バラバラのソフトで管理していた情報をAnyONEに一元化、
情報集約で更なる便利を求めてオリジナル帳票を製作中!

株式会社 オークヴィルホームズ

AnyONE導入の経緯

これまで、ハッピー棟梁というソフトを使っていたのですが、そのハッピー棟梁が終了するということなので、次のソフトを探していました。

今まで会社では、ハッピー棟梁の他、顧客管理だけやっているソフト、エクセル・ワードなどで作成した帳票など、複数のソフトを使って業務を行なってきました。
担当者ごとに必要な情報も異なり、使いこなしているソフトもバラバラだったので、全てのソフトのライセンスを、全てのパソコンに揃えることもできず、おのおの必要な情報を、別々に管理していた為、社内での情報共有が進んでいませんでした。
そのような状態だったので、担当者不在時の情報確認や、顧客対応はたいへん苦労していました。

AnyONEは取引のある業者さんからの紹介もあり、長期優良住宅にも対応できているという話も聞いておりましたので導入候補のひとつでした。

いろいろ検討した結果、何度もソフトをコロコロ入れ変えるよりは、ここで一気に一元管理の基幹システムを導入したほうが良いのではないか、このタイミングでAnyONEを導入して、ソフトも情報もスッキリさせたら、業務も情報の共有も円滑に進むのではないかと思い、AnyONEの導入を決めました。

金子 取締役社長

使いたい時にすぐに使えて、仕事の効率が良くなりました!(取締役営業部長 藤橋さん)

これまで使ってきたソフトは、パソコンごとにソフトの購入が必要で、2台くらいのパソコンにしかインストールできず、いざ情報の確認や入力作業が必要になった時、他の者が使用しているなどして、確認ができず、もどかしい思いをしていることが多くありました。

今ではAnyONEを各自自分のパソコンで使えるようにしているので、必要な時に待たずに使えて、お客様の情報もすぐに確認できます。見積のデータも共有できているので、見積の雛形や過去の見積をもとに、新しい見積をすぐに作成できるので、仕事の効率がたいへん良くなりました。

顧客リストの出力もエクセルで出せるので、出力後に必要な形にアレンジをして活用しています。

オリジナルの帳票でお金の流れを分かりやすく把握!(取締役社長 金子さん)

AnyONEを使いだしたら、いろいろな情報がサーバーに集まるのが分かってきました。

経営者としては、特にお金に関する情報が大切です。見積、実行予算の金額、発注の状況、支払の金額、入金の金額など…。そこで、AnyONE上のデータを活用して、自社に合ったオリジナルの帳票ができないかと考えました。実行予算の段階で、お金の出入りの時期をチェックでき、資金繰りのタイミングを確認できるような帳票が欲しい。

AnyONEは日々開発が進行しているので、内容によっては要望を受け入れてくれます。また、オリジナルな帳票についても費用はかかりますが、相談にのってもらえるので、いま完成に向けて相談の真っ最中です。

株式会社 オークヴィルホームズ 会社情報
株式会社 オークヴィルホームズ
株式会社 オークヴィルホームズ
株式会社 オークヴィルホームズ 〒306-0231
茨城県古河市小堤1881番地13
TEL:0280-98-1466 FAX:0280-98-1090
http://www.oakvillehomes.jp/