【IT導入補助金を活用しませんか?】業務システムの費用が最大75%お得に!

粗利向上・業務効率改善をお考えの方へ

工務店向け業務効率化システム「AnyONE(エニワン)」の導入で、今なら最大300万円の「IT導入補助金」が活用できるチャンスです!

AnyONEはIT導入補助金が活用できます!

IT導入補助金のアドバイスから申請まで、すべてお任せください

お任せください

AnyONEは、経済産業省が実施している「IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)」を利用して、中小企業・小規模事業者様への業務効率化システムの導入等のお手伝いをさせていただきます。
「申請の流れは?」「必要な手続きはなに?」「いつまでに申請すればいいの?」補助金制度がわからない企業様もご安心ください。IT導入補助金支援事業者の弊社が、上手に活用していただくためのアドバイスから、登録申請業務のサポートまでいたします。ぜひお気軽にご相談ください。

導入のご相談はこちらから

AnyONEなら営業も現場も経理もシンプルに一元化

シンプルに一元化

 顧客管理

顧客管理では、資料の管理や顧客とのやりとりの履歴など、顧客に関する情報を一元管理することができます。
従来は、お客様の名簿とやり取りの履歴、さらには資料がそれぞれ別の場所に保管されているなどして、管理に時間を割いていたかもしれません。工務店向けの業務支援サービスには、これらすべてをまとめてチェックできるものもあります。スムーズな顧客管理が可能になるでしょう。

 工事・施工管理

工務店によっては、複数の工事を同時に進めているケースも珍しくありません。複数の案件のスケジュールが重なってしまうと各案件の管理も複雑になってしまいます。
そのような時に活用できるのが、工事や施工管理に関する業務支援サービスです。
案件ごとの進捗状況や打ち合わせ内容、注意事項などを見える化して管理できるため、社員間で進捗状況を共有しやすくなります。

 見積り・実行予算・発注管理

見積りや予算なども業務支援サービスで管理できます。
従来はエクセルなどに入力して作成していた見積もりや予算案も、工務店向けの業務支援サービスを利用することでより効率よく作れるようになります。
また、工事の途中で内容に変更があったり、材料の仕入れ価格が変わったり、職人に支払う金額が変わったりといった事態が発生しても、工務店向けの業務支援サービスならすぐに正確な金額を把握できるでしょう。
案件ごとに異なるエクセルファイルで見積書を作成するといったこともなくなるので、各部門間での確認にも時間がかかりません。

 入出金管理

入出金の管理システムを導入すれば、従来はエクセルと手作業によって行なっていた入出金の管理業務がシステム化されるため、ミスの防止につながります。例えば、入金のし忘れや金額の間違いなどヒューマンエラーによって起こる恐れのあるミスがなくなるでしょう。
また、万が一担当者が不在の時でも、システムをチェックすれば誰でも状況が把握できるため、業務が滞ってしまう心配がありません。

 アフター管理

アフター管理については、工事や施工を行ったお客様に対して故障が発生する前での商品交換やリニューアル工事の提示などを行うことができます。
タイミングを逃す心配がないので、業務効率化はもちろん、機会損失を防ぐこともできるでしょう。

導入のご相談はこちらから

AnyONEを実質負担金が通常の1/4で導入できます!

過去最大の拡充率!!

【補助率】3/4 【補助額】上限300万円(下限30万円)

 補助金を活用した導入イメージ

補助金適用で実質負担約40万円

補助金適用で実質負担約24万円

※上記はAnyONEの導入費および初年度の月額利用料1年分が含まれています。
※上記の金額は税別です。

導入のご相談はこちらから

お早めにご相談ください!

特別枠C類型-2の公募期間は下記のとおりです。

 4次公募

4次公募

 5次公募

5次公募

 6次公募

6次公募

 7次公募

7次公募

※申請の締切時間は締切日の17時です。期限直前は申請が集中し期限までに完了できない可能性がありますので、お早めにお手続きください。
※実際の導入・運用は交付決定日に採択が決定してからとなります。

導入のご相談はこちらから

その他 諸注意事項

※IT導入補助金事務局から承認を受けた「IT導入支援事業者(エニワン株式会社)」から、ITツールの導入支援を受けてください。
※ITツールは交付決定の通知後に発注してください。交付決定の連絡が届く前に発注・契約・支払い等を行った場合は、補助金の交付を受けることができません。
※補助金の受領は、1事業者1回のみです。
※費用は、補助金の交付決定の通知後に一括でお支払いください。
※2022年から2024年までの3回、ITツールによる生産性向上の成果報告(事業実施効果報告)が必要です。

IT導入補助金の詳細につきましてはホームページにてご確認いただけます。
https://www.it-hojo.jp/
※公式サイトへ遷移します。

いつでもお気軽に
お問い合わせください!

チャットでお問い合わせください。