LINEを下請け工事業者との
オープンチャット工務店・リフォーム会社向けLINE活用法

LINEを使った下請け工事業者との情報共有で、
こんな悩みはありませんか?

以下のひとつでも当てはまれば、情報共有がうまくいっていない危険サインです!

  • 課題1
    LINE名だと、どの業者がわからない!
    LINE名だと、
    どの業者がわからない!
  • 課題2
    LINEグループだと参加以前のトークが見られない!
    LINEグループだと
    参加以前のトークが見られない!
  • 課題3
    現場監督や営業が勝手にグループをつくっている!
    現場監督や営業が勝手に
    グループをつくっている!
  • 課題4
    業者同士が知らないところでつながってしまう!
    業者同士が知らないところで
    つながってしまう!

そんな悩みを“LINEオープンチャット”で解決しませんか?

無料アプリ(LINE)で、施工管理アプリのようにコミュニケーションが取れる!

  • 解決1
    トークルームごとに名前・アイコン自由設定!
    トークルームごとに
    名前・アイコン自由設定!
  • 解決2
    途中参加でも過去のトークが見られる!
    途中参加でも
    過去のトークが見られる!
  • 解決3
    グループに必要な人を招待・管理・削除できる!
    グループに必要な人を
    招待・管理・削除できる!
  • 解決4
    参加メンバー同士はつながらない!
    参加メンバー同士は
    つながらない!
つまりは…

課題を全部解決できて、
しかも…0

他にも機能が盛りだくさん!

安心のセキュリティ環境と配信精度。安心して運用できる機能・環境が整っています。

  • イメージ

    LINE IDを持っている人なら
    誰でも参加可能

  • イメージ

    画像や動画も投稿可能

    ※保存期間:テキスト180日分/画像30日分
  • イメージ

    参加してもLINEの
    友だちにはバレない

  • イメージ

    QRでカンタンに
    トークルームへ招待!

  • イメージ

    グループは最大5000人
    参加可能!

  • イメージ

    メンバーの強制退出や
    メッセージ削除が可能

    ※管理者・共同管理者権限

ずーっと0円”で活用できます!

※LINE株式会社の方針に基づきます。

施工管理アプリとの機能比較

LINEオープンチャット比較

よくあるご質問

プライベートのLINEとつながってしまいませんか?
LINEオープンチャットと、LINEの設定(名前・アイコン・友だちなど)は連動しません。
本当に“無料”で利用できるんですか?
「LINEオープンチャット」はLINE株式会社が提供するサービスで、無課金での利用を前提にしていますので、お気軽にご利用いただけます。ただし、ネットワーク接続で発生する通信費用は利用者のご負担となります。
なぜ“無料”で提供しているんですか?
通常であれば講習料をいただいておりますが、今回は日頃からお付き合いしております住宅建築業界へのお役立ちのため、先着10社様に限り無料レクチャーをいたします。ツールは、LINE株式会社が提供する「オープンチャット」となり、LINE株式会社の運用規定に則ったものとなります。
施工管理アプリのように使用できるのか不安です。
施工管理アプリとまったく同じような仕様ではございませんが、社内や下請け業者様とのコミュニケーションにおいて、効果的に活用いただけるようご提案させていただきますので、ご安心ください。
「LINE@」とどう違うんですか?
「LINE@」の管理者は専用アカウントを作成できますが、参加者は通常使用しているLINEプロフィールでの参加が必要になります。一方「オープンチャット」ではプロフィールの変更が可能です。
また「LINE@」は管理者⇔参加者の会話はできますが、参加者同士の会話はできません。「LINE@」のような一方通行な告知ではなく、みんなで会話が可能な「オープンチャット」はコミュニティとして使用するのに適しています。
「LINE WORKS」とどう違うんですか?
「LINE WORKS」は「LINE」のチャット機能に加え、掲示板やカレンダーなど多彩な機能を搭載した法人向けのコミュニケーションアプリです。利用規模や用途によって月額費用が発生します。「オープンチャット」はLINE内で使用できる無料チャット機能です。
システムのバージョンアップ時に、別途費用は発生しますか?
通常の「LINE」アプリに含まれる機能なので、バージョンアップに費用はかかりません。(※LINE株式会社の方針に基づきます。)

私たちの想い

テクノロジーをもっと身近に。
住宅建築業界の業務改善を後押しするアイデアのご提供!

当社は、2,700社を超える工務店や住宅建築業社をシステム面からサポートさせていただいております。そんななかで最近よくお伺いするのが、「LINEを現場共有に使っているんだけど、不便なところが多いんだよ。」といったお声でした。 そこで、ある工務店さまに『LINEオープンチャットでの現場共有方法』をレクチャーさせていただいたところ、「LINEでの現場共有の課題が解決された!」「施工管理アプリを検討していたけれど、これは使える!」ととてもご好評をいただきました。
工務店向け業務効率化システムAnyONE(エニワン)を提供している当社は、業界へのお役立ちの方針から、今回10社様に限り「現場共有がよりスムーズになるLINEの使い方」をご提案・レクチャーさせていただきます。
現場共有だけでなく、社内共有においてもLINEの課題を感じられていた方、施工管理アプリの導入を検討されていた方は、ぜひ無料相談にお申し込みください。

イメージ
keyboard_arrow_up