入出金管理の活用事例

営業さんから請求書の発行依頼、金額間違ってるし…

課題

・お施主様への請求金額を間違ってしまった…
・請求書を作るタイミングを教えてくれたら楽なのに…
・営業さんの作った資金計画に応じて請求書を発行できないかな…

契約金額と請求予定額のズレがすぐに確認できる!

工事管理の入金予定タブ

AnyONEの工事情報には、入金予定を入力するタブがあります。ここでは契約時の支払計画に応じた内容を入力することができます。

この入金予定タブで請求書発行の予定日を設定しておけば、その請求書発行のタイミングをアラームで経理担当や営業担当にお知らせすることが可能です。

また、過去に発行済みの請求書や入金済みの情報がある場合も、同じ画面ですぐに確認することが可能です。

契約金額と請求額をチェック

その入金予定タブでは、請求予定の合計金額が契約金額と同額になるようチェック機能がついています。

例えば1行目に初回金を入力すれば、2行目以降は契約金額から1行目の請求金額を差し引いた残額が自動計算されますので間違いがありません。
万が一、最終的に数字が異なる場合でもアラートメッセージで教えてくれるので安心です。

入金予定情報から請求書発行

そして、実際に請求書を発行する際には、その入金予定タブで作成された項目と金額を参照して請求書を作成することができます。

その他にも、見積り内容を参照して請求書を発行したり、未入金情報から請求書を発行するなど、状況や必要に応じて簡単に請求書発行が可能。

作成した請求情報や入金情報は、同じく工管管理の入金予定タブで営業担当と情報を共有できるようになるのです。