工事現場アプリの魅力とは?注意点を補うおすすめシステム

工事現場アプリの魅力とは?注意点を補うおすすめシステム

工事現場アプリは、工事現場で発生する業務を、アプリを介してデジタル化します。建築現場の業務効率化、リアルタイムでの情報共有に役立ちます。ただし、「特化型」かつ「未連携」のアプリが多い点に注意しなければなりません。

今回は、工事現場アプリの導入メリットや機能、注意点について解説します。

工事現場アプリとは

工事現場アプリは、工事現場で発生する業務を、アプリを介してデジタル化するものです。スマホ・タブレットにインストールして使用します。無料版と有料版のアプリがあるほか、iOS対応とAndroid対応にも分かれます。

導入時には、予算の確保だけでなく、自社で使用している端末のOSも踏まえて、選ぶことが大切です。

工事現場でアプリを使うメリット

主に3点のメリットを享受できます。

業務効率化

手作業でおこなっていたタスクを効率化できます。これまで建築現場では、紙やエクセルなどのアナログを中心に業務を進めてきました。
しかし、物理的あるいはファイルでの管理には不便が起こりやすく、担当者への負担が大きくなる点が問題に。

工事現場アプリの導入で、例えば、いちいち書類を印刷して現場に持参しなくとも、スマホ・タブレット上で表示できます。
これら一つ一つのタスクを効率化することで、企業全体の効率化につながるでしょう。
ひいては、人員不足や長時間労働に悩む工務店の課題も解決できます。

スマホ・タブレットで使用可能

アプリは、スマホ・タブレットにインストールすれば、使用できます。現場に関連する書類を何十枚と持ち運ばなくとも、たった1台で完結します。

まだ従業員に業務用のスマホ・タブレットを配布していない場合は、導入したいアプリに応じてOS(iOS/Android)を選んでもいいでしょう。

リアルタイムの情報共有

スマホ・タブレットのアプリで情報を入力すると、リアルタイムで社内や協力会社間に情報を共有できます。
現場に関する情報をインターネット経由で取得できるため、事務所まで戻って確認する時間・手間も省けるでしょう。

意思決定に必要な情報がリアルタイムで集約され、迅速な意思決定を実現できます。
「上司が事務所に戻ってくるまで確認できない」、「会議の実施まで情報を共有できない」などの非効率も解消できます。

工事現場向けアプリの機能

代表的なアプリの機能について紹介します。

写真管理

工事完了報告書などで使用する写真データをアプリ内で管理する機能です。
単に写真データを共有するだけでなく、データに現場名・日付・撮影場所などの情報を紐づけられるアプリもあります。

データの保存料はアプリにより異なります。ただ、数千枚のデータを扱える場合もあり、多くの現場を抱えている担当者にも便利に使えるでしょう。

図面管理

現場ごとの図面データを管理する機能です。写真管理と同じく、膨大なデータをアプリに集約できます。
スマホ・タブレットのアプリ画面サイズは、A4よりも小さいケースがほとんどですが、縮小・拡大を自由におこなえることも。図面の細かな部分まで確認できます。

また、書き込み機能を搭載するアプリも存在します。図面にペンで書き込む感覚で、スマホ・タブレット画面から書き込みが可能です。
図面を見ただけでは伝えられない細かな指示も、書き込みで実現できるでしょう。

チャット

チャット機能は、社内・協力会社間のスタッフたちとメッセージができる機能。
従来のメールでのやりとりは、宛先の設定や挨拶文などの入力に手間がかかることが課題の一つでした。
しかし、チャットを利用することで、短文のメッセージを瞬時に送れてスピーディなコミュニケーションが実現します。
もちろん、ファイル添付などの機能も利用できます。

SNSなどプライベートで使用するメッセンジャーも選べますが、情報漏えいなどセキュリティの観点から望ましいとは言えません。
業務専用のチャット機能を選ぶことがおすすめです。

電子小黒板

これまで現場の撮影時には、撮影場所や工種、略図などの情報を小黒板に書き込み、写し込んでいました。
ただ、情報を手書きすることが面倒だったり、日光の反射や手ブレでうまく撮影できなかったりという不都合も。
その点、電子小黒板は、電子データとして小黒板に書く情報を写真上にそのまま記載できます。

また、「改ざん検知機能」に対応しているアプリを選べば、情報管理の観点からも安心して利用できるでしょう。

日報

現場担当者は、当日おこなった作業を日報として上司などに報告することが一般的です。
紙で提出すると、上司に直接会えるまで報告できなかったり、あるいはエクセルで提出すると事務所でパソコンを開いてもらうまで報告できないなどの不便がありました。

日報アプリでは、スマホ・タブレットから即座に上司へ確認してもらうことができ、業務効率化を可能とします。
日報テンプレート付きのアプリもあるため、自社内でフォーマットを作成する手間も省けるでしょう。

工事現場向けアプリの注意点

利便性の高い工事現場アプリですが、以下の2点を注意すべきでしょう。
まず、ほとんどのアプリは特化型です。すべての機能を有しているわけではなく、ある機能だけに特化していることが一般的です。
例えば、写真管理機能は使えても、日報機能は使えないなど、不便も起こりやすいです。

「では、複数のアプリをインストールすればいいのでは?」と思うかもしれません。
しかし、ここで挙がる問題が、アプリ間での連携です。アプリ間で情報共有の連携が取れず、「一つ一つのアプリに同じ情報を入力しなければ、全体で情報統一できない」という問題が発生することも。
「片方のアプリはiOS対応だが、もう片方はAndroid対応」という問題も起こりかねません。

これらの問題点は、特に無料版アプリで起こりやすく、導入後に発覚してかえって現場での非効率を招くこともあるでしょう。

工事管理を効率化するおすすめシステム

AnyONE公式サイト
工事現場アプリの注意点を解消するために、おすすめできるツールは「工事管理システム」です。
簡単に言えば、工事現場アプリの上位互換にあたるツールで、多機能かつ他システムとの連携を円滑におこなえます。

現場からの声で開発された「AnyONE」は、これまで2,700社以上の導入実績とお客様継続率99.4%を誇る工事管理システムです。
パソコン・スマホ・タブレットで使用可能で、次のような機能を有します。

【AnyONEの主な機能】
顧客管理
帳票管理
工事管理
物件管理
実行予算管理
支払い管理
請求・入金管理
図面・写真管理
アフター・メンテナンス管理

写真や図面、日報などの管理はもちろん、顧客や帳票、実行予算、アフター・メンテナンスの管理まで手広く対応します。
エクセルとの親和性も抜群です。エクセルに近い操作感で動かせ、コピー&ペーストでエクセルの内容をシステム上に写せます。

導入を決めてから運用を開始するまでに、オンラインで操作講習を実施してもらえ、従業員に使ってもらいやすい体制を整えやすいです。

まとめ

工事現場アプリは、建築現場の人員不足や長時間労働を解決するために役立つツールです。しかし、運用時には不便も発生しやすいため、上位互換である「工事管理システム」の導入をおすすめします。

AnyONEの導入効果を具体的にイメージできるマンガを今回ご用意しています。「売上10億円を目指したい」工務店には必見の内容であるため、参考にしてください。
マンガ_730-382

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン