工事台帳の活用事例

あのお客様の入金状況ってどうなってるのかな?

課題

・請求・入金状況をいちいち経理に聞かないと分からない…
・小工事のときにそもそも請求書の発行を忘れることが時々ある…
・工事情報と一緒に入金状態も確認できれば便利なのに…

工事情報の中で請求履歴や入金状況も確認できる!

請求履歴と入金履歴

AnyONEの工事情報では、工事の請負金額や契約日などの情報だけでなく、お施主様への請求状況や入金状況も把握できます。

工事情報の中の入金予定タブで、請求書を発行した履歴、またその請求に対して入金のあった履歴がリアルタイムで表示されますので、営業がいちいち経理に聞かなくともAnyONEの工事情報を確認すれば一目瞭然。

AnyONEで請求・入金情報も一元化することで、部署間の伝達ミスやロスを防ぐことが可能です。

契約額と請求額のチェック

AnyONEは、工事情報で管理されている工事契約金額に対して、入金額との差異をチェックしてくれます。

例えば、請求書の額が契約金額をオーバーする際には、超過している旨のメッセージが教えてくれたり、契約金額に請求額もしくは入金額が達した時には売上計上日をセットしてくれたりと、AnyONEが細かなところをフォローしてくれるのです。

入金予定から請求への経理連動

工事台帳の入金予定タブには、契約時の資金計画に基いて入金予定情報を入力することができます。

営業担当者がここに入金予定を入力しておくことで、この情報を元にミスなく請求書を発行することができます。

そして、この入金予定情報の請求予定日に応じて、アラームを表示することができますので、経理と営業それぞれが確認する手間が省け、コミュニケーションミスによる請求書発行忘れも無くなります。