アップデート

アップデート 2014.09.19

アップデート情報 Vol.05

2014年9月19日

最近更新されたAnyONEの主な新機能をご紹介いたします。

1.工程の一括移動で休日を考慮する機能を追加しました。標準機能

移動したい項目を選択し右クリックで一括移動する際に、移動先が休日の場合は休日後に移動します。工程が休日をまたぐ場合は、休日の日数分期間がプラスされます。


目次へ戻る ▲

2.カスタム登録に複数選択型を追加しました。拡張オプション

物件登録のカスタムに複数選択が可能なチェックボックスが追加されました。
同様に、工事登録のカスタム、顧客登録のカスタム(※顧客管理オプションが必要です。)でも複数選択可能な種類が追加されました。

設定はマスターの物件・工事関連の物件カスタムで行います。

目次へ戻る ▲

3.カスタムの検索機能を追加しました。拡張オプション

カスタムに設定した項目に関する検索が可能になりました。
同様に、工事一覧、顧客一覧(※顧客管理オプションが必要です。)でもカスタム項目に関する検索が可能になりました。

目次へ戻る ▲

4.工事ごとに定期点検を作成できる機能を追加しました。基本オプション

工事登録のツールバーに定期点検作成のためのボタンを設置しました。

定期点検作成をクリックすると定期点検パターンの呼出が開きます。パターンを選択し決定することで維持管理入力の定期点検に、工事の引渡日を基準とした定期点検が追加されます。


維持管理入力の個別定期点検設定でも設定可能です。

目次へ戻る ▲

5.請求一覧表と入金一覧表に営業担当別出力機能を追加しました。帳票オプション


目次へ戻る ▲

6.業者フォルダの機能を追加しました。標準機能

取引先業者の行を選択してツールバーの業者フォルダボタンをクリックすることで、すばやく専用のフォルダを開くことができます。

目次へ戻る ▲

7.工事登録に失注理由を追加しました。標準機能

工事登録で失注日を入力することにより失注理由の入力が可能になりました。

目次へ戻る ▲

8.支払通知書にエクセル出力を追加しました。帳票オプション

これまでは印刷のみでしたが、エクセル出力ができるようになりました。

出力用のエクセルファイルを修正することで、オリジナルレイアウトの支払通知書を作成できます。
サーバーになっているコンピュータのanyoneLayoutフォルダにある支払通知書フォルダ(※)の中の標準書式を複製してレイアウトを修正してください。

目次へ戻る ▲