工事台帳の活用事例

工事台帳で契約情報や着工予定日も管理したい…

課題

・工事情報で契約日や契約金額を確認したい…
・施工スケジュールも工事情報と一緒に管理したい…
・手入力じゃなくて他の情報と連動したらいいのに…

見積りから契約情報、工程表から施工進捗情報が連動!

見積りから契約情報を転記

AnyONEの見積もり機能は、単に見積書を作成するだけではありません。見積には契約情報も格納されており、最終的に採用となった見積は、本契約として管理され、工事情報にも連動できます。

契約情報は、見積の契約タブにあります。そこでは契約種類を本契約・追加契約等から選択でき、「見積額を転記ボタン」をクリックすると作成した契約額・原価額がセットされます。

そして、契約番号や仮契約日・契約日、営業担当などの関連情報を入力し、「契約確定ボタン」をクリックするだけで、見積額や契約日などの契約情報を工事台帳に書き込んでくれるのです。

工程表から施工日程を転記

AnyONEの工事進捗管理は、自社で管理したい項目を自由に設定できます。そのため、現在貴社の施工進捗管理で使用している管理項目を設定することが可能です。

そして工程表で作成した工種に工事進捗の管理項目をリンクしておけば、あとは工程表から「工事進捗に反映」ボタンを押すだけで、工程に設定されている予定と実績の情報をワンクリックで工事台帳にコピーしてくれるのです。

全ての情報が集まる工事台帳

工事情報には、見積もりや工程表だけでなく請求・入金情報も連動しています。

お施主様への請求履歴や入金の履歴も同じ工事情報の中で確認できるため、営業担当も現状がどうなっているかをいちいち各担当に確認せずとも、この工事情報を確認すれば全てが分かるようになっているのです。

工事に関連する情報がひとまとめで確認できる、この利便性や連動性の高い点もAnyONEの大きな特徴のひとつです。