
サービス提供会社から受けられるサポートについて調べ、きちんと定着するかも考慮しましょう。

無料(フリー)版

ソフトには、有料版と無料版があります。
コストだけを考えれば無料版が望ましいかもしれません。しかし、無料版であるが故に「一部の機能しか使えない」「十分なユーザーサポートを受けられない」などのトラブルも。
費用対効果に見合うソフトであるなら、有料版を選んだほうが長期的な視点からも望ましいでしょう。

おすすめの工事現場管理ソフト

AnyONE公式サイト
作業効率化や納期遵守、収益改善などを達成するためにおすすめの工事原価管理ソフトは「AnyONE」です。
実績として「2,700社以上に導入」「お客様継続率99.4%」を誇ります。

工事現場管理だけでなく、営業や事務、経理に使える機能を搭載しています。

【AnyONEの機能】
顧客管理
帳票管理
工事管理
物件管理
実行予算管理
支払い管理
請求・入金管理
図面・写真管理
アフター・メンテナンス管理

顧客管理では、顧客の基本情報から営業履歴まで記録できます。図面・写真管理では、設計や報告で必要となるデータを一括管理できるでしょう。
また、アフター・メンテナンス管理として、リコールのかかった商品名から顧客データを検索できたり、数十年先のメンテナンスにアラームをかけることも可能です。

さらに、エクセルとの親和性も良く、コピー&ペーストで内容をシステムへ貼りつけできます。エクセルに近い感覚で操作できるため、導入のハードルも下がるでしょう。

検討時に、営業担当者からデモで操作性をご覧いただけます。
また、導入決定後から稼働前にオンラインで操作講習を実施。メール・電話などでのヘルプデスクも受け付けています。

まとめ

工事現場管理担当者への負担は大きなものです。業務負担を解消するためにも、工事現場管理ソフトの導入を検討してはいかがでしょうか。導入時には、機能やサポート体制をチェックして、自社に最適なソフトを選びましょう。

以下では、今回紹介したAnyONE導入効果をストーリー(漫画)でわかりやすくまとめた資料をご用意しました。こちらを導入の検討材料としてはいかがでしょうか。
マンガ_730-382

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン