見積書作成の活用事例

見積もりを何度も変更、提出するので管理が大変…

課題

・見積もりを沢山作りすぎて、最終どれが採用になったか分からなくなった…
・複数の見積書をカンタンに作成できて、それが分かりやすく管理できたらいいのに…
・最終的に決まった見積もりの情報をうまく活かせないかな?

見積もりを簡単に複製でき、多数の見積書もバッチリ管理!

ひとつの工事に複数の見積もりを簡単作成

いつもエクセルで作成している見積書。お客様に出し直す度にコピーしては打ち替えての繰り返し。気づけばすごい数のエクセルファイルがデスクトップに散乱…。常にそんな状態なので、いったいどれが最新の見積もりだったかもすぐに分からなくなってしまう…。

そんな時にもAnyONEなら該当工事の見積もりデータを簡単コピー。ボタン一つであっという間に複製できます。

しかも新しい見積書はAnyONEの一覧画面上でスッキリ整頓。もう作った見積もりがどこに行ったか分からなくなることもありません。

何度も出し直した見積書もしっかり管理

AnyONEで作成した見積は、画面上で一覧表示されています。リスト化されているので複数の見積書もすぐに見つけることができます。ただ、何百もの見積データがあると、その中から該当のデータを探し出すのも大変そうに思うかもしれません。

その点もAnyONEなら安心、一覧の中から欲しい見積もりデータをすぐに見つけられる工夫がいくつも備わっています。

例えば詳細な検索機能。見積一覧のメニューバーには、ワード検索や担当者選択など見つけやすい項目を検索メニューとして置いてあります。しかもよく使う検索条件はピン留めで記憶しておくこともでき、いつでも確認したいデータを瞬時に見つけ出せるのです。

見積情報から契約内容などを工事台帳へリンク

AnyONEの見積もりには契約情報もリンクしており、最終的に採用となった見積は、本契約として管理することができます。逆に不採用になった過去の見積もりは非表示にすることもできます。本契約となった見積もりを契約確定すれば、見積額や契約日などの契約情報を工事台帳に書き込んでくれます。

このように、見積もり作成ひとつにおいても単に便利なだけでなく、工事情報全体の高い連動性がAnyONEの高い評価につながっています。