AnyONEによって情報共有が完璧になり、
丸一日かかっていた作業が30分でできるように。

有限会社相馬工務店

神奈川県藤沢市を拠点に、湘南エリアに根ざして事業を展開している有限会社相馬工務店様。1970年に佐藤工務店として現住所にて創業し、半世紀以上の歩みの中で、注文住宅やリフォームなど暮らしに携わる事業をワンストップで手掛ける住宅会社に成長した。

2019年1月にAnyONEを導入した相馬工務店様。今回は、代表の佐藤俊幸様に、AnyONEを導入したきっかけや導入後の変化について伺った。年々事業拡大を続ける地域密着型工務店の取り組みをご紹介します。

事業方針のきっかけはご自身の住まいづくりから

相馬工務店様では、「家族みんなが笑顔で暮らせる家」をコンセプトに、注文住宅を展開。「安心」「快適」「省エネ」を提供できる『スーパーウォール工法』という強みを活かし、土地探しから土地造成、設計、施工までトータルに対応し、お客様の理想の住まいを自由設計で実現している。

このようなコンセプトになったのは、ご自身の住まいの建て替えからだったという。

「以前はいわゆる一般的な気密性・断熱性の住まいをご提供していたのですが、高気密・高断熱の住まいに住むことによって、身体の調子が良くなったり、子供の喘息やアトピーがなくなったりしたのを実感して、このような家をお客様にもご提供していきたいと思ったんです。」

そのような想いから新築の割合を増やして、事業を拡げていこうというときに、AnyONEの導入を検討するきっかけがあったとのこと。

事業承継を機に情報承継の必要性を実感

「私が事業を承継していくことになったんですが、先代は大工あがりということもあってか、自分の頭の中だけにしまっておくというタイプだったんです。いざ事業を引き継ごうとしても、顧客情報がなにもないといった状態で本当に困りました。例えばOB顧客に営業しようと思っても、どこになにがあるのかわからない状態でした。少人数でやっている分には回せていたのかもしれないのですが。」

また、AnyONEに出会うまでには、見積もり専用ソフトを使用されていたこともあったそうです。

「見積もりは専用ソフトで、顧客管理はエクセルで、その他にも個々に手書きでノートで取るという感じでバラバラだったんです。今後、従業員も増やして会社を大きくしていきたいと思っていたので、顧客管理も見積もりもとりまとめられるツールがないかと思って、探していたときにAnyONEに出会ったんです。
デモを受けて、現状のバラバラになってしまっている業務がひとつで完結できるイメージができ、導入に至りました。」

相馬工務店さま_03

AnyONEだけあればいいじゃないかなと思っています。

エクセルやアナログな管理からのAnyONEへの切り替え。導入後の変化を伺った。

「AnyONE導入することで、社内の情報共有は完璧にできるようになりました。
ひとつひとつの機能では、『顧客管理』の属性が分けられるところが重宝しています。以前はDMを送るリストの作成だったり丸一日かかっていたような作業が30分ほどでできるようになったりしているので、業務効率につながっていると思います。
『顧客管理』や『見積もり』もそうですが、AnyONEによってさまざま作業が一括でできたり、自動化することで時間削減できていますね。その分を他の仕事に充てられたり、残業を減らせたりして、経費削減の効果を実感しています。」

また佐藤様はコロナ禍になる以前から(検討当時2019年)、従業員が在宅勤務できるようにしたいという考えをお持ちだったとのことで。

「当時から『どこでも仕事ができるようにしないといけない』という考えがありました。従業員には自由に働いてもらいたい。例えば、事務所で煮詰まってしまったら近くのカフェで仕事をしてもらってもいいですし。また重要なのが子育て世代が働きやすいように、会社に来なくても自宅で仕事ができるようにしないといけないと考えていました。
AnyONEを導入したことで、そのようなシステムも構築することができたので、コロナ禍になってもとまどうことなく、リモートワークをしてもらえました。Zoomの方がとまどいがありましたね笑。今も子育てしている設計士には、リモートで仕事をしてもらってるんですよ。」

AnyONEには、工務店業務のすべてをカバーできるさまざま機能が搭載されています。
顧客管理や見積もりに課題感をもって導入いただいた相馬工務店様も、さまざまな機能を利用しているという。

「以前はLINEで日報を送っていたんです。ですが、LINEだとメッセージが流れてしまったりで、情報共有に活かしきれていませんでした。そんなときにAnyONEにも『日報報告』の機能があるのを知って、従業員全員で『日報報告』の中に予定や実績を入れてもらうようにしたんです。そうすると、社員が急病で休んだときにお客様からお問い合わせがあっても、AnyONEの『日報報告』を見ることで引き継ぎができ、クレームも少なくなりました。」

今後は建築業界への貢献も

最後に今後の展望について、佐藤様に伺った。

「今後は、さらに従業員を増やして事業を拡大していきたいと考えています。
また、建築業界にも貢献していきたいと思っています。AnyONEのようなシステムにサポートしてもらっても、ものづくりって人が動かないといけない。でも、今の若い人はどうしても体を動かすような仕事を敬遠してしまうんですよ。『職人さんが健康でしっかりと将来を見通して過ごせる』仕組みをつくることで、若い人にも『やりたい』と思ってもらえるような業界にしたいですし、私自身で発信していきたいですね。」

業界に貢献する企業へ、さらに高みを目指す相馬工務店様。今後もAnyONEを通じて、そのチャレンジに寄与していきたい。

相馬工務店さま_02

社名
有限会社相馬工務店
住所
神奈川県藤沢市
URL
http://somakoumuten.jp/

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。

Pagetopボタン