小規模な工務店でも顧客管理システムは重要!
年賀状を送って満足していませんか?

工務店は業務内容や対応範囲も様々で多岐にわたりますが、規模感関係なく、顧客管理に苦労されているというお声をよく聞きます。例えば進行中の顧客データ管理、OB顧客への対応なども顧客管理の一環ですが、

  • 施工後の具合や満足度を確認する
  • イベントの案内
  • 将来的な悩みやニーズのヒアリング
  • DMや年賀状の送付

上記に結構な手間や労力がかかっている……という工務店さまは非常に多いです。なかでもDMや年賀状の送付は顧客とのつながりを継続するための基本的なツールですが、「エクセルや住所録ソフト等から定期的に顧客データを抽出し、送付作業を行う」というのは、かなりの手間と労力が必要です多忙な業務と並行しながらやっとの思いで送付している、という声もよく聞かれます。

DMや年賀状の送付先選定や作業に手間取ってしまい、十分な顧客対応を提供できなくなってしまうのは、工務店にとっても顧客にとっても満足できる結果とは言えませんよね。

顧客データは、顧客満足度や売上を向上させるための情報の原石です。顧客データを単なる住所録やメールリストにしてしまわないためには、どうすればいいのでしょうか。

なぜDMや年賀状送付は疲れるのか?顧客データを活かしきれないエクセルや専用ソフトの欠点

エクセルや専用ソフトは、一見取り扱いやすく管理しやすいように思えます。しかしこれらは単一的な管理ツールのため、顧客データを統合的に扱いたいときや個別対応が必要なときに、上記のような壁にぶつかりやすいのですひとえに、顧客管理システムのスキームが構築されていないことが原因です。

そもそも顧客データは名前や住所、連絡先などの基本情報だけでなく、その顧客の現状とニーズを読み取れる重要なものです。

  • 顧客の名前、住所、電話番号、家族構成などの基本的な情報
  • 担当者が誰にどんな対応(営業)をしたのか
  • 現在その案件が動いているのかどうかの情報
  • 提案書、見積書、注文書などの書類受け渡しの有無
  • 契約に至った場合の受発注額、請求額などの金額関連情報
  • 契約日、着工日、引き渡しなどの日付関連情報 ・付随する写真 など

上記をエクセルや専用ソフトで管理している、または手書き書類をファイリングされている工務店も珍しくありません。そしてこの状況でよく見られる情報の利用パターンがあります。

それは、上記の項目は記載していても、活用できているのはDMや年賀状を送付するための「住所」と「メールアドレス」の基本的な情報のみ、ということです。それ以外の項目は入力漏れや担当者によって入力する情報量がバラついていたりと適切なデータ化されていないため、結局活用できていないのです。

「顧客管理」と称してはいるものの、実はこれら全ての情報が一元管理されておらず、顧客データが散在している、または顧客データの情報の内容が薄いケースが多々あります。

顧客データが散在している状態で、それぞれ手作業で送付先の抽出や個別文面の作成、集計や反響の把握などを行わなくてはならないのですから、疲弊してしまうのは当たり前です。そして、その手間と労力をかけた割に、DMや年賀状をただ送付するだけで顧客への挨拶程度で終わってしまう……という、顧客データを活かしきれないパターンに陥ってしまうのです。

顧客管理に規模は関係ない!小規模な工務店こそ、有益な顧客情報を蓄積しやすい

DMや年賀状の作成数がさほど多くなく、「うちは小規模だし、顧客数もそこまで多いわけじゃないから今のままでも大丈夫……」と思っている工務店もあるかもしれません。ですが、地域に根付いた工務店だからこそ、顧客対応に力を入れる必要があるのではないでしょうか。

規模は大きくなくてもご近所との何気ないやり取りや会話を大事にする、担当者の顔が看板になるような身近さ、親身さを大切にすることを徹底している工務店も多いはずです。

エニワン株式会社独自のアンケート調査によると、地域密着型の工務店を選んだ人は全体の約4割にも上ります。そして、地域の工務店を選んだ理由の1位には「親身で融通が利きそうだった」という結果が出ています。

【工務店orハウスメーカー】3年~5年以内に家を建てた方1,079人に本音アンケートを実施!選ばれる工務店になるためには?

