アップデート

アップデート 2015.12.18

アップデート情報 Vol.15

2015年12月18日

最近更新されたAnyONEの主な新機能をご紹介いたします。

1.はがきの宛名印刷のデザインを変更しました。顧客オプション

はがきの印刷レイアウトが変更されました。
住所の文字が文字数によっては大きく表示されるようになりました。
連名で印刷する際、敬称が横に揃うようになりました。

はがきレイアウトの新旧

PONIT
姓と名の区切りにスペースを入れることで名字と名前を揃えることができます。
顧客名 姓名のスペース区切り有り
顧客名 姓名のスペース区切り無しでのハガキ出力

目次へ戻る ▲

2.工程表の行を結合する機能を追加しました。拡張オプション

結合したい工程の下の行の工程部分を右クリックしてメニューを表示し「上の行に結合する」をクリックをすることで、行を結合します。

行の結合の際、工程行プロパティで設定した工程名や取引先等の情報が上の行と統一されますがよろしいですか?と聞いてきます。よろしければ「はい」をクリックしてください。

工程行は結合され、工程名が一つにまります。

PONIT
結合した工程とその下の工程をさらに結合させることも可能です。

【 結合の解除 】
結合中の工程部分を右クリックしてメニューを表示し「上の行に結合する」を再びクリックをすることで、行の結合を解除します。

工程行の結合は解除されます。
※但し、工程名や取引先は結合していたときのものになります。

目次へ戻る ▲

3.各一覧に件数を表示する機能を追加しました。標準機能

物件一覧、工事一覧、見積一覧など各一覧画面の左下に表示中のリストの件数が表示されるようになりました。

目次へ戻る ▲

4.写真登録 アルバム印刷対象のチェックを一括で付け外しできる機能を追加しました。帳票オプション

写真登録画面のツールバーにある一括チェック変更の「印刷対象にチェックをつける」「印刷対象のチェックをはずす」で選択中の分類でアルバム印刷対象チェックの付け外しができます。

目次へ戻る ▲

5.顧客一覧表エクセル出力 フリー項目の内容を出力する機能を追加しました。顧客オプション

顧客一覧表に、顧客登録のフリー項目部分をエクセル出力できます。
※但し、顧客一覧表のテンプレートファイルの修正が必要です。


PONIT
顧客のフリー項目名称はマスターの自社関連/自社情報設定、その他2で変更可能です。

選択肢はマスターの顧客管理関連/顧客フリー項目で設定可能です。

【 フリー項目の追加の一例 】
顧客一覧表にフリー項目1に登録している車所持の内容を出力する。

1. レイアウトの修正
anyoneLayout 内の顧客一覧の顧客一覧表.xlsを開き、templateタブをクリックしてレイアウトを開きます。
列を挿入し車所持とタイトルをいれます。

2. データシートの修正
dataタブをクリックしてデータシートを開きます。
フリー項目1の指定部分に出力する列名を入力します。項目を追加したことにより挿入箇所後の列名や明細最終列などが変わるので修正します。修正後、保存してエクセルを閉じてください。
以上で設定は完了です。AnyONEから顧客一覧を出力して変更を確認します。

注意
親機に指定しているパソコン内のレイアウトフォルダを修正してください。

目次へ戻る ▲