【中小工務店向け】従業員が新型コロナウイルスに感染した場合の対応

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者数増が毎日ニュースとなっており、緊急事態宣言により、住宅展示場・モデルハウスの閉鎖などの対応、また従業員のリモートワークや出張制限などを実施している企業も多いことと存じます。
誰もが感染者となってもおかしくない状態のため、万が一従業員が感染した場合に必要な対応をまとめました。

発熱などの症状がある場合

従業員の対応
37.5度前後の発熱や、だるさ(倦怠感)、息苦しさ(呼吸困難)が1日でもある場合
上長に報告しましょう。
休息をとりましょう。無理な勤務は禁物です。
回復するまでは、なるべく人との接触をさけましょう。
回復に至るまで、誰と会い、どこにいったかの行動記録をつけておきましょう。感染していた場合に重要な情報となります。

従業員の感染確認した場合

従業員の対応
(1)風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます。)
(2)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

企業の対応
従業員からの報告先をあらかじめ決めておきましょう。
「帰国者・接触者相談センター」で相談をしてもらうよう従業員に伝えましょう。
住宅展示場・モデルハウスの閉鎖など、その後の対応は、相談センター、医師、保健所からの指示に従いましょう。

その他
濃厚接触者の判定のため、保健所の調査が入るそうです。
感染者の行動内容を本人も会社側も整理します。
症状が出始めた2日前の行動をすべて把握することが必要です。

同居家族が感染した場合

従業員の対応
会社に報告しましょう。
派遣社員の場合は、派遣元の会社への連絡も必要です。

企業の対応
上記の内容の報告を求めましょう。
症状が出ていない場合でも、2週間はリモートワークを指定することが好ましいでしょう。

お客様や協力業者、同居家族以外の接触者で感染陽性が出た場合

従業員の対応
会社に報告しましょう。
派遣社員の場合は、派遣元の会社への連絡も必要です。

企業の対応
接触状況に応じて、リモートワークの指定を検討しましょう。

参考情報

濃厚接触者とはどんな人を示すのか?(国立感染症研究所感染症疫学センター)
○新型コロナウイルス感染症が疑われる者と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者
○適切な感染防護無しに新型コロナウイルス感染症が疑われる患者を診察、看護もしくは介護していた者
新型コロナウイルス感染症が疑われる者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者
○手で触れること、または対面で会話することが可能な距離(目安として2メートル)で、必要な感染予防策なしで「患者」と接触があった者(患者の症状やマスクの使用状況などから患者の感染性を総合的に判断)

厚生労働省「新型コロナウイルスに関するQ&A」(一般の方向け)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

厚生労働省「新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00009.html

おわりに

新型コロナウイルス感染症の蔓延に伴い、働き方にも大きく影響しています。
少しでも皆さまにお力添えできるよう、引き続き情報発信してまいります。

AnyONEってどんなことができるの?

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン