各セクションにおいて専門部署の情報を入力!
別棟にある部門ともAnyONEを使うことで情報を共有しています。

株式会社 吉村一建設

AnyONE導入の経緯

以前は見積の作成は見積ソフト、顧客管理は顧客管理ソフトと連動性の無い別会社のソフトウェアを部署ごとにそれぞれ使っていました。

たまたま社内のパソコンとネットワークの充実化の時期にあたり、AnyONEの提案を受けていたこともあって、いろいろと他のシステムなど検討の結果、AnyONEを導入することになりました。

社内には複数の部署があり、それぞれの社員が使い慣れたソフトを使って情報管理や書類作成をしていたので、導入には多少の困難も想定されました。しかし、会社全体の情報管理としては、今までうまくできていなかったので、一気に導入することになりました。

AnyONEを導入したことで、各部署バラバラだった情報も総務で作成した顧客コードに従って、営業部は見積、工務部は図面など、各部署の担当が情報を入力していきます。

入力された情報は各部署とも紐づいて管理されているので、その顧客に関する見積や図面など他部署でも確認できるようになり、たいへん便利になりました。

設計企画部 小谷 さん

各部署の担当者が必要な情報にすぐにアクセス!

パソコンソフトの導入に際して、これまでは各部署、バラバラなソフトをインストールして、設定や管理がたいへんでした。今ではAnyONEを入れるだけで、ほぼ業務環境が構築できるので手間が少なく助かっています。[総務部 折坂さん]

AnyONEを開いたら、顧客名や物件名、住所や担当者など、いろいろな検索方法で、必要な図面や確認申請書をすぐに開くことができるようになったので、すごく便利に使っています。[工務部 小谷さん]

自分自身が作成していない見積の情報を、ファックスやメールで送ってもらうこと無く、自分のデスクからAnyONEを通して見ることができるので驚いています!とくに他のフロアや別の建物にいる部署の人たちの見積などは、確認作業が今までたいへんだったので、とても効率的になりました。[購買部 鍋野さん]

左から 総務部 折坂さん 工務部 小谷さん 購買部 鍋野さん

維持管理機能を活用、アフターのお客様のお問い合わせに即座に対応

顧客の管理やアフターの管理には、たいへん役立っています。お客様からお問い合わせがあった時、物件の情報がすぐに分かるので、すぐさま対応が可能になりました。確認申請や建築図面もすぐに確認できるので、お客様をお待たせすることが少なくなりました。

アフターに対しても定期点検の機能で、各物件の定期点検スケジュールが入るので、いつどの物件に点検が必要なのか検索できます。アフター担当者は常に定期点検を確認し、点検期日が近づくと担当者に連絡して点検を実施しています。いつからいつまでの検索ですぐさま対象物件が表示されるので、場所や時期の近い物件は同一日に実施するなど効率的なスケジュールが立てられるようになりました。

工事写真の管理にも活用していきたい

顧客管理やアフター管理の流れは、かなりできてきました。現状はまだ本格的には稼働していませんが、次は工事写真の管理もAnyONEを活用していきたいと思っています。

今はまだ整理できていない工事の写真がパソコンのフォルダにサイズもまちまちで入ったままですが、AnyONEは写真のサイズ調整の機能も持っている様なのでAnyONEを使って工事写真も管理する予定です。

また、AnyONEのモバイル版はタブレットやスマートフォンで撮った写真を、現場からすぐ会社のAnyONEに登録できると伺ったので、この機能についてもたいへん注目しています。

株式会社 吉村一建設 会社情報
株式会社 吉村一建設
株式会社 吉村一建設
株式会社 吉村一建設 〒599-8241
大阪府堺市中区福田578-6
TEL:072-235-0488
http://www.yoshimuraichi.com/