見積書のミスをきっかけにシステム化を模索、
AnyONEの導入で部署の垣根をこえて情報を活用しています!

株式会社日の出組

AnyONE導入の経緯

見積の作成ミスや管理ミスが頻発したのをきっかけに、システムの導入を検討しました。 以前は見積の作成をエクセルでやっていました。セルの移動やコピーミスなどで計算式が飛んで計算ミスを起こしたり、ファイルが管理できていなくて誤って消してしまったりと問題が続いていました。

解決策として、見積専用のソフトを一部導入して様子を見たところ、問題も減少傾向にあったので、見積専用ソフトを本格導入に向けて検討をしていたとき、AnyONEのお話を伺いました。AnyONEなら見積だけではなく、顧客管理からアフターまで、全部一括して管理できると説明を受け、デモをしていただく運びになりました。

デモを拝見して、機能の多さと、一部導入していた見積専用ソフトのデータも開き、特に問題点も見つからなかった為、すぐに導入に至りました。

導入後は、経理と工務の連動も良くなりました。工務で入力した情報をもとに、経理担当者が請求、入金管理をしてくれています。

また、アフターについても、工事後の定期点検記録を、そのまま同じソフトで管理していけ、写真や図面についても、しっかり保存しておけば、すぐに取り出せる、修繕記録も残していけて良いですね。

工程表作成機能も活用しています。ある程度の工程はAnyONEで素早く作成できるので、最初にAnyONEで工程表を作って、さらに細かな作り込みが必要な場合は、エクセルに出力して作り込みをすることもあります。

堀 工務部長

お客様をお待たせすることなく、すばやく対応!

お客様の情報をいちいち経理部に聞きにいかなくてもよくなりました。お客様の情報はAnyONEで一元管理しているので、自分のデスクでAnyONEを開けば、必要な情報がすぐに取り出せます。電話でお客様とやり取りしているときや、工事の手配をしているときにも、相手を待たせることなく段取りでき、すばらしく効率的になりました。

フロアの違う別の部署とも連動、AnyONEを見ながら数字の確認

以前はエクセルが中心で、金額間違いの問題が続いたこともあって、工務部から回ってくる見積書を、間違いがないかどうか、電卓を使っていちいち検証していました。問題が見つかると工務部に差し戻して修正してもらい、また検証するといった、非常に非効率な流れでした。

AnyONE導入以後は、そういうことも無くなり、金額に疑問があるときは、工務部に内線電話して、お互いにAnyONEを見ながら話ができ、確認すれば良いので、大変助かっております。

株式会社日の出組 会社情報
株式会社日の出組
株式会社日の出組
株式会社日の出組 〒574-0042
大阪府大東市大野1丁目13番18号
TEL:072-872-1212 FAX:072-871-7941
http://www.hinodegumi.co.jp/