アップデート

アップデート 2015.08.21

アップデート情報 Vol.13

2015年8月21日

最近更新されたAnyONEの主な新機能をご紹介いたします。

1.維持管理入力のメンテナンス記録で対象工事が選択できるようになりました。標準機能

メンテナンス記録を入力の際、対象工事を選択できます。
プルダウンで工事を選べます。工事リストは「工事コード」+「工事名」のかたちで表示されます。

表示工事を選択することで、工事ごとのメンテナンス記録の絞込み表示が可能です。


目次へ戻る ▲

2.維持管理入力に工事の引渡日、営業担当、工事担当の表示を追加しました。標準機能

表示工事で選んだ工事の引渡日、営業担当、工事担当が表示されます。

定期点検も対象工事の定期点検に絞って表示できます。

目次へ戻る ▲

3.顧客一覧にフリー項目1~5を表示できるようになりました。顧客オプション

初期状態では表示していません。一覧上でマウスを右クリックして、
表示列の設定でフリー項目の名称にチェックを入れることで表示することができます。


目次へ戻る ▲

4.顧客検索に初回受付日による検索機能を追加しました。顧客オプション

初回受付日が、いつからいつまでといった範囲で指定して検索することができます。


目次へ戻る ▲

5.図書登録、写真登録の分類名が個別に変更できるようになりました。標準機能

分類名を変更したい箇所を右クリックするとメニュー「分類名変更」が表示されるのでクリックします。
分類名の変更画面が表示されるので、新しい分類名を入力して適用をクリックします。

「建築確認」の名称が「建築確認書類(PDF)」に変更されました。


写真登録も同様に分類名変更が可能です。
分類名を変更したい箇所を右クリックするとメニュー「分類名変更」が表示されるのでクリックします。
分類名の変更画面が表示されるので、新しい分類名を入力して適用をクリックします。

「外装」の名称が「外装・屋根工事」に変更されました。



目次へ戻る ▲