現場管理システムとは?メリットと無料(フリー)版の注意点

現場管理システムとは?メリットと無料(フリー)版の注意点

現場管理システムとは、現場業務の効率化を実現するシステムです。現場管理では、膨大な量の作業を進めなければならず、担当者の負担は大きくなります。現場管理システムを導入することで、より効率的に業務を進められるでしょう。
今回は、現場管理システムの概要やメリット、注意点、おすすめシステムについて解説します。

現場管理システムとは?

現場管理システムとは、現場業務の効率化を実現するシステムです。建設業では、近年、少子高齢化による人手不足、それに伴う長時間労働などが問題となりました。これらの問題を解決し、働きやすい環境にするため「現場管理システム」を導入する企業が増えています。

これまでアナログでおこなっていた業務を、デジタルに変えることで、効率的に業務を進められるでしょう。
パソコンに限らず、スマートフォンやタブレットでの利用ができるシステムが多く、現場にいながら資料・書類の確認が可能です。移動時間を省き、効率化につながるでしょう。

主な機能

主には、原価管理・工程管理・品質管理・安全管理の4機能を搭載しています。

・原価管理機能
工事現場で発生する原価を管理する機能です。案件の黒字化を目指すためには、細かな原価管理が求められます。原価情報をシステムに登録することで、リアルタイムで収益性を把握することが可能です。

・工程管理機能
工程管理は、スケジュール通りに工事を進めるために欠かせません。工事の進み具合を、リアルタイムで把握することで、工期遅れを防ぎます。

・品質管理機能
スケジュールだけでなく、工事の品質管理も担います。図面通りに工事を進められているかをチェック可能です。

・安全管理機能
工事現場では、ちょっとしたミスが大事故につながりかねません。ある従業員に作業負担が偏ることでも、ミスが発生する可能性は高まります。物理的な安全性だけでなく、人員配置から危険性を察知することもできるでしょう。

現場管理システムの導入メリット

現場管理システムを導入することで、いくつかのメリットを享受できます。

職場環境の改善

先ほども触れた通り、建設業では人手不足や長時間労働の問題が起こりがちです。これらの問題により、従業員の職場環境が悪化すると、トラブルが起こりやすくなります。最悪のケースでは、精神的な疲弊から離職に追い込まれることもあるでしょう。

現場管理システムの導入により負担を減らし、少ない人員で業務を回すことも可能です。残業時間を減らし、有給休暇の取得にもつなげられるでしょう。

コスト削減

現場管理を怠ると、業務のムダ・ムラ・ムリが発生しやすくなります。余分に人員を配置してしまったり、作業の二度手間も出てくるでしょう。その結果、人件費などのコストはかさんでしまいます。

適切に現場管理すれば、ムダ・ムラ・ムリを減らし、コスト削減が可能です。

採用活動の円滑化

建設業で人手不足に陥る原因の一つは、「厳しい労働環境で働くことになる」というマイナスイメージを求職者から抱かれていることです。特に20代〜30代の若年層は、ワークライフバランスを重視し、残業や休日出勤のある企業を避ける傾向にあります。

現場管理システムの導入で働きやすい環境を目指しましょう。「完全週休2日制」や「有給の高取得率」を実現できれば、他の建設事業者と差別化して、ブランドイメージを高められます。これからの企業を担う若手人材の確保もできるでしょう。

フリー(無料)現場管理システムの注意点

現場管理システムには、フリー(無料)のものと有料のものが存在します。予算のみを考えれば、フリー版を選ぶべきでしょう。しかし、安易に利用するとかえって現場を混乱させるかもしれません。その理由を2点解説します。

機能の制限

フリーの現場管理システムでは、機能が限定されがちです。現場管理といっても、「写真管理だけ」「工程表管理だけ」と一つの機能しか使えないケースも。部分的な業務しか効率化できません。

また他機能を有していても、オプションとして費用が発生することもあります。結局は、有料版と同じくらいの費用が発生する可能性もあり、「始めから有料版を選んでおけば良かった」と感じるかもしれません。

システム連携の制限

すでに他のシステムを社内で運用している場合、そのシステムとの連携も考えなければなりません。無料版では他システムとの連携に対応していないことも。連携できなければ、業務でいくつもシステムを扱うこととなり、かえって不便を招くかもしれません。ひとつのシステムに機能を集約できたほうがいいでしょう。

また、エクセルなどのデータとの連携も考慮する必要があります。エクセルで作成した帳票の情報をコピー&ペーストでシステムに写すことができれば、利便性は高まるでしょう。

導入サポートの制限

新しいシステムを社内で導入するとき、アナログを使い慣れていてITツールに苦手意識のある従業員には注意しなければなりません。操作の難しいシステムを使うと、かえって業務効率が下がる可能性もあります。

もちろん、提供会社からの導入サポートを受けられれば、問題ないかもしれません。しかし、フリー版ではそこまで対応しておらず、「導入したが、定着しない」というトラブルに見舞われることもあります。

おすすめの現場管理システム

AnyONE公式サイト
人手不足解消や職場環境の改善を図るためにおすすめのシステムが「AnyONE」です。
AnyONEは、現場の悩める声を集めて開発された現場管理システム。
すでに2,700社以上に導入され、お客様継続率は99.4%を誇ります。工務店をはじめとする建設事業者から支持される人気サービスです。

【AnyONEの機能】
顧客管理
帳票管理
工事管理
物件管理
実行予算管理
支払い管理
請求・入金管理
図面・写真管理
アフター・メンテナンス管理

さまざまな機能がオールインワンで搭載されています。現場に関連する情報を一括して管理でき、現場管理はもちろん、営業や事務などの他業務も効率化可能です。
現場ごとの収支を、実行予算管理や支払い管理、請求・入金管理で対応できます。また、顧客管理では、顧客の基本情報や営業履歴、図面などの情報をまとめて管理できるでしょう。

エクセルとの親和性も高く、エクセルの内容をコピー&ペーストしてシステムに貼りつけできます。これまでエクセルに使い慣れている担当者でも、難なく使いこなすことができるでしょう。
また、AnyONEでは導入サポートが充実しています。導入を決めてから実際の運用スタートまでに、オンラインにて操作講習を受けられたり、メール・電話などでサポートしてくれます。

このように企業全体の業務効率化に大きく貢献できる現場管理システムがAnyONEです。ちなみに、今なら無料でエクセルテンプレートメールテンプレートをダウンロードできます。

まとめ

現場管理システムとは、建設業が抱える人手不足・長時間労働などの問題を解決するためのシステムです。コスト削減や人材確保にもつなげられるでしょう。
フリー(無料)版のシステムはコストがかからない一方で、機能面・連携面・サポート面で不安が残ります。
AnyONEのように機能が充実し、的確なサポートを受けられる現場管理システムを導入してはいかがでしょうか?

下記では、各社の現場管理システムを機能比較しています。システム検討時の参考にご活用ください。
【2021年最新版】工務店向けITツール比較

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン