一括更新の活用事例

得意先の会社名で見積書を作成したいんだけど…

課題

・ある得意先の下請工事の時は、その会社がお客様に出す見積書も作ってるんです…
・その発注元がお施主様に提出するための見積書、いつも作成に手間取ってまして…
・自社の見積にカンタンに一定額を足して元請名の見積が発行できないかなぁ…

見積書を自社だけでなく事業主の会社情報で発行できる!

得意先名での見積書を発行

得意先様から工事を受注する際、その元請会社から「お施主様に提出する見積書も作成して欲しい」と依頼されることがあるかと思います。

そんな時でもAnyONEなら、見積書を得意先の会社情報でカンタンに発行することができます。
特に複雑な操作も必要ありません。出力前に表紙の発行者変更で、事業主である得意先を選んで出力するだけ。元請け用に再度見積書や発行者情報を作り直す必要はありません。

見積額は条件指定で一括更新

得意先に対して自社の見積を提出すると同時に、別で得意先がお施主様に提出する見積書も作成してあげる場合は、自社の見積額に一定額を加えて作成することになります。

そんな時でもAnyONEならカンタンに見積を複製し、見積金額を一括で変更。あっという間に得意先用の見積書を作成することができます。まずは、複製ボタンを押すだけで同じ内容の見積書ができ、その複製した見積でAnyONEの一括更新機能を使えば、任意の見積額に一瞬で変更することができるのです。後は、出力前に発行者にする得意先を選んで出力するだけで作成完了です。

見積書は様々なテンプレートで発行可能

完成した見積りデータは、AnyONEの出力機能でしっかりした見積書として印刷できます。そしてその印刷時には数多くのフォーマットから形式を選ぶことが可能です。

自社の見積りから得意先名での見積作成、そしてお客様に提出する見積書印刷までの一連の作業。手作業なら手間のかかるこの作業も、AnyONEならカンタンかつ効率的な流れで見積書作成業務のスピード化・効率化が図れます。