施工管理アプリとは?導入メリットや選び方、注意点を解説

施工管理アプリとは?導入メリットや選び方、注意点を解説

施工管理アプリとは、施工管理業務で発生する情報を一元管理できるアプリです。
この記事では、施工管理アプリの概要やメリット、アプリを選ぶポイント、おすすめのアプリなどについて解説します。
施工管理アプリがあれば、施工管理担当者の業務負担軽減が可能となります。
業務効率化を図りたい工務店の担当は、参考にしてください。

施工管理アプリとは

施工管理アプリとは、建設現場の施工管理業務で活用できるアプリです。
アプリをスマートフォンやタブレットにインストールすることで、図面管理や工程表作成顧客情報管理など、さまざまな情報の管理、閲覧が可能となります。
施工管理アプリは各社から提供されており、アプリによって機能が異なりますが、一般的には以下の機能を搭載しています。

● 稼働管理:人員の調整や日程の調整をおこなう
● 工程表の作成・共有:アプリ上での作成が可能。共有はクラウドを経由する
● 写真・図面管理:工事写真や設計図などをアプリで管理・共有できる。紛失のリスクもなくなる
● 日報:スマートフォンを使えば現場から日報を作成できるため、帰社する必要がなくなる
● チャット:作業員や関係者などとグループでトークができる
● 営業管理:既存案件や過去の案件データを確認できる

施工管理アプリ導入のメリット

施工管理アプリのメリットは、リアルタイムでの情報共有、情報の一元管理、ペーパーレス化、長時間労働の改善の4つです。

リアルタイムでの情報共有

アプリにアップロードした情報は即座に反映できるため、リアルタイムでの情報共有が可能となります。
例えば工程に変更があった時、変更内容をアプリに掲載すると、社内外の関係者はすぐに確認できるため、伝達もれによるトラブルを回避できるでしょう。
また、いちいち全員に連絡をする必要がなく、施工管理者の手間も省けます。

情報の一元管理

施工管理アプリは情報を一元管理できるため、業務効率の向上を期待できます。
具体的には工程や日報、工事写真、図面など、施工管理に必要な情報はアプリをチェックすれば簡単に把握できます。
アプリの使い方に不明点がある場合はチャット機能で質問できるなど、アプリだけで施工管理業務の大半をカバーできるでしょう。
情報の一元管理で工事品質の維持・向上、ひいては顧客満足度向上にもつながります。

ペーパーレス化

写真や図面をアプリ上で管理・閲覧できれば印刷が不要となり、ペーパーレス化を実現できます。
わざわざ印刷して持ち歩く必要がなくなるため、持ち運びの手間軽減や印刷コスト削減も可能です。
また、施工管理アプリは基本的に検索機能を搭載しています。必要な写真や図面はアプリ上で検索してすぐに見つけられるため、業務効率も向上するでしょう。
もし自社と協力会社が同じ施工管理アプリを導入すれば、図面や写真はもちろん、請求書などの資料の共有もすべてオンラインで完結します。

長時間労働の改善

アプリは場所を問わず使用でき、長時間労働の改善につなげられます。
従来は、日報を確認するために帰社する、図面を会社で印刷してから現場に行くなど施工管理業務にさまざまな手間が伴っていました。
しかし、アプリがあればすべてスマートフォン上で完結するため、現場での隙間時間や移動中などに業務を進めることが可能です。
このようなに時間を効率よく活用できれば、残業時間も減り、長時間労働の改善にもつながるでしょう。

現場監督の残業が多い理由は?労働時間の現状と是正する方法

現場監督の残業が多い理由は?労働時間の現状と是正する方法

施工管理アプリの注意点

施工管理アプリの導入時にはいくつかの点に注意しなければなりません。
具体的な注意点を2つご紹介します。

無料アプリは機能が限定される

中には無料で利用できるアプリもありますが、機能が限定されるケースもあるため注意が必要です。
例えば、無料版だと「工程表の作成はできても見積書の作成はできない」、「利用回数に上限がある」などの制限がかかることも。
「できるだけコストをかけずに導入したい」と無料アプリを選ぶ場合は、あくまでもお試し程度の利用となる可能性があると認識しておきましょう。

他システムと連携できない

他のシステムと連携できないアプリもあります。かえって使い勝手が悪くなるかもしれません。
例えば、A社が提供している施工管理アプリにB社が提供している図面管理システムを連携させようとしてもできないといったイメージです。
連携ができないと、施工管理はアプリで、図面管理はシステムで使う必要があり、作業の手間が増えてしまいます。
アプリと他のシステムとの連携を想定している場合は、そもそも連携可能なのか、連携できる場合はどういったシステムと連携できるのか確認する必要があるでしょう。

施工管理アプリの選び方

施工管理アプリ選びのポイントは、情報の共有範囲と操作性、サポート体制です。

情報の共有範囲

施工管理アプリは、情報の共有対象をどこまで設定するかによって選ぶアプリが変わります。
具体的には社内のみなのか、顧客や関係会社を含めた社外も含めるのかといった点に注意しなければなりません。

社外の人とも情報を共有する場合は、閲覧権限を設定できるアプリを選びましょう。
例えば、顧客に原価の情報を見られないようにするために、社内の人間のみ閲覧権限を付与するイメージです。
また、社外まで情報を共有する場合、権限設定に加えて2段階認証を採用しているなど、セキュリティ面でも強固なアプリを選びましょう。

操作性

いくら優れたアプリでも使いづらいと意味がないため、操作性はチェックしておきましょう。
ITツールやシステムを苦手としている人や、アナログでのやり方に慣れている人も多いため、誰もが簡単に利用できるアプリが理想的です。
また、無料アプリを導入して操作性を確認したうえで、問題ないようであれば有料版へ移行もできます。

サポート体制

導入前はもちろん導入後まで含めたサポート体制の有無はチェックしておきましょう。
アプリ導入直後は、業務の進め方にも変化が生じるため、トラブルが発生しやすくなります。
ベンダーのサポートがないと、すべて自社で解決しなければならず大きな負担となるでしょう。
アプリを提供するベンダーが導入研修を実施していれば、活用してください。

おすすめの施工管理サービスはAnyONE

AnyONE公式サイト

各社が施工管理アプリを提供していますが、ここでは建築業での使用を想定して作られた「AnyONE」をご紹介します。
AnyONEは、工程管理や見積書作成、図面管理、受発注管理、実行予算作成など、建築業で発生する業務を集約した業務管理システムです。

導入時講習をおこなっており、オンラインでの操作説明が受けられるため、ITツールに慣れていない方でも安心して利用できます。
また、メールや電話でヘルプデスクも利用できるため、導入直後に万が一トラブルが発生しても相談可能です。
さらに追加費用を払えば、オンラインでの操作説明が別途受けられるため、導入時講習だけでは理解できなかった人をサポートできます。

まとめ

今回は、施工管理アプリの概要や導入によるメリット、アプリを選ぶ際のポイントなどについて解説しました。
施工管理アプリは、施工管理に伴い発生する情報を一元管理できるアプリです。
スマートフォンがあれば、場所を問わず施工管理業務ができるため、業務効率化にもつながります。
アプリを利用時は、情報共有の範囲をどこまでにするか、誰でも扱いやすいか、サポート体制は整っているか、といった点をチェックしましょう。

以下のコンテンツでは、AnyONEと他社システムの機能比較をしています。
施工管理アプリの導入を検討している、業務効率化を図りたいといった企業の担当者は、こちらも合わせてご覧ください。
【2021年最新版】工務店向けITツール比較

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン