他ソフトから移行し、帳票を希望通り出力できるようになり、動きもサクサク。
さらに他ソフトで運用中の部分もAnyONE一本化に向けて準備中。

株式会社 小林工務店

自分たちの考えを実現できる期待

以前、違う管理ソフトを利用していましたが、扱うデータ件数が増えていくにつれてだんだん動作が重くなってきていました。そんな状況の中で、そのソフトが開発終了になるということを聞き、AnyONEを検討することになりました。
他のソフトでは、正直自社の考える形になかなかならないことへのジレンマもありましたが、AnyONEは自社の考えていた形が実現できそうな期待もあり、また必要な帳票をカスタマイズして思った形で出力できることに魅力を感じ導入することになりました。
現在、全体としては主に顧客管理から見積作成、実行予算作成、発注管理、支払管理への一貫した流れをAnyONEで運用しています。あと、帳票やアフター管理にも活用しています。

エクセルライクな操作性と、思ったことが何でもできることがAnyONEの魅力

使った感想としては、まずは何と言っても操作がしやすいです。
エクセルのような感覚で操作できて、帳票などもエクセルで出力できるので後で好きなように加工するのも簡単でした。そのお陰で使っている時のストレスが無くて、皆もすんなり使い始めることが出来ました。
機能はたくさんあるので全てを使いこなす状況にはまだまだ遠いですが、最初に使いにくいとなかなか全体としても使いづらくなるので、その点はハードルが低く良かったですね。
それから、前のソフトでは件数が増えていくにつれてだんだん動きが重くなっていったのですが、同じデータをAnyONEに移行してもサクサク動くので快適に使っています。
ちなみに前のソフトのデータも、すんなりと移行できたので助かりました。

積算・購買部 山﨑さん

帳票を希望の形にカスタマイズ

あと、帳票を弊社の希望する形でカスタマイズしてもらえた点も大きかったです。
やっぱりこれまで使ってきた書類の形を変更するというのは、思ったより不安が大きいと思います。各部署が慣れ親しんだ形を変えるのは嫌がりますし。その点も、AnyONE導入時に帳票の形を希望する形でカスタマイズできたことは大きな安心材料になりました。費用は少しかかりましたが、その分これまでと同じ書類を使えるのはスムーズに移行できた要因だと思います。

この手のソフトは、ほとんどが自分たちが歩み寄っていかないといけないのですが、AnyONEは自分たちが『こんなことができたらいいな』と思うことが実現できます。それが元々の機能にあるというのがすごいなと感心することも多いですね。建材会社が作っているということで、工務店の仕事をよく分かった上で作っているんだなと感じます。ただ、建材の取引はしてないんですけど(笑)。

AnyONEで一元化された工事情報をアフターまで横断的に活用

アフター管理では、営業も含めて定期点検をしっかりやろうという考えのもと、情報を集約していってます。
AnyONEは、工事に見積りや実行予算、発注・支払関係だけでなくアフター管理も一元化されているので、定期点検の際にすぐに工事情報を確認できるのが便利です。
例えば、OBさんの定期点検時に、工事情報を確認して保証条件がどうなっていたかをチェックしてから行きます。当然、それによって無償か有償かが変わってきますので。あと地図も連動しているので場所を見てから行ってますよ。

AnyONEへの一本化で業務効率を高め、スムーズな部署間の連携へ

これから他のソフトで運用していた部分もAnyONEに一本化するために準備を進めています。その際にも、これまでの書式や業務フローをできるだけ変えずに行きたいと思っています。さすがに簡単ではないと思っていますが、AnyONEの方にも困ったときは相談に応じてもらって一緒にアイデアを考えてもらっているので、今回も導入時のように良い形になると期待しています。

今後を見据えると、運用に使うシステムは営業から工務、積算、経理と全員が同じシステムを使って、同じ情報を共有できるのが理想だと思います。これまでの業務フローや慣例を変えていくのはなかなか大変ですが、業務の効率化を実現するには避けて通れないと覚悟しています。

AnyONEで理想の形にできるように、これから一本化へしっかりやっていきたいと思っています。

株式会社 小林工務店 会社情報
株式会社 小林工務店
株式会社 小林工務店
株式会社 小林工務店 〒569-0036
大阪府高槻市辻子3丁目75番7号
TEL.072-676-1248 FAX.072-676-2488
http://www.kk-kobayashi.com