建築業向け工程管理ソフトとは?選び方や導入のコツを解説

建築業向け工程管理ソフトとは?選び方や導入のコツを解説

工程管理ソフトとは、スケジュールや原価、帳票などを管理して、業務効率化するソフトです。生産性の向上やトラブル防止、収益性の向上などに貢献します。

今回は、工程管理ソフトの概要やメリット、選び方、定着のコツについて解説します。

工程管理とは

工程管理は、現場の着工から引き渡しまでの工程を管理する業務です。
工事現場を工期通りに、品質を高く保ちつつ、利益を出せるように管理します。そのために、人材・資材・機材などをうまくコントロールすることが重要です。

着工前に工事をプランニングしますが、なかなか予定通りには進みません。天候に左右されたり、職人の体調不良が出たり、木材の納品が遅れたりと、さまざまなトラブルが発生することも。
これらのトラブルに見舞われたとしても、計画の修正をくり返すことで、目的の達成に近づけることも工程管理の役割です。

重要な役割である一方で、その業務負担は大きなものとなるでしょう。
現場の進捗を管理し、指示を出しながら、トラブル対応に追われたり、報告書・手続きの処理に追われるなど、工程管理の担当者には多岐にわたる業務が降りかかります。

こういった工程管理の業務を効率化できるツールが「工程管理ソフト」です。
工程管理ソフトは、主にパソコンやスマートフォン、タブレットで使用できます。スケジュール管理や原価管理、帳票管理などに強く、手作業で時間のかかっていた部分をデジタル化することが可能です。

工程管理ソフトの導入メリット

具体的なメリットを解説します。

生産性の向上

工程管理ソフトは、さまざまな業務の効率化を実現します。

特に時間がかかりやすい帳票管理に役立つでしょう。
工事現場に関連する見積書や図面、指示書、日報などの帳票を、紙ではなくデータで扱えます。
もちろん、エクセルでもデータ管理は可能です。ただ、ソフトを利用するとリアルタイムでデータの内容を反映でき、現場別・担当者別などにファイルを管理できます。

このように工程管理担当者の生産性を上げられるでしょう。

トラブル防止

工期遅れや人手不足、事故・ケガなどを未然に防ぐため、工程管理ソフトが役立ちます。

例えば、これまでアナログでおこなっていた作業を効率化でき、工期短縮につなげられるでしょう。効率化によって、現場で必要となる人員の削減も実現します。
さらに、時間外労働や休日出勤を減らせるようになれば、現場スタッフが十分な休息を取ることができ、疲労による事故・ケガを防ぐことも可能です。

収益性の向上

収益に関係する工程管理ソフトの機能として、実行予算管理や原価管理、支払い・請求管理などが挙げられます。
現場ごとの収支状況をデータ管理することで、収益性の向上につなげられるでしょう。
具体的には、予算と実値の差異を比べ、赤字となり得る要因をすみやかに察知できます。コストが膨れ上がる前に、抑えることが可能です。

経営者は、現場ごとの収支状況を把握することで、スピーディな経営判断をできます。資金繰りの悪化しやすい中小零細企業でも、健全な財政を保てるでしょう。

工事管理ソフトの選び方

工事管理ソフトを選ぶポイントを3つ紹介します。

導入形態

工程管理ソフトは、主に「オンプレミス型」と「クラウド型」に分けられます。
オンプレミス型は、自社内にサーバーやソフトウェアを構築して利用する形態です。
自社内のサーバーを利用するためセキュリティが強く、ゼロからカスタマイズできるという魅力があります。
ただ、自社内で管理するために専門スキルを有す人材を確保する必要があったり、あるいは外部に委託して構築するとしても導入コストがかかりがちです。

一方のクラウド型は、インターネット上のサーバーを利用し、ソフトウェアを構築します。その特性からインターネット環境さえあれば、どこからでもソフトを利用可能です。

外部の工程管理ソフトサービスを利用すれば、サーバーの保守・運用などを任せられるでしょう。
ただし、インターネットを介するため、セキュリティの情弱性に不安を感じるかもしれません。
セキュリティは、サービス提供会社が採用するサーバーのセキュリティに依拠することとなります。
なお、Amazon社が提供する「AWS」など、世界的なクラウドサーバーは高セキュリティであり、安心して利用できるでしょう。

