工務店の経営改善に立ちはだかる
業務環境のバラつきという障壁

工務店の業務範囲は多岐にわたります。昔ながらのエクセル管理を続けている工務店からは業務プロセスや担当者によって管理方法がバラバラで困っているというご相談をよく受けます。

一方で、エクセル管理では対応しきれないという現場からの声に応えて、業務ソフトを導入されている工務店もあります。しかし導入したにも関わらず、会社全体の効率化が進まないばかりか、次のような新たな課題を抱えてしまうケースもあります。

・一部の部署しか業務効率化が進んでいない
・なぜか業務量が増えて担当者様からの不満があがっている
・本来やらなくて良い業務が発生してしまっている

会社の生産性を高めるべく業務ソフトを新たに導入したのに前述のような事態に陥る主な要因としては、効率化を急いだ結果、業務プロセスの最適化が部分的なものにとどまっていることが挙げられます。

なぜ、一部の部署だけ業務ソフトを導入しても経営改善に繋がらないのか︖

業務負荷や残業が多くなりやすい部署からは、生産性向上を目的として業務ソフト導入の声は高まりますから、一部の部署だけ業務ソフトが導入されており、あとはエクセル管理、といった工務店は少なくありません。業務ソフト導入後は、その部署の業務負荷が軽くなったように感じても、しばらくすると前後の業務プロセスにおいて下記のような問題が表面化してくることがあります。

業務の一部しか最適化されず効果が限定的だった

主に情報共有を目的として業務ソフトを導入しても、工務店業務の場合は見込み客~アフターフォローまで業務の幅が広く、長期間にわたるため、工事中の変更が社内に共有されないなどの支障が出やすくなります。それぞれのタイミングで聞いた顧客の声を、部署間で漏らさず共有できていることが重要です。

部署間でのスムーズな連携ができず、新たな手間が発生していた

例えば、営業管理は別クラウドなどで管理していて、契約に至ったお客様を、次にICや工務などに引き継ぐ場合。その情報を部署間で共有するための工数が発生(画像やCSVファイルをダウンロード後に別ソフトで開いて様式を調整する作業など)し、そのなかでヒューマンエラーが生じる可能性も高まります。業務の一部だけを最適化していく「ツギハギ」のような業務効率化は、部署間の連携をしにくくしてしまう場合があります。

既存ソフトと連携ができず、データ再入力の手間が出ていた

3DマイホームデザイナーPRO、ARCHITRENDZといったCADソフトを複数取り扱っている場合など、そのデータはスムーズに共有できているでしょうか? ソフト間のデータをやりとりするたびに入力し直す手間が発生しているようでは、業務ソフトを導入するほど経営改善から遠のいてしまいます。

🔗業績が伸び出した工務店が着手すべき業務効率化のポイント

経営改善につながる業務ソフト導入のポイントは、「業務プロセスの一元管理」にある

前述のように、一部の部署のみが業務ソフトを導入しても、経営改善につながらないことがわかりました。

業務ソフトへ投資する際の確認ポイントとしては、

・工務店業務の全体を最適化していけるかどうか
・新たな業務ソフトを取り入れる事で特定部署にしわ寄せが発生しにくいか
・他の専用ソフトとスムーズな連携ができるかどうか

などがあります。これらを一気に解決する選択肢として、「業務プロセスを一元管理」できる基幹システムの新規開発が挙げられます。自社の業務プロセスに最適化した仕様を盛り込んだ基幹システムを開発会社に依頼すれば、部分最適ではなく全体最適が実現でき、経営改善へ大きな効果を見込めます。しかし、開発期間は1~2年と長く、開発費用は少なく見積もっても1000万円、2000万円といった単位で発生します。さらに、運用後も自社の成長に伴う業務プロセスの変化などに合わせてシステムのアップデートが必要になり、追加のカスタマイズ費や保守運営費も発生します。自社の業務フローに合わせてシステムの仕様を決めていけるため、経営改善への寄与度は高いですが、多くの工務店にとっては費用対効果があるとは言い難い選択肢ではあります。

低コストで導入できる、クラウドタイプの基幹システムという選択肢

業務情報の一元管理は、社内全体の管理体制を整えて情報の齟齬をなくすために必要な仕組みです。近年では基幹システムを新規開発よりもコストを大きく抑えられるクラウドタイプの基幹システムが販売されだしています。しかし、前提として様々な業界で使ってもらえるよう汎用的なシステム設計・機能であることが多く、工務店業務を一元管理するには相応しくない場合が多いです。

具体例としては、

・顧客管理の機能が乏しい(住所録など)
・建築の専用ソフトのデータ連携に対応していない
・帳票の種類を増やすのに追加で費用がかかる

などのほか、「一元管理できる」と謳われていても、その対応範囲が狭い(受注後から物件引き渡しまで、など)場合もあります。見込み客との接点~クライアント様のアフターフォローまで考えられた全体設計だけでなく、個々の機能についても、工務店業務の現場目線で開発された業務システムはまだまだ少ないのが現状です。クラウドタイプの基幹システムの導入を検討する際には、改めて自社に必要な基幹システムの選定要件を見直してみることが大切です。

業務ソフトの手軽さと基幹システムの一元管理を、低コストで実現した『AnyONE』

ナカザワ建販グループでは、工務店様や住宅会社様と共に住宅業界の持続的な発展を考え、この課題を発展的に解決するべく取り組み続けて参りました。そして、パートナーである工務店様と共に作り上げたのが、オールインワン業務システム『AnyONE』です。

工務店に特化された基幹システム『AnyONE』には次のような特長があります。

・工務店様の細やかなニーズに応える多機能
・業務工程ごとの情報を一元管理する統合性
・小規模な工務店様でも導入しやすい低料金

 オールインワン業務システム『AnyONE』

『AnyONE』は、この16年間のアップデートすべてを無償で提供しており、おかげさまで2700社(継続率94.6%)以上の工務店様・住宅会社様にご支持を頂いております。

「業務環境のバラツキを解消し、経営改善に取り組みたい」とお考えの工務店様は、お気軽にご相談ください。

各セクションにおいて専門部署の情報を入力! 別棟にある部門ともAnyONEで情報を共有

資料請求・おわせ

システム導入は会社にとって大きな決断。
だからこそ、まずはご相談ください!

資料請求・お問い合わせ
随時受付中!

導入を
ご検討の方へ

チャットでお問い合わせください。