クラウドの活用事例

AnyONEってクラウドで利用できるのかな?

課題

・新しくサーバーを買うとなると初期費用がかかる…
・クラウドなら初期投資の費用も安いし保守も楽だよなぁ…
・外出先や現場、自宅からでも使えてクラウドって便利そう…

AnyONEならクラウドサーバーか社内サーバーを選べる!

貴社で運用サーバーを選択可能

AnyONEは、Windowsサーバーであればクラウドサーバーでもオンプレミス(社内サーバー)のどちらでも選択して運用いただけます。それぞれのメリット・デメリットを基に、貴社のご希望に応じたサーバーを準備していただくことが可能です。

とは言え、サーバーについて何を選べばよいか分からないという方も多いと思います。そんな時には貴社の状況やご希望に応じて最適なサーバーをご提案させていただきますので、ぜひ一度ご相談下さい。

クラウドで運用するメリット

近年クラウドサービス自体のトラブルも少なく安定性も高まってきたことから、ほとんどの新規工務店ユーザー様がAnyONEをクラウドサーバーで利用されています。

クラウドの利点としては、初期費用が低く抑えられること、ハードの保守・メンテナンスが不要であることが挙げられます。

またクラウドの優位性はそれだけではなく、ノートパソコンがあれば営業担当者が外出先で情報を確認したり、営業履歴や日報を入力・確認したりと、利便性が高まる点も大きなメリットとして捉えられています。

サーバを自社管理する重要性

AnyONEは、サーバーを各ユーザー工務店様にご準備頂いています。それは自社の大切な情報は、自社の資産の中で管理するという基本的な考え方があるからです。

情報データは貴社の大切な資源です。その大切な資源は自社でしっかり管理していくという意識を持つことが、自社の情報共有・情報一元化に向けた意識改革にもつながっていくのです。

ぜひ貴社でもAnyONEを活用することで、自社の資源を再確認し活用していくための第一歩を踏み出しましょう。

関連する活用事例をみる

関連記事はまだありません。