機能性

搭載している機能で、工程管理の目的を達成できるかが最も重要です。
導入前には、自社内の業務フローを今一度確認し、「どの業務をどう改善すべきか」を明らかにしましょう。
工程管理担当者だけでなく、経理担当者や営業担当者の声に耳を傾けてみてください。

サービス提供会社によっては、課題を見つけるためのヒアリングまでサポートしてくれる場合もあります。自社の担当者では主観が入り、冷静に課題を見極めることができないかもしれません。
第三者の視点から課題を抽出してもらうことで、より効果的な業務改善につなげられるでしょう。

経理や営業でも利用できる、支払い・請求管理や顧客管理、アフター・メンテナンス管理なども搭載しているとより便利に使えます。

操作性

これまで建築業では、アナログを中心に業務を進めてきました。紙の書類やエクセルファイルでのやり取りが多かったといえます。
こういった慣習があるため、ITツールを十分に使いこなせる人材も限られるかもしれません。

工程管理ソフトの操作が難しいと、導入したとしても現場で定着しない可能性もあります。あるいは、ソフトに使い慣れるまで時間がかかり、かえって非効率を招くこともあるでしょう。

操作性はできるだけシンプルな工程管理ソフトを選ぶべきです。また、操作方法について丁寧にサポートしてくれるサービス提供会社を選ぶことが大切でしょう。

工程管理ソフト導入のコツ

現場での定着率を高めるために、2点の実践をおすすめします。

小規模プロジェクトで試す

いきなり全社で導入すると、切り替えの影響は大きくなってしまいます。また、従業員に対するソフト使用の強制力も生まれてしまうため、反発されるかもしれません。

まずは社内の一現場、一プロジェクトで実験的に導入してはいかがでしょうか。
そこで上がってきた声を参考に、機能の追加・変更やカスタマイズをおこない、全社での導入を検討する流れです。コスト面で考えてもリスクを最小限に抑えられます。

現場担当者に使ってもらう

現場やプロジェクトへの実験的な導入が難しい場合は、デモ機などを工程管理担当者に渡して、使用感を確かめてもらってはいかがでしょうか。
率直な感想をもとに、導入の可否を判断できます。

たとえ不満点があったとしても、導入時のサポートや機能のカスタマイズで解消できるかもしれません。

おすすめの工程管理ソフトはAnyONE

AnyONE公式サイト
工期遵守や収益性確保のために、工程管理ソフトを導入するメリットは大きいといえます。さまざまな工程管理ソフトが提供されているなかで、おすすめのソフトは「AnyONE」です。

AnyONEは、現場担当者の声をもとに開発された、建築業界特化のソフトです。現場や事務、営業など、社内のさまざまな業務をカバーしています。

【AnyONEの機能】
顧客管理
帳票管理
工事管理
物件管理
実行予算管理
支払い管理
請求・入金管理
図面・写真管理
アフター・メンテナンス管理

導入の提案にあたっては、自社課題のヒアリングから始めてもらえます。課題に応じて、適切な機能やサポートを受けられるでしょう。

操作面では、エクセルに近い感覚で操作できます。エクセルの内容をコピー&ペーストで、ソフトに貼りつけることも可能です。
操作に不安があったとしても、デモにて実際の操作性をお見せしたり、導入を決めてから稼働するまでにオンラインで操作講習を受けることもできます。

導入実績2,700社以上、お客様継続率99.4%の人気工程管理ソフトを選んではいかがでしょうか。

まとめ

自社に合った工程管理ソフトを導入することで、生産性・収益性の向上といったメリットを得られます。現場担当者は、作業時間を短縮して、定時退社や有給取得にもつなげられるでしょう。

今回紹介したAnyONEの導入効果をストーリー(漫画)でわかりやすくまとめた資料をご用意しました。こちらを導入の検討材料としてはいかがでしょうか。
マンガ_730-382

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン