アップデート

アップデート 2014.10.29

アップデート情報 Vol.06

2014年10月29日

最近更新されたAnyONEの主な新機能をご紹介いたします。

1.工事ごとの進捗管理機能および検索を追加しました。拡張オプション

工事登録の進捗タブで進捗の予定と実績の管理ができます。

項目の設定はマスターの物件・工事関連の進捗管理項目で行います。

マスターに設定された項目で工事検索も可能になります。

目次へ戻る ▲

2.見積の諸経費を計算する機能を追加しました。基本オプション

見積明細で挿入行を選択、マウスを右クリックして「諸経費を挿入」をクリックします。

諸経費計算の対象となる行にチェックを入れて、諸経費の名称と係数を入力します。


目次へ戻る ▲

3.見積りに種別を設定して検索できる機能を追加しました。基本オプション

各見積に見積種別を設定できるようになりました。
見積種別を設定しておけば、後でその条件に全て一致する見積を検索できます。

例)低炭素住宅かつフラット35の現場で作成した見積を検索
自社Aパターン仕様の見積を検索、浴室と洗面をリフォームしたときの見積を検索・・・など

項目の設定はマスターの物件・工事関連の見積種別で行います。


目次へ戻る ▲

4.仕様・摘要列より左側を固定できる機能を追加しました。標準機能

仕様・摘要列が固定表示されることで、スクロールしても項目と金額の関係が見やすくなりました。

仕様・摘要の場所を移動した例)項目、数量、単位、仕様・摘要は固定されます。

マスターの自社情報設定のその他タブ、見積入力/実行予算入力/発注入力の
「仕様・摘要でスクロールを固定します」にチェックを入れます。

目次へ戻る ▲

5.生年月日の和暦入力に対応しました。標準機能

明治、大正、昭和、平成の和暦で生年月日を入力すると自動的に西暦に変換されます。

家族詳細の生年月日も和暦で入力できます。

施主登録の生年月日も和暦で入力できます。

目次へ戻る ▲

6.実行予算画面に契約額を表示する機能を追加しました。標準機能

契約額からの粗利益、粗利率が表示されます。実行額を税抜で入力する場合は税抜契約額との比較、実行額を税込で入力する場合は税込契約額との比較で粗利益、粗利率を表示できます。

マスターの自社情報設定のその他タブ、実行予算入力/発注入力の表示金額を「税抜」「税込」に切り替えることができます。

工事登録の契約額が入っていないときは、実行予算入力画面には契約額の表示はされません。

目次へ戻る ▲