アップデート

アップデート 2013.12.18

アップデート情報 Vol.02

2013年12月18日

最近更新されたAnyONEの主な新機能をご紹介いたします。

1.プラン入力機能を追加しました。標準機能

AnyONEに本格的な間取り作成機能が追加されました。物件メニューのプラン入力をクリックしてプラン一覧を開き新規で物件を選択してプラン入力画面を開きます。


目次へ戻る ▲

2.物件属性を追加しました。(物件の管理情報を拡張できます)拡張オプション

基本、詳細タブの項目に不足している項目を自由に追加できます。
登録しておきたい内容を入力する項目が無いときに、この属性機能をご活用ください。



<

目次へ戻る ▲

3.顧客登録のフリー項目に候補をマスター登録できるようにしました。顧客オプション


目次へ戻る ▲

4.工事に関する各種書類のエクセル出力機能を追加しました。帳票オプション

ボタンを押すだけで、請負契約書や工事完了確認書など、関連する帳票をエクセル出力できます。
標準書式として、工事請負契約書の他、リフォーム工事完了確認書(見積明細有り)、リフォーム工事請負契約書(見積明細有り)、工事完了確認書(小規模工事向け)、鍵受領書を用意しました。



目次へ戻る ▲

5.物件、工事、顧客のコード発番のルールを設定できるようにしました。基本オプション

これまでは、0000001から順番に発番されるだけでしたが、任意の文字を足したり、
工事種別によって番号を分けたりと、社内ルールに沿った形の発番ルールが作成できます。



目次へ戻る ▲

6.マスターのグループを組織に変更しました。基本オプション

(従来のグループから機能を拡張して、名称を“組織”に変更しました。)
部署や支店などの情報を階層構造で設定できるように機能を拡張し、“組織“という名称に変更しました。階層構造を取り入れたことで各組織の関連性が明確になりました。

目次へ戻る ▲

7.全社共有フォルダ機能を追加しました。標準機能

AnyONEから素早く全社共有ファルダにアクセスできます。
社内で共通して利用するような書式などのファイルを登録して活用できます。
フォルダは自由に作って分類分けができます。

目次へ戻る ▲

8.新規工程作成で複数項目での配置ができるようになりました。標準機能

工事に対する入出金の情報が詳細に分かる帳票になっています。
特に支払い情報は、費目区分ごとに詳細に表示され、月度ごとの集計も分かります。


目次へ戻る ▲

9.図書登録の右クリックメニューに「現在行のファイルを開く」を追加しました。標準機能

選択されている行に登録されているファイルを、右クリックのメニューから簡単に開けるようになりました。
(補足)「元ファイル名」列や「サイズ」列のセルをダブルクリックしても、登録されているファイルを開くことができます。

目次へ戻る ▲