工事見積書の諸経費とは?内訳や施主に伝えるポイントを解説

工事見積書の諸経費とは?内訳や施主に伝えるポイントを解説

工務店が工事見積書を作成する場合、諸経費も記載します。しかし、諸経費とはなにかわからない人もいるでしょう。
この記事では、諸経費の概要から内訳などの基本を解説します。顧客である施主に対して諸経費を説明する際のポイントについても取り上げているため、諸経費の取り扱いに困っている方は参考にしてください。

また、工務店向けにエクセルテンプレートを無料公開しています。業務に役立ててはいかがでしょうか。

諸経費とは?

諸経費とは、家を建てる際に必ず発生する費用のことです。逆にいうとこの費用がなければ家を建てることはできないと考えることもできます。諸経費に該当するものはさまざまですが、一例としては以下を挙げられます。

・作業車両のガソリン代
・作業車両の償却費
・写真代
・帳票代
・労務管理費
・福利厚生費
・事務用品代
・事務所家賃
など

諸経費の内訳

諸経費の内訳
先ほど紹介した諸経費の項目は、「現場経費」と「一般管理費」に分けられます。ここでは現場経費と一般管理費の概要について解説します。

現場経費

現場経費とは、建物を完成させるに当たって必要となる費用のことです。
例えば、作業人の労務管理費、事務所で使用する文房具などの事務用品費、ガソリン代などの交通費、労災や瑕疵担保保険などに対する保険料などがこれに該当します。
現場経費という名称の通り、実際に現場で発生する費用だと考えてください。

一般管理費

一般管理費とは、会社運営に必要な経費のうち、現場が負担する費用のことです。
例えば、作業員の給料である労務費や事務所の家賃、光熱費をはじめとした運営費、印紙代や登録免許税などにかかる租税公課などがこれに該当します。
建設工事に直接使用するお金ではないものの、企業としては欠かせない費用だと考えてください。

諸経費の相場

諸経費の相場
諸経費の相場は、一般的に施工全体に対して5%程度だとされています。
しかし、5%はあくまでも目安であり、工事によっては諸経費が20%程度になるなど、ばらつきがあるのが実情です。

そのため、工事見積書を施主に見せた際に「諸経費とは何ですか?」「高くありませんか?」「なぜ施主が諸経費を支払う必要があるのでしょうか?」などと聞かれることもあるでしょう。
施主との信頼関係を壊さないためにも、工務店の担当者は、諸経費の内容を的確に理解し、丁寧に必要性を説明することが大切です。

施主に説明するときのポイント

工務店の担当者が施主に対して諸経費の内容を説明するポイントについて解説します。無用なトラブル・クレームを避けるためにも参考にしてください。

安全・健全に工事するための必要経費

諸経費は、工事を安全かつ健全に実施するために必要不可欠な経費である、ということを覚えておきましょう。
施主は「家づくりにかかる費用は、材料や部品などだけでは?」と考えている可能性もありますが、実際には先ほども説明しているように、あらゆる費用が必要となります。
そして、これらの費用は工事を遅延や事故などの問題なく終わらせるために欠かせないものです。工務店の担当者は、その点を施主に伝えるようにしましょう。

交渉によって諸経費の価格を下げるケースもありますが、「諸経費がとにかく安ければいい」訳ではありません。諸経費が安いことで工事に必要な費用を確保できず、工事の品質が下がってしまう恐れがあるためです。

見積書作成を効率化する「AnyONE」

AnyONE公式サイト
ここでは、工事見積書を作成する際に活用できる便利なツールとして「AnyONE」を紹介します。AnyONEを使用することで諸経費をはじめとした各種費用項目も扱いやすくなるため、工務店の担当者は参考にしてください。

エクセルから原価をコピーできる

AnyONEは、エクセルの原価をコピーできるため、工事見積書をあっという間に作成できます。

これまでエクセルで工事見積書を作成していた工務店の中には、作成に手間取っていたケースも少なくないでしょう。また、業者からもらった見積もりの数値を施主に提出する工事見積書に転記することを手間に感じている工務店も多いはずです。

AnyONEを利用すれば、エクセルからコピペするだけで転記ができるため、作成に手間取りません。また、一括更新機能を使用すれば、さらに素早く工事見積書が作成できます。工事見積書の作成・提出に時間をかけないことは、顧客と商談を行ううえでは重要なポイントです。AnyONEを使ってスピーディーな工事見積書作成を実現してください。

ちなみに、無料でエクセルテンプレート4点(見積書・工事請負契約書・工程表・工事台帳)をダウンロードできます。業務に活用してはいかがでしょうか。

過去のデータから見積書を作成

AnyONEでは、過去の工事見積書のデータをもとに新しい見積書を作成できます。

工務店において、以前行った工事と似たような内容な工事を行う、複数の見積書を組み合わせれば今回の案件に合った見積書が作れる、といったケースは少なくありません。しかし、エクセルで工事見積書を作っていると、コピーによって計算式がおかしくなったり、日付の基準がずれてしまったりするケースもあります。

AnyONEを使用すれば、計算式や日付のずれなどは発生しません。また、AnyONEでは過去の工事見積書をもとに、テンプレートを作成できるため、作成に手間取る心配もないでしょう。

自動で諸経費を算出

AnyONEは、諸経費を自動で算出してくれる便利な機能を備えています。

工事見積書に諸経費を記載する場合、「諸経費だけが自社の利益になるような見積書作りたい」「工事原価の合計額に対して10%が自社の利益になる」など、扱いに手間取るケースは少なくないでしょう。

AnyONEは、工事項目が全て出揃ったうえで最後に諸経費を入力できます。そのため、工事の合計金額に対して指定した割合を諸経費項目として工事見積書に自動的に記載可能です。
諸経費の名目は企業によって異なりますが、AnyONEでは、名目を任意で設定することもできます。さらに、設定した割合や名目はユーザー単位で記憶しているため、工事見積書作成時にミスが発生する可能性も下げてくれるでしょう。

このように、AnyONEを使用すれば、諸経費の取り扱いを含めた、工事見積書の作成にかかる手間を大幅に軽減できるため、従業員の業務効率化にもつながります。

まとめ

今回は、工事見積書における諸経費の概要から、その内訳、施主に対して説明する際のポイントなどについて解説しました。
諸経費は工事を行うに当たって欠かせない項目ですが、施主の中にはなぜ諸経費が必要になるのか理解していない人も少なくありません。そのため工務店の担当者は、諸経費についてしっかりと理解し、説明できる準備をしておくことが大切です。

諸経費は重要なものであるため、工事見積書作成においてもミスがないように作成しなければなりません。
AnyONEの見積作成機能であれば、コピペによるデータの転記ができほか、過去の工事見積書にもとにした見積書を作ることもでき、業務の効率化を期待できます。導入を検討してみてはいかがでしょうか。

なお、以下のコンテンツではAnyONEを含めた業務管理システムの機能比較を行っています。業務システムの導入を検討している工務店の担当者、工事見積書作成をもっと手軽に行いたい方などは、こちらも確認してください。

【2021年最新版】工務店向けITツール比較

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン