写真・図書管理の活用事例

写真を大量に撮るので容量がいっぱいで大変なんです…

課題

・最近はスマートフォンで写真を撮っても容量が大きすぎるよね…
・写真だけでハードディスク容量がすぐにいっぱいになってしまう…
・工事写真の画質は確認できるレベルでいいんだけど…

AnyONEなら保存時に自動でサイズ縮小!

リサイズ条件を指定して圧縮保存

工事中に撮った写真、保存場所に困っていませんか?最近ではカメラの性能も上がり、スマートフォンで撮影した写真でもデジカメと変わらないデータ量になっています。しかも撮った写真はそのままのサイズで保存されるケースが多いため、外付けハードディスクや共有サーバーの容量がすぐにいっぱいになってしまいます。

AnyONEの写真管理なら、指定条件に応じて保存時に自動でリサイズ。この自動縮小機能を使えば、膨大な写真もデータ量を圧縮して保存し、効率的に管理することができるのです。

フォルダ書出で2次保管

クラウドサーバーで運用される場合、社内サーバーや外付ハードディスクと比べてハードディスク容量が小さくなりがちです。そんな場合でも、自動リサイズ機能がデータ量を圧縮して保存してくれるので多くの写真データを保存することができます。

また、AnyONEでは保存した写真を分類ごとに整理して書き出すことが可能です。時間が経過した工事の写真は書出して社内の共有ハードディスクに移動させるなど、2次的に保管するのもカンタンです。定期的に整理することで、サーバーの空き容量を確保することができるのです。

実際の導入実績をみる

図書管理での導入事例

株式会社クレストホーム 様 詳しく見る