協力業者様とAnyONEで連携する体制を構築し、見積ファイルもカンタン取込。
原価からの一括変換で、実行予算作成などの業務効率が格段にアップ。

アイ・ホーム株式会社

社内業務の見直しから、新しい体制づくりへ

弊社では、以前別の業務管理ソフトを利用していました。そのソフトが開発終了になることを聞いて少し不安になっていたそんな時にAnyONEを紹介されました。丁度、社内業務や体制を見直し、新しい体制を考えるのに良いタイミングでもあったので、思い切ってシステムを入れ替えることにしたんです。

弊社は2011年に導入したのですが、正直その当時のAnyONEは少し機能が不足している感じを受けました。その時に、私たち現場の要望として機能面について色々とお話させて頂きました。その要望への対応もスピーディーに検討と対応をしてくれたので、安心して導入を進めることができました。

社内勉強会の様子

導入の際に抱えていた課題と、AnyONEに対する解決への期待

弊社は地場の宮崎ではお陰さまで、数多くの施工を手がけさせていただいています。それに伴ってどの部署でも仕事量は多いのですが、中でも協力業者からの見積りや請求書の管理に手がかかっている状態でした。
そこでAnyONEでは当初、見積りや請求管理など、特にお金に関わるところを中心に使い始めることにしました。

どの工務店さんでも抱えている課題だと思うのですが、実際それまでは弊社でもFAXやメールなど業者さんによってバラバラの形で見積りや請求が来て、整理や確認するだけでも結構な時間がかかっていました。それに加えてチェックミスなども発生してしまうので、そんな状況をどうにかできないかなと常々考えていました。

社内勉強会でエニワンの説明を行う工務部課長 濵口さん

AnyONE同士の連携で、業務効率をアップさせる仕組みづくり

そんな状況を改善できる期待から、協力業者さんに無料のAnyONEで見積を作ってもらって、それを送ってもらうことを考えました。それも導入当初にその仕組を作ってしまおうと。そこで急ピッチで協力業者さんにお願いして、連携の体制を作ってみることにしたんです。

今ではAnyONEの見積を送ってもらうことで、こちらではその見積ファイルをポンとドラッグアンドドロップだけで取り込めるので、管理業務や実行予算作成など、格段に楽になりました。原価管理も正確な数字を把握することができ、それが帳票で印刷できることも助かっています。

導入時には、協力業者様を集めて講習を実施

導入時には、弊社スタッフの研修だけでなく、協力業者様を集めて講習をしてもらいました。今思うと、業者さんも最初は何のことかよく分からず参加していたと思いますが、この研修のお陰でスムーズにスタートできました。

最初の頃は、パソコンの操作が良く分かっていない年配の大工さんが、わざわざ弊社まで来てパソコン操作を聞きながら見積データを作っているということもありました…。本当に協力していただいた業者の皆さんには感謝しています。逆に業者さんも慣れてくると、自分たちの業務もカンタンになってミスも減るということが分かって、業務改善につながっていると感じてくれているようです。ちょっとずつパソコンが使えるようになったと喜んでいる大工さんもいますよ(笑)。

AnyONEは、会社のステージを一段上げられるツール

システムをAnyONEに移行し、一から体制を構築するのは大変でしたが、業務効率化については飛躍的に改革できたと実感しています。社内体制が新しいステージに上がってステップアップした感じです。
それもAnyONE導入時に、社内だけでなく協力業者さんを巻き込んで一気にやってしまった事が逆に良かったと思っています。あの時やっていなかったら、今でも山積みのFAXがあると思うとゾッとしますね(笑)。

その分、その時は無茶苦茶大変でしたが、それだけの価値があったと思います。会社のステージを上げるためにもAnyONEは良いツールだと思います。

アイ・ホーム株式会社 会社情報
アイ・ホーム株式会社
アイ・ホーム株式会社
アイ・ホーム株式会社 〒880-0212
宮崎県宮崎市佐土原町下那珂3569-7
TEL:0985-73-7770 FAX:0985-73-7738
https://www.aihome.tv