上記のアンケートからでもわかるように、地域に根付いた工務店の親しみやすさというのは大切なポイントなのです。

  • 〇〇さんの家に赤ちゃんが産まれたようだから、クッションフロアや防音対策のアドバイスをしよう
  • 梅雨の季節だから、雨漏りの施工をした〇〇さんのところへ状況確認してみよう
  • 〇〇さんご夫婦は足腰が弱ってきて段差が怖いと息子さんが言っていたな

など、顧客の現状把握や、潜在的なニーズを拾いやすいのは、地域に根付いた工務店の特徴ともいえます。こういった細やかな気付きを顧客データに蓄積させることは、顧客対応の幅を広げ(深め)るためにとても重要ですたとえ別の担当者が対応したとしても、これらの情報を速やかに共有し、声掛けや提案ができれば顧客の信頼も厚くなります。

街の声を聴きやすい規模感の工務店こそ、顧客情報をスムーズかつスマートに管理、共有するシステムが重要なのです。

🔗地元密着の工務店が実現できている細かな顧客フォローの秘訣

有益な情報を一元管理することで、顧客管理・対応の効率化が狙える

顧客に関するデータとそれに付随する対応をオールインワンで一元管理できれば、有益な情報を活かしつつ工務店業務の効率化も狙えます「AnyONE」は工務店業務に特化した基幹システムなので、顧客データの管理はもちろん、DMや年賀状の送付時も苦労することがありません。

  • 1クリック(検索)で送付先を選定できる
  • あらゆる顧客データが紐づいているので、個別文面の作成対応がしやすい
  • DMや年賀状のフォーマットがあるので出力・送付作業も簡単
  • 作業が効率化して、空いた時間を顧客のアフターフォローなどに使える

これら以外にも工務店業務の幅広い対応が可能なので、事務作業、営業、施工現場などあらゆる場面で情報の確認や入力、共有ができます。費やしていた時間と労力を、イベントの開催やOB客訪問などの別の業務に使えるので、業務の効率化はもとより、顧客のアフターフォローなども強化できるでしょう。

年賀状を送るだけの対応から、サポート力のある工務店へ!

DMや年賀状の送付は顧客対応の一つではありますが、単にそれらを送るだけで”良し”ではありません。それぞれの顧客に寄り添った的確な対応やサポートが実現し、顧客満足度がUPしてこそ「サポート力のある、頼れる工務店」に繋がるのではないでしょうか。

  • DMや年賀状の送付作業だけで大変に感じている
  • 散在している顧客データをまとめて業務の効率化を図りたい
  • サポート力を強化して顧客満足度を向上させたい

このように感じている工務店様は、ぜひこの機会に顧客管理システムを見直されることをオススメします。

2,700社の導入実績を誇るAnyONEは、各社の業務フローやノウハウを毎月アップデートして実装しています。今以上に社内連携をスムーズに図りたい、新しい管理システムの導入に不安がある、高い費用をかけても結局使いこなせないのでは……という心配がある工務店様こそ、より効果を実感してもらえるのではないかと思います。

AnyONEに沿って工務店業務を行うだけで、業務の効率化、活性化、働き方改革など、多岐にわたってその実力を体感できるはずです。

「AnyONE」についてもっと詳しく知りたい、話を聞いてみたいご担当者さまはお気軽にご相談ください。

顧客管理だけでなく、イベントの集客分析や アフター管理にも活用の幅を拡大中

資料請求・おわせ

システム導入は会社にとって大きな決断。
だからこそ、まずはご相談ください!

資料請求・お問い合わせ
随時受付中!

導入を
ご検討の方へ

チャットでお問い合わせください。