顧客データをマーケティングに活用し集客・営業コストを削減。
ほぼすべてのタイミングでAnyONEを使っています。

株式会社 中商

顧客管理とマーケティングに使えるシステムがほしい

「これからは、新規だけでなくOBのお客さんを丁寧にフォローして満足度を高め、顧客生涯価値を最大化しよう」などとよく言われます。私も同意見で、OB向けのサービスをもっと強化したい、と常々考えてきました。 ネックは、社内に「ちゃんとした顧客管理システム」がなかったこと。当時はスタンドアローン型の専用ソフトとエクセルの2つを使い分けて顧客管理をしていましたが、2つが連動しないので、入力の手間がかかる割には情報を生かし切れないなど課題がたくさんありました。

そんな時に『エニワン』を知りました。顧客管理はもちろん、見積とか現場管理とか、工務店業務のほぼすべてを一元管理できる「ありそうでないシステム」に興味をひかれ、開発メーカーのナカザワ建販さんに詳しい話を聞かせてほしいとお願いしました。

とくに気に入ったのは、新規もOBも、ステータスの異なる顧客を同一システムで管理できる懐の深さ。そして、その顧客データをマーケティングに活用できる柔軟さでした。

中島 剛社長

導入して半年。集客からアフターまで活用中

いまは、集客からアフターまで、ほぼすべてのタイミングで『エニワン』を使っていますね。

まず集客では、ホームページから資料請求してくれた人をエリアや建築予定時期別にセグメントして登録。構造見学会やOB宅見学会の開催時には、そのイベントの性質やエリアに合う人だけを抽出、DMやテレアポで参加を促します。

営業では、打ち合わせ内容はもちろん、そのお客さんの考え方やこだわりまで社内で共有します。誰とどんな話をしたかをカレンダー上に入力すると、それが全部顧客台帳に自動で紐づいて、時系列に見ることができるので「担当しか状況がわからない」という事態が生まれません。

営業との会話や関係性も把握できるので、その後を引き継ぐ設計や現場監督は対応がしやすいうえ、伝達ミスや行き違いも未然に防げます。

そして、晴れて契約となったら契約書の図書登録、工程表の作成、アフター管理も『エニワン』でやっています。

1つのシステムで顧客、工事、見積・実行予算・発注、支払い・請求・入金、写真・図面、アフターを管理できる

資料請求客のセグメントが容易にDMにかかるコストをスリム化

まだ、目に見える変化とまではいきませんが、集客・営業の効率化には成功しつつあると思います。

当社のブランド「D’S STYLE」は個性的なデザイン住宅で、インスタグラムやフェイスブックを使ったライフスタイル提案を得意にしていることもあって認知度が高く、おかげさまで某住宅ポータルの広告反響率トップをずっとキープさせてもらっています。

ただ、資料請求の数もそうですが、エリアが広いので、イベントの度にすべての人を対象にDMやチラシを打っていたら莫大なコストがかかります。これまでもエクセルで対象者を抽出していましたが、そこまで厳密にセグメントできていなかったので、リストの重複は多かったでしょうね。

いまはその作業を、手間なく、低コストで、確実にできるようになりました。

熊取本社オフィス

経営者としての「安心感」が上昇。次のテーマは現場の効率化

情報が時系列で蓄積され、社内で共有できるメリットってすごく大きいと思います。

顧客と営業のやりとりなどは各部門のマネージャーが把握してスタッフとうまく意思疎通を図ってくれているので、社長である私が細かく把握して口を出すことはありません。でも、見ようと思えばいつでも見られる。そういう環境が整っている安心感は大きいですよ。

2017年は、協力業者の皆さんを巻き込んで『エニワン』を活用したいという構想があります。彼らにも使ってもらえば、見積を手入力する手間、スケジュール確認・調整にかかる電話やファックスの煩わしさを一気に省くことができますから。図面や地図の共有、写真管理など、現場を効率化できたときの価値は大きいでしょうね。

本社内観

バージョンアップのスピードと開発への想いが普通じゃない

うれしいことに、この1年で『エニワン』の営業日報機能が大幅に強化されました。

実はこれ、当社の「顧客情報をマーケティング的に使いたい」という要望を受けて、機能を拡充してくれた部分なんです。

利用者の声を「貴重なノウハウ」と捉えて真摯に耳を傾け、それが多くの工務店の実務に必要だと判断したら、すぐに開発にとりかかる。

普通、システム会社はそこまでしてくれませんが、『エニワン』はスピード感も行動力も他とは大きく違います。いまも、いろんな企業の要望を聞いて毎月どこかをバージョンアップしているそうです。

彼らを見ていると「喜んでほしい」という一心でシステムを開発しているのが伝わってきます。コスパがいいし使い勝手もいい。当社もお客さんや地域の人に、まずは「喜んでほしい」という想いで動いているので、通じるものを感じるんですよね。

長年使ってきたシステムをガラリと変えるのは面倒だし、勇気が要ることです。それでも私は、『エニワン』は導入する価値があると思えたし、実際に使ってみて、やっぱり決断してよかったと思っています。

本社内観
株式会社 中商 会社情報
株式会社 中商
株式会社 中商
株式会社 中商 岸和田メインオフィス
Home&Garden nakashou
〒596-0801
大阪府岸和田市箕土路2丁目8-10
TEL:072-448-5116 FAX:072-448-5118
http://www.nakashou-co.jp/