工務店向け基幹システムとは?選び方やおすすめを紹介!

工務店向け基幹システムとは?選び方やおすすめを紹介!

住宅工務店の仕事内容は多岐に渡ります。そのため、部署間や社外との情報整理に課題を感じている方もいるのではないでしょうか。この記事では、そういった課題を抱えている方に向けて工務店向けの基幹システムについて解説します。
基幹システムを導入することで業務がどのように変化するのか、ITシステム導入を考えている工務店の方や、一般的な基幹システムについては知っているものの、工務店用の基幹システムについてはよくわからない方はぜひ参考にしてみてください。

工務店向け基幹システムとは?

anyone_工務店向け基幹システムとは?

まずは、基幹システムがどのようなものなのか、そして工務店向けの基幹システムにはどのような機能が備えられているのかを解説します。

 そもそも基幹システムとは

基幹システムとは、会社の各種業務に関する情報を管理できるシステムのことです。システムによって機能は異なりますが、一般的には顧客管理や受注管理、見積作成・管理、発注管理、請求書作成・管理、入金・支払管理などの機能を備えています。

これらの情報はエクセルを利用して管理することもできます。しかし、情報がどんどん蓄積されていくと、過去の情報検索が難しくなるほか、情報管理が属人化してしまうなど、不便な点があります。

基幹システムを利用すれば、エクセル利用時に発生するような問題点はないため、業務効率化を図ることもできるでしょう。

 工務店向け基幹システムの機能

基幹システムの中でも、工務店向けのシステムは、工務店の業務に特化した機能を備えています。以下は一例ですが、担当者別に様々な機能を備えていることがわかります。

工務店向け基幹システムの機能

工務店の中でも部署によって扱う情報や必要な情報は異なります。それぞれの部署で異なる方法で情報管理をしていると知りたい情報にアクセスするのが難しくなってしまいます。一方で、共通の基幹システムがあれば、部署に関係なく必要な情報にアクセスできるため、部署間での情報共有もスムーズに行うことができるでしょう。

工務店向け基幹システムの選び方

anyone_工務店向け基幹システムの選び方

ここでは、実際に工務店向けの基幹システムを選ぶ際のポイントについて解説します。様々な企業から基幹システムが展開されているため、ポイントを踏まえて自社に適したものを選ぶようにしましょう。

 業種(工務店)に特化した機能

工務店が基幹システムを選ぶ場合、自社の業務内容に応じた機能を備えているかどうかは、重要なポイントです。一般的な基幹システムだと、物件登録や工事登録、工程入力など、工務店の業務に必要な機能を備えていない可能性があります。そのため、導入にあたっては、まず基幹システムの機能をチェックするようにしてください。

 社外からでも確認可能

基幹システムは、社内だけでなく社外からもアクセスできるかどうかによって、業務効率化の度合いが変わります。システムによってはインターネット環境があればどこからでもアクセスできるものや、アプリが用意されておりスマートフォンからでもアクセスできるものなどもあります。

 見積書の出力

工務店の営業担当者となると、見積りを作成する機会が多くなるでしょう。この時、見積りを毎回一から作成するのは非常に面倒です。基幹システムによっては、物件・工事登録、見積り内容の登録を行うことで、テンプレートで見積書を出力する機能を備えているものもあります。そのため、見積書に関する機能も確認しておくといいでしょう。

 進捗・受発注管理

現場担当者においては、工事の進捗状況や受発注の管理をこまめに行う必要があります。基幹システムであれば、工程表や受注進捗管理表などの作成が可能です。そのため、現場からでも簡単に進捗状況や受発注の状況を確認することができます。

 帳票の出力

帳票とは、帳簿類と伝票類の総称のことです。帳票には、証跡になる記録を残す役割があるほか、情報伝達の役割もあります。具体的には、請求書などで金銭取引の記録を残す、出退勤や出張など企業における人の動向を伝達するといったイメージです。
基幹システムの中には、完工利益実績表、月別支払い明細票、収支管理票といった各種帳票作成に対応しているものもあります。業務効率化を図るのであれば、帳票出力の可否についてもチェックしておくといいでしょう。

おすすめの工務店向け基幹システム「AnyONE」

anyone_WEBTOP

工務店向けの基幹システムは、さまざまな企業が提供しています。そのため、工務店のスタッフからしてみれば「どれも同じように見える」と感じるかもしれません。

工務店向けの基幹システムで迷っているのであれば、「AnyONE」の導入をおすすめします。AnyONEは、顧客管理から見積り作成、工程表作成、図面写真管理さらには、工事後のアフターメンテナンスなど、幅広い機能を搭載しているのが特徴です。AnyONEを導入することで、工務店業務のほとんどをカバーすることができるでしょう。

AnyONEを利用すれば、情報の一元管理が可能になります。そのため、特定の業務に関する情報が一部の社員にしかわからず、他の社員がわからないといった属人化の心配もありません。会社全体で情報共有ができるため、業務の引き継ぎや連絡などもスムーズに行えるようになるでしょう。

また、案件の進捗状況はクラウドで確認可能です。そのため現場で情報を確認し業者との連携を滞りなく行うこともできます。一方で、データに対しては閲覧権限・管理権限を設定できるため、セキュリティ面での心配は無用です。チャット機能も備えており、写真の共有などもできるため、社外の関係業者との情報共有もしやすいでしょう。

さらに、AnyONEにはアプリもあるため、パソコンはもちろんのこと、スマートフォンやタブレット端末からでも各種情報にアクセスできます。そのため、情報を確認するために会社に一度もどる、社内にいる人にメールや電話をして情報を確認してもらう、といった手間もかかりません。

基幹システム導入にあたって、注意しなければいけないのが、現場の担当者が利用できるかどうかです。いくら優れたシステムであっても、現場で利用されてなければ意味がありません。AnyONEでは、導入後の運用まで徹底してサポートを行います。専任のスタッフがつき、業務やオペレーションの状況に合わせて適切な運用をアドバイスします。

このように、AnyONEであれば、業務効率化の実現を図りながら、利益の拡大にも取り組むことができるでしょう。

まとめ

今回は、工務店向けの基幹システムに関してその概要から選ぶときのポイントなどについて解説しました。基幹システムは様々な企業から展開されていますが、商品によっては工務店の業務内容に合致していないものもあります。そのため、導入にあたっては基幹システムの機能を必ずチェックするようにしましょう。

以下のコンテンツでは、AnyONEと他社システムの機能比較を行っています。どのシステムがどういった特徴や機能を備えているのかわかりやすく解説しているため、ぜひ参考にしてください。

anyone_工務店向けツール比較

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン