入出金管理の活用事例

お施主様への請求書発行、いつも手間取ってるなぁ…

課題

・請求書作成を手作業で作っているが効率が悪い…
・伝達ミスで間違った内容で請求書を作ってしまった…
・たまに請求書の発行自体を忘れてしまう…

見積内容や資金計画から請求書をミスなく発行!

AnyONEでラクラク請求書作成

AnyONEには業者様への工事代金支払だけでなく、お施主様への請求書の発行からそれに対する入金状況まで管理できるようになっています。

それも単に手作業で請求書を作成するのではなく、見積データの詳細項目を参照したり、入金予定情報から作成したりと、カンタンに請求書の作成が可能なのです。

また、その請求データに対する入金を管理することで、一貫した管理体制が整います。AnyONEは請求作業ひとつ取っても連動性が高く、手間なく管理作業ができるようになっています。

見積データ参照でミスを削減

請求書はひとつひとつ手打ちするのではなく、契約の基となる見積もりデータや、当初の資金計画を反映した入金予定データを参照して作成することができます。

そのため、伝達ミスによる請求名目や金額の間違いも発生しません。
また、請求情報や入金情報は該当の工事台帳に連動して表示され、営業担当者はAnyONEを見れば入金状況がすぐに確認できるため、伝達のロスや手間も解消することができるのです。

ちなみに請求書のデザインは、現在貴社の使っている書式にカスタマイズしたり、ロゴを入れることも可能です。

請求時期はアラームがお知らせ

工事情報に入力されている入金予定。契約時の資金計画が反映されており、その請求予定日に対してアラーム機能を使えば、その請求書発行のタイミングをAnyONEが教えてくれます。AnyONEなら請求漏れや発行ミスを無くすことができるのです。

なお、AnyONEのアラーム機能は、請求書発行だけでなく、定期点検日やメンテナンス対応予定、また日報や工程表などから、抱えている様々なタスクを教えてくれるとても便利な機能